Clip #315 キャンピングカーで課題を解決?

2017年12月15日公開分のアップルクリップの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

今週も私SatoRichmanに代わって友人のジャーナリスト神田敏晶(かんだとしあき)さんがMCを担当してくれています。
今回のゲストは、キャンピングカーのレンタルビジネスという形でシェアリングエコノミー社会の新たなビジネスモデルを模索されている、滝島大介(たきしまだいすけ)さんをお迎えしました。

滝島さんは、大学でシステム工学を専攻されながら美容師免許を取って大手美容会社に就職し、美容業界のIT化を推し進められていらっしゃったのですが、孫泰蔵(そんたいぞう)さんとNPO法人ETIC.が運営されている“SUSANOO(スサノヲ)”という起業塾で勉強され、空き部屋などを宿泊施設として共有するAirbnb(エアビーアンドビー)という民泊のサービスを始めたり、米国では爆発的に普及して生活に浸透しているUber(ウーバー)が日本に上陸した日に使ってみたりするなど、シェアリングエコノミーに注目した一人です。

シェアリングエコノミーとは、ソーシャルメディアなどのコミュニケーションやITを利用して、モノやサービスを共有する新しい経済の形。前述のUberや、宿泊施設の共有サービスAirbnbなどが有名です。これからのビジネスモデルのパラダイムとして、モノを共有するということがビジネスとして成り立つのではないかと考えた滝島大介さんは、自分が大好きだった登山などに活用できるキャンピングカーのレンタルビジネスを始めることにしたそうです。

また、前述の起業塾で知った『リーン・スタートアップ』という本に感銘を受けたそうです。
「リーン・スタートアップ」は、企業サイドの「計画の綿密さ」=「思い込み」であり、顧客にとって無価値な製品やサービスを開発してしまうことを指し、時間、労力、資源、情熱のムダをなくそうと唱えた起業や新製品、サービスの逆説的な方法論です。最低限のコストと短いサイクルで仮説の構築と検証を繰り返しながら、市場やユーザーのニーズを探り当てていこうというものです。ITによるサービスがどんどん進化する現代のビジネスシーンに合いそうなアイデアですよね。
続きは本編でお楽しみくださいね。

リーンスタートアップ入門 ― 日本の実例に学ぼう(Build Insider)

おわび:今回の収録は、【ビューティー業界もITで】を予定していましたが、【キャンピングカーで課題を解決?】に急きょタイトルを変更させていただきました。

  • *収録を終えて SatoRichman

ご相談はこちら

大塚商会では、新製品情報や新製品の導入や新しい技術に関するご相談なども、分かりやすくお答えします。

お気軽にご相談ください。

番組視聴はこちらから

次回予告

Clip #316 ドローンはどこに

公開予定日:2017年12月22日

GUEST PROFILE

滝島 大介(たきしま だいすけ)

大学でシステム工学を専攻しながら、ダブルスクールで美容師免許を取得。卒業後は大手美容室に就職し、伊勢丹新宿店で美容師として働き後に経営本部でIT部門の責任者を担当。その後、Web制作会社に転職しWebデザイン、ディレクター業務の経験を積み、ヘアカタログ検索サイト「ビューティーBOXヘアスタイル」の編集長に就任。有名コスメブランドとのタイアップ企画をはじめ、多くの企画を手がけ、2017年5月ネイティブキャラバンというキャンピングカーのレンタルビジネスを開始。

神奈川県湘南・茅ケ崎でキャンピングカーをレンタルするなら | キャンピングカーレンタル 湘南(NATIVE CARAVAN)

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
AppleCLIP バックナンバー