AI・IoT製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

遠隔作業支援ソリューション「Optimal Second Sight」

熟練作業者不足を解決し、作業者の技術力向上をアシスト

作業員が持つスマートフォンやスマートグラスの映像を共有し、熟練者が遠隔地から作業をサポート。熟練作業者の不足、労働人口減少といった問題を解決します。

  • * 「Optimal Second Sight」は、スマートグラス・スマートフォンおよびPCでご利用いただけるアプリケーションとなります。

遠隔作業支援ソリューション「Optimal Second Sight」とは

スマートグラスやスマートフォンによる現地映像を共有することで、あたかも現地にいるかのように作業を支援します。オペレーターからは音声通話、画面上での赤ペン入力指示、作業者デバイスへの資料提示などが可能です。スマートグラスを使用した場合、作業者はハンズフリーで作業をしながらオペレーターからの指示を受けられます。

こんな場所で活用できる「Optimal Second Sight」

  • メンテナンス業務の作業支援
  • 物流現場における作業指示
  • 工事現場における建設機械の操作支援
  • 建物や車の査定業務の支援

動画で分かる「遠隔作業支援ソリューション」

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:3分23秒]

書き起こしテキスト付きの動画ページを見る

カメラ映像共有、VoIP(音声通話)、移動指示メッセージ、資料・URL送付、赤ペン機能、ゆびさしなどで、作業者を遠隔支援する「遠隔作業支援ソリューション」。シーン別に具体的な使い方をご紹介しています。

作業者の「熟練度不足」「ノウハウの共有ができない」「属人化」を解決

高齢化による熟練作業者不足、ノウハウが各作業員にたまってしまい共有がうまくいかない、作業が特定の一人にしかできない属人化などの問題を、作業を遠隔から支援することで解消が図れます。

遠隔作業支援ソリューションについて

ナビゲーションメニュー