Clip #310 芸術の秋はiPadでお絵描き 前編

2017年10月13日公開分のアップルクリップの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

今週は、雑誌『flick!』の表紙や企業の広告などを手掛けるイラストレーターのMako Okestudioさんをお迎えし、【芸術の秋はiPadでお絵描き】と題してイラストレーションやiPadのお話を伺いました。

イラストレーターとしてのキャリアの長いMakoさんですが、もともとは手描きのアナログ作品を手掛けられていました。デジタルを使うようになったのは、iMac G3時代に原画をスキャニングしてデータ入稿をしたことがきっかけだったそうです。

それが、今はiPadとApple Pencilを使いこなし、まるで手描きのイラストレーションのように絵を描き上げ、そのまま保存形式を換えるだけで仕事に使用しています。保存形式を換えるのは、印刷物の場合、印刷インクをコントロールできるCMYK形式に変更する必要があるためです。Makoさんはそのために一度Macで保存し直すそうですが、iOSでもRGB形式からCMYKに変換してくれるアプリがあるのだとか。

ColorCodeを App Store で(iTunes プレビュー)

芸術の秋ともいいますが、秋になると不思議と絵を描いたり楽器を鳴らしたりしたくなるもの。もしiPadをお持ちなら無料のアプリですぐに絵を描くことができますし、数千円も出せばプロのニーズに応える本格的なアプリも簡単に手に入る時代です。頑張ればiPhoneでも絵が描けますよ。

Makoさんのオススメお絵描きアプリは「Procreate」。Apple Design Awardを受賞した、クリエイティブなプロフェッショナルのためのこれまでで最もパワフルな、スケッチ、ペイント、イラストレーションのためのアプリです。

Procreateを App Store で(iTunes プレビュー)

またデータをMacと共有したり、お客様に納品したりするのに、Dropboxを効率的に使っているそうです。
Dropboxは、クラウドにデータを保存でき、お客様や仕事仲間とデータを共有することも非常に簡単で、細やかな設定も可能になっています。DropboxはiOSアプリとしても無料なので、簡単に使い始めることができます。

Dropbox on the App Store(iTunes プレビュー)

また、ユニクロのUTme!のお話も伺いました。UTme!は、誰でもオリジナルデザインのTシャツなどが作れるアプリで操作も簡単。絵を描いて、公開するだけ! 売れればお小遣いにもなるというんですから、楽しいですよね。ぜひトライしてみてくださいね。

ユニクロUTmeで私のデザインしたTシャツがスタッフオススメに選ばれました。(Twitter)

MakoさんのUTme! Marketアカウントです。
アイテム詳細(UTme! マーケット)

UTme! - スマホでデザイン、君だけのUT。を App Store で(iTunes プレビュー)

14万リツイートを越えたきゅうりを食べる猫ちゃんの写真です。
今日の収穫(Twitter)

  • *収録を終えて SatoRichman

ご相談はこちら

大塚商会では、新製品情報や新製品の導入や新しい技術に関するご相談なども、分かりやすくお答えします。

お気軽にご相談ください。

番組視聴はこちらから

次回予告

Clip #310 芸術の秋はiPadでお絵描き 後編

公開予定日:2017年10月20日

GUEST PROFILE

Mako Okestudio(マコ オケスタジオ)

フリーイラストレーター

文化学院美術科卒業後、広告、雑誌、教科書、WEBなどさまざまな媒体でイラストレーションを描く。イラストレーター歴33年。近年は、iPad Proを使った新しいタッチで得意の人物を分かりやすく美しく、シンプルに表現。大学やスクールでデッサン講師の経験もあり、iPad Proでヌードデッサン、ダンサーのスケッチもしている。

イラストレーション仕事制作ギャラリー・MAKOオケスタジオ

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
AppleCLIP バックナンバー