Clip #298 コンピューテックス調査隊がゆく

2017年6月30日公開分のアップルクリップの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

台北で開催されたCOMPUTEX TAIPEI 2017に、AppleCLIP常連ゲストの村上琢太さん、沖田貴さん、野々下裕子さん、弓月ひろみさんが取材や買い付けで参加されていて、私も商談とコンサルティングをしている製品のパーツ探しに出かける予定だったので、「では収録をしますか!」ということで、意気投合。今週は、現地のプレスルームに集まりました。

プレスルームには特に収録用のブースがあるわけでもないので、プレスルーム内のカフェエリアを使い、私のiPhone 7 Plusの本体マイクで収録しています。ザワザワしていた現場でしたが、ノイズが軽減されていてなかなかきれいに収録できていますよ。

「COMPUTEX TAIPEI」は1981年から開催されているイベントで、開催当初にはApple IIの互換機が登場! その後はMacの互換機などもたくさん並べられたこともあるそうです。AppleCLIPで毎年レポートしているCESよりも規模は小さいものの、台湾メーカーだけでなく日本や世界中の企業が出店した大小5,010ものブースが広大な2会場に並び、買い付けや取材などのために世界178カ国から約4万人の来場者が集まるアジア最大級の展示会です。

最近は、スタートアップ企業専用エリアInnoVEXで、IoTやBig Data、e-コマース、バーチャル・リアリティーやAR、人工知能などの展示も展開されていて、iStyleエリアには、AppleのMFi認証製品が展示されていたり、パーツなどが展示されているエリアには、iPhoneやiPadなどのパーツを開発しているらしい企業の展示がひしめき合っていたりしました。そして、ゲーマー向けの超高スペックPCの提案や、過剰に進化したシャーシやファンや水冷キットなどの面白いこと! ほかにも、何人ものコンパニオンさんを配置したゲームメーカーや、スマートスピーカーや、テスラの新しい自動車や、車載用のスマートミラーや、SFチックなコンピューター用の椅子などなど、ITやコンピューターに関するものは何でもそろっているといった印象。イベント自体が巨大な秋葉原のようで、とにかく楽しめること請け合いです。

そして、COMPUTEXを離れても、電脳街でいろいろなガジェットやiPhoneのアクセサリーを探したり、おいしい小籠包を食べたり、「千と千尋の神隠し」の油屋や街並みのモデルだとうわさされた観光地「九フン」をそぞろ歩いたり、おいしいスイーツを楽しんだり、毎晩開かれる夜市を訪ねたりというオプションもCOMPUTEXの魅力だと思います。加えて、飛行機代やホテルや物価もお安くて、何を食べてもおいしいのも驚きです。

番組でも紹介していますが、COMPUTEXは誰でも事前申し込みで入れますし、会場のチケットがカードになっていて、台北の地下鉄やバスは乗り放題なので、観光も兼ねて訪ねてみるのも楽しいと思いますよ。

今回の取材では、COMPUTEX常連の沖田さんにCOMPUTEXだけではなく、台北市内の移動から九フンや夜市や小籠包の名店などいろいろとご案内いただきました。この場を借りて、感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。
また、多忙な取材の合間にお集まりいただいた村上琢太さん、野々下裕子さん、どうもありがとうございました。

  • *収録を終えて SatoRichman

ご相談はこちら

大塚商会では、新製品情報や新製品の導入や新しい技術に関するご相談なども、分かりやすくお答えします。

お気軽にご相談ください。

番組視聴はこちらから

次回予告

Clip #299 WWDCを深掘る第2弾「WWDC17に参加してみた」前編

公開予定日:2017年 7月 7日

GUEST PROFILE

村上 琢太(むらかみ たくた)

『flick!』編集長/枻出版社 Webマスター

枻出版社の『RIDERS CLUB』というバイク雑誌の編集者として入社。以来約20年間、趣味の雑誌の編集に携わり、数誌の編集長を歴任し、現在はiPhone、iPadやApple Watchなどの記事が満載のデジモノ雑誌『flick!』の編集長と枻出版社のWebマスターを兼任。

趣味の雑誌・趣味の本を発行するエイ出版社

野々下 裕子(ののした ゆうこ)

フリーランスライター

大阪のマーケティング会社でコピーライティングやプランニングの業務を経験したのちフリーランスのライターとして独立。現在は主にデジタル業界を中心に国内外のイベント取材やインタビュー記事の執筆を行うほか、本の企画編集や執筆、マーケティング業務なども手掛ける。 掲載媒体は、「CNET Japan」「WIRED JAPAN」「DIME」「App DIME」ほか多数。

沖田 貴(おきた たかし)

沖田事務所 代表
北九州マックユーザーズグループ 代表

T・ZONE 広島店(現:株式会社MAGねっとホールディングス)、マックサポート 広島店(2008年12月閉店)に勤務後、2006年より北九州にてパソコンのトラブルサポート・修理・データ復旧の業務を行う「沖田事務所」を創業。2008年7月には「北九州マックユーザーズグループ」を立ち上げ、メンバー4名からスタートしたグループの登録者数は、2017年現在、133名にまで上る。

沖田事務所 ~ Macintosh, iPhone の 設定・データ移行・トラブル解決

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
AppleCLIP バックナンバー