AI・IoT製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

入退室管理の見守りの活用例

顔認証ソリューションの導入により入退室管理の軽減を行えます。

オフィス等における課題

  • ICカードでは、盗難や貸借など不正利用のリスクが心配
  • サーバールームなど施設内のセキュアゾーンのセキュリティを高めたい
  • 指紋認証ではリーダーに接触が必要で衛生面で抵抗がある

導入効果

  • 顔を鍵にすることで、本人以外の侵入を抑止
  • ICカードのような不正な貸借のリスクがなく盗難や忘失の恐れもなし
  • ハンズフリーの認証で簡単に入場でき、なおかつ衛生的

活用までの流れ

1:画像の登録

本人の同意を得たうえで、対象の従業員の顔画像をあらかじめ登録しておきます。

2:検知と開錠

登録された従業員が 出入口に近づくと自動でドアを開錠します。

3:入居者にお声かけ

顔画像付でログが残るため過去の入退室履歴の確認も可能です。

ナビゲーションメニュー