AI・IoT製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

動画で分かる「遠隔作業支援専用スマートグラス」

専門知識を持つオペレーターと作業者の連携で、課題は解決できる

「遠隔作業支援専用スマートグラス」は、カメラ映像共有、VoIP(音声通話)、移動指示メッセージ、資料・URL送付、赤ペン機能、ゆびさしなどで、作業者を遠隔支援します。

動画で分かる「遠隔作業支援専用スマートグラス」

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:3分23秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

「遠隔作業支援専用スマートグラス」とは

「遠隔作業支援専用スマートグラス」は、カメラ映像共有、VoIP(音声通話)、移動指示メッセージ、資料・URL送付、赤ペン機能、ゆびさしなどで、専門知識を持ったオペレーターが作業者を遠隔地から支援できるソリューションです。

活用ケース1:専門知識がなくても専門性の高い作業ができる(クラシックカーメンテナンス)

エンジンがかからなくなったクラシックカーの修理に訪問しましたが、ボンネットを開けても何がどこにあるのか分からない…。スマートグラスを使って、専門知識を持った支援者からグラス上で指示をもらい、支援者もグラス越しに遠隔地から確認します。その連携で原因を特定し、修理を完了できました。

活用ケース2:複雑なトラブルでも遠隔から適切な支援が受けられる(サーバートラブル対応)

サーバートラブルが発生し、サーバールームへ行きますが、どのサーバーが対象なのかが分からない…。スマートグラス上で管理者にも遠隔地から確認してもらう。グラス上に管理者から送付された資料を見ながら作業を行い、適切な対応が実施できました。

活用ケース3:作業範囲を広げることで労働者不足を解消(複合機トラブル)

複合機のトラブルも、スマートグラス上で支援者から作業者に、確認箇所を指示します。作業を遠隔から支援してもらうことで、作業者の作業範囲を広げることができます。

将来展望

エアコン修理・メンテナンスのような、多くの知識が必要で、作業習熟までにかかる時間を短縮できるようになります。また、水道メーターのように、埋め込み位置やメーター種類によって異なる機器は確認作業の種類が多くなってしまいます。マニュアル化が困難な作業もスマートグラスで支援できます。

AI・IoT製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

「資料が欲しい」「価格を教えて欲しい」「導入・準備にどれくらい時間がかかるのか」など、まずはお気軽にご相談ください。お客様の導入目的や環境に合わせて、分かりやすくお答えします。

お電話でのお問い合わせ

AI・IoTソリューション お問い合わせ窓口

03-3514-7562(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせ

資料請求・
お問い合わせ

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00147074