Clip #288 山作戰歌います作戦ばい

2017年3月31日公開分のアップルクリップの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

今週は山作戰というプロジェクト名で活動を続けるミュージシャンの高山真徳さんをゲストに迎え【山作戰歌います作戦ばい】と題してお送りします。

今回は、AppleCLIP初のスタジオライブとなりました。切ないメロディーと天然癒やし成分たっぷりの歌声をご堪能ください。

「山作戰」とは、高山さん自身の音楽活動を指すプロジェクト名(本人いわく作戦名)で、もともとは、バンド活動などで使えるようにと命名したものらしいんです。当初からも今も、個人で活動することが多いようなので、高山さんの音楽活動そのものが山作戰というわけなのですね。

これまで、AppleCLIPを始めとする多くのポッドキャストでは曲の使用やライブ演奏などができませんでした。その理由は、楽曲の版権を管理しているJASRACの規約にあります。ポッドキャストを使った音楽配信に対する版権使用料がとても高額なので、作曲家自身であっても、ポッドキャスト上では自由に楽曲を流したり演奏できないのです。
高山さんは、アルバムを何枚もリリースされていますが、JASRACに楽曲の登録をしていないので、ポッドキャストでも自由に演奏ができるというわけなんです。

そんな高山さんが、どうやって「音楽で身を立てたい」という夢をかなえ、音楽家として活動を続けることができるようになったのか、その背景にあるインターネットやSNSの進化、インターネットを通じて山作戰の活動を応援してくれるようになった全国の「山作員(やまさくいん)」と呼ばれる応援者のお話など、面白く、そして興味深くうかがいました。

収録では、本当につらい思いをしている人たちに向けて書いたという「明けない夜」と、AppleCLIPのためにアレンジしていただいた「金曜日にあいましょう」(原曲タイトルは「木曜日にあいましょう」)という曲を演奏していただきました。2曲ともワンテイクで収録させていただいた音源に、学生時代にミキサーもしていた私がエコーとリバーブを微妙にかけました。どちらも切ないけど、明日に少しだけ希望が差し込んでくる名曲です。気に入った方はぜひアルバムを買って「山作員」の1人として山作戰の活動をご支援くださいね。もちろん、まとめ買いされても構いません。

また、今後しばらくは、AppleCLIPのためにアレンジしていただいた「金曜日にあいましょう」をAppleCLIPのエンディングの後に配信したいと思います。AppleCLIPのエンディングが終わった後の楽しみにしていただければ幸いです。

  • *収録を終えて SatoRichman

番組視聴はこちらから

次回予告

Clip #289 MSXマシンすごかった~

公開予定日:2017年 4月 7日

GUEST PROFILE

高山 真徳(たかやま まさのり)

専業音楽家

山作戰は、高山真徳の音楽作戦名。
熊本県天草郡生まれ。
静岡市清水区蒲原在住。

高校卒業後、東京で20年間音楽活動をし、CMや有名シンガーのコーラスなどで多くの録音に参加。
日本で一番大きなアミューズメントパークなどでも活動の後、「自分の作ったうたで生活したい」という思いから活動の形態を変えるも、後半は音楽で食べられなくなり派遣社員をする。
やがて、主にSNSとそれを通じた出会いで曲が広まり、自主制作のCDが広まり始め、願いどおり自分の作ったうたで専業音楽家に戻る。
活動が軌道にのる頃、増えた楽器屋機材とともに静岡に住み着く。

毎週木曜日に行っていたネット上での無料ライブ「ぼくなまはげ」(2016年1月に300回で終了)を視聴してくれた全国の支持者(山作員)の応援を受けながら、年に何度か音響機材を車に積んで北海道、秋田、関西、故郷の九州などのカフェを中心にライブ行脚を行う。
2016年4月14日に起きた熊本大分の震災後には、復興のための活動に協力してライブを展開している。

「高山堂音楽室」と呼ぶ自宅和室スタジオで録音作業、音源のミックス作業をして暮らしている。
SBSテレビ「Soleいいね!」にスタジオMCやレポーターとして出演中。

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
AppleCLIP バックナンバー