Clip #301 ついに出版! ジョン・レノンのイマジンみたいに働く

2017年7月28日公開分のアップルクリップの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

今週のゲストは、元『インターネットマガジン』の編集者で「ZONOSTYLE」などのブログでも注目された倉園佳三さん。

倉園さんはもともとプロのミュージシャンとして活動されていて、大手レーベルからデビューした後に、インターネットの世界に魅了されて未経験で編集者に。その後わずか3年で編集長となったという異能の人物です。

編集長を退任した後は大手IT企業のコンサルティングをしながら、ミュージシャンとして活動を続けられているのですが、その間にも何冊もの著書を書かれています。

そんな倉園さんの書かれた『ジョン・レノンのイマジンみたいに働く』については、公開収録でもお話しいただきましたが、その内容はAppleCLIPでもiBNでも追いかけている大変興味深いテーマの一つ、「これからの働き方」を考えるものになっています。

いろいろな働き方を示した本があるかと思いますが、倉園さんが東日本大震災後に感じた新しい働き方、iPhoneのように強い魅力を感じる「グッド・バイブレーション」を発信できる働き方などを、AppleCLIPの収録から読み取っていただければと思います。
そして多くの方が、倉園さんが言う「グッド・バイブレーション」を発する働き方ができるなら、世の中は今よりずっと楽しく明るいものになるでしょう。

これが番組中に何度か出てくる「アズワンクラゲ」の解説図。
10億本以上あるクラゲの足の先に全ての人が見えない脚でつながり、関係しているというもの。このイメージにたどり着いたときの話は、前回の公開収録でお聴きくださいね。

これが、ついに出版されることになった『ジョン・レノンのイマジンみたいに働く』のブックジャケット。
何度か応援させていただいたAppleCLIPとしても感慨深いものがあります。

  • *収録を終えて SatoRichman

ご相談はこちら

大塚商会では、新製品情報や新製品の導入や新しい技術に関するご相談なども、分かりやすくお答えします。

お気軽にご相談ください。

番組視聴はこちらから

次回予告

Clip #302 DiGITALARTISAN誕生

公開予定日:2017年 8月 4日

GUEST PROFILE

倉園 佳三(くらぞの けいぞう)

執筆家、音楽家、IT企業顧問

『インターネットマガジン』の編集長を経て、現在は執筆家、音楽家、IT企業顧問として活動。著書に『iPhone×iPad クリエイティブ仕事術』、最新の著書に『ジョン・レノンのイマジンみたいに働く』などがある。
現在は自らがリードボーカルを担当するバンド「蒼いライオン」を率い、ミュージシャンとしても活動中。

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
AppleCLIP バックナンバー