AI・IoT製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

Optimal Second Sightの特徴

Optimal Second Sightは、スマートグラスやスマートフォンなどのカメラを用いて現場の映像を共有し、現場作業をサポートできる遠隔作業支援サービスです。

特許技術を活用した直感的な遠隔指示

遠隔地にいる専門的知識を持った指示者が、現場の作業を行っている作業者の目の前の状況をリアルタイムの映像で確認できるため、あたかも現場に専門的知識を持った指示者がいるかのような、きめ細かいサポートが可能になります。

赤ペンによる指示

指さしによる指示

移動メッセージによる指示

Optimal Second Sightの機能

現場の状況をリアルに共有

現場の作業者が見ている映像を、リアルタイムに指示者にも共有できます。リアルタイムに現場状況を確認、把握できるのでスピーディーな作業支援が可能となります。

支援中に資料が送れる

サポート中に作業者に図面やマニュアルといった資料を送れます。言葉では伝えにくい内容や、映像共有だけでは説明できない作業でも、お互いが資料を確認しながら作業できるので、指示者と作業者間での認識のズレを防げます。

もっと詳細な情報まで確認したい

現場の状況を高画質な静止画で撮影できます。撮影したデータは指示者側ですぐに保存ができるので、映像共有では見えにくかった基盤やメーターのメモリといった細部の情報にも的確な支援を行うことが可能になります。

その他基本機能

クライアントのカメラ映像共有
現場が映している映像を指示者もリアルタイムで見ることができます。
ライト制御
クライアント側の端末にライト機能が付いている場合、ライトの点灯消灯の切り替えが可能です。
スナップショット
カメラ映像を静止させることができます。
赤ペン
映像上に指示者がフリーハンドで書き込みを行うことができます。
ゆびさし
映像上に指示者がゆびさしボタンを表示させクライアントに指示することができます。
移動指示メッセージ
ユーザーに対してカメラの方向を指示できます。
メッセージ
ユーザーにチャットでメッセージを送ることができます。
資料送信
画像やPDFなどの資料をユーザーに送信し、操作手順などを説明できます。
URL送信
URLをユーザーに送ることでインターネット上のコンテンツをユーザーに示すことができます。
音声通話(VoIP)
指示者・作業者間で音声通話が可能です。
録画
指示者側で現場からの映像と通話した音声をMPEG4形式の動画として録画できます。

ナビゲーションメニュー