AI・IoT製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

SenseThunder-Mini

個人認証と温度測定を同時に実施

AIを活用した「顔認証デバイス」と「サーモグラフィーカメラ」の組み合わせにより、0.5秒で個人認証と温度測定を同時に実施。異常温度をリアルタイムに検知します。

製品の特長

非接触で発熱疑いの検知とマスクの有無を判定

AI(人工知能)を活用した顔認識技術と赤外線カメラにより、マスクや眼鏡を着用したままでも、わずか0.5秒でスピーディーに発熱の疑いを検知します。人手をかけずに自動で温度検知ができるため、接触感染リスクを抑えられます。また、マスクの着用有無の検知も行うことが可能です。

  • * 本製品は医療機器でありません。体温測定や診断目的での温度検知には、医療機器を使用してください。

AIを活用した高精度の温度検知

「SenseThunder-Mini」は、対象と1.2メートルの距離を保った位置から0.5秒で、約1万点の抽出温度点から±0.4℃の精度で温度検知します。

建物のエントランスやオフィスゲート、入り口ドア付近などの小スペースに設置でき、異常温度のスクリーニングが可能です。

顔認証による個人特定

顔認証管理プラットフォームで個人単位での温度測定結果の管理が可能です。プラットフォーム上のログ画面で、測定時の「顔写真」や「異常温度」の確認ができます。オフィスや施設の受付、イベント会場などの出入り口や通路で、異常温度とマスク着用の有無を検知することができます。

仕様

パッケージ名称SenseThunder-Mini
特長
  • 低コスト、小スペースで複数台での導入にもお勧め
  • ドアやゲートに設置し、異常温度のスクリーニングが可能
機器使用画面サイズ5.5インチ
測定誤差±0.4℃
測定距離0.3~1.2m
顔登録人数2万人
測温解像度120 × 90
モニター出力なし
  • * 本製品は医療機器でありません。体温測定や診断目的での温度検知には、医療機器を使用してください。

ナビゲーションメニュー