AI・IoT製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

「Optimal Second Sight」 よくあるご質問

遠隔作業支援ソリューション「Optimal Second Sight」の類似サービスとの違いや製品の性能、トラブルなどよくあるご質問にお答えします。

「Optimal Second Sight」のよくある質問

  • 端末とは何を指しますか?

    端末は、アプリケーションをインストールするスマートグラスおよびスマートフォン両方を指します。

  • Second Sight と SkypeやFaceTimeとの違いは何ですか?

    FaceTimeやSkypeなどのビデオ通話ソフトとは異なり、赤ペン等の指示機能・利用ログの管理・サポート内容の録画など、業務を想定した遠隔支援に特化しています。

  • 他社の遠隔作業支援ツールとの違いは何ですか?

    マルチデバイス、マルチOSに対応している点です。お客様のニーズに合わせて幅広くご利用いただけます。また、クラウドサービスとしてご提供していますので、当社からID発行後すぐにご利用いただけます(オンプレミス版もご提供しています)。その他、移動指示メッセージやURL送信機能、現場で撮影した写真の自動アップロードなど独自のサポート機能があります。

  • 通信量はどのくらいですか? また、推奨帯域はどれくらいですか?

    Second Sightを利用して1分間約6MBです。推奨帯域は約800Kbps (使用端末:Panasonic ToughPad FZ-X1)です。端末や環境によって大きく変わります。

  • 遠隔サポート中に回線が切れたらどうなりますか?

    自動的に再接続処理が開始されます。一定時間が経過しても再接続がされない場合は、手動での再接続を行う必要があります。手動での再接続の手順は、画面上に表示されます。

ナビゲーションメニュー