Clip #313 広報でビジネス拡大

2017年11月24日公開分のアップルクリップの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

今週は、PR会社、エポックシード株式会社の森下麻由美(もりしたまゆみ)さんをお迎えし、【広報でビジネス拡大】と題してお話を伺いました。
森下さんは、マーケティングPRのビルコム株式会社、ソーシャルメディアマーケティングで有名なアジャイルメディア・ネットワーク株式会社などでPRコンサルタントとしてご活躍の後、エポックシード株式会社を立ち上げられました。

一般的に、広報やPR(Public Relations:パブリックリレーションズ)というと企業や団体が社会と良い関係を構築するための活動を指しますが、時には不祥事などのあまり広まってほしくない情報を抑えるための活動をしている部署、という役割を求められることさえありました。ただ、今は広報の役割も認知が進み、プレスリリースなどでメディアやブロガーに情報を届けたり、ソーシャルメディアなどを用いて企業や製品の情報などを発信したりする活動も含めて、その効果や価値が注目されています。

また広報やPRはCMなどとは違い、CMの制作費や宣伝のための媒体料金などが必要ないことも多く、小さな会社でも大きな費用をかけずに製品の情報を効果的に配信したり、企業や商品のファンを増やしたりしながら、長期的に売り上げを伸ばすこともできるのです。

ただそこには、多くの方に共感を与えるメッセージやイベントなどでの情報の発信能力や独自のアイデアなどが必要になります。
今回の収録では、森下さんのコメントからTVで取り上げられるためのノウハウを感じていただけるかと思います。

近年、プレスリリースの効果はますます高くなっているといわれており、たくさんのプレスリリース配信会社が設立されています。
幾つかリンクを貼っておきますので、ご参考にしてください。

  • *収録を終えて SatoRichman

ご相談はこちら

大塚商会では、新製品情報や新製品の導入や新しい技術に関するご相談なども、分かりやすくお答えします。

お気軽にご相談ください。

番組視聴はこちらから

次回予告

Clip #314 Appleはどこに行く?

公開予定日:2017年12月 1日

GUEST PROFILE

森下 麻由美(もりした まゆみ)

エポックシード株式会社 代表取締役

マーケティングPRのベンチャーのビルコム株式会社、ソーシャルメディアマーケティングの老舗アジャイルメディア・ネットワーク株式会社などでPRコンサルタントとして活動。2011年にPR会社のエポックシード株式会社を創業。先端技術や金融から世論形成、ITサービスなどを得意とする。ベンチャー企業から東証一部上場企業・独立行政法人、外資企業など、さまざまな企業や組織を支援している。

クライアント実績:Evernote、GitHub、デジタルハリウッド株式会社、株式会社うるる、日本労働組合総連合会、ぺんてる株式会社、ポーラ美術館、Pinterestなど

epochseed

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
AppleCLIP バックナンバー