Clip #323 頑張らなくても成果は出せる

2018年3月9日公開分のアップルクリップの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

今週は、ゲストにアップルコンピュータ株式会社(現Apple Japan合同会社)で営業担当として活躍された坂本憲志(さかもとけんじ)さんをお迎えし、【頑張らなくても成果は出せる】と題して坂本さんの著書『ほんの少し変われば、頑張らなくても成果を出せる! ~知ればラクになる 仕事を楽しみたい社会人のための17のストーリー~』についてお話しいただきました。

坂本さんがアップルコンピュータ株式会社に入社した2005年に、米国本社幹部から与えられた最初のミッションは「9月までの6カ月間でiPodの国内シェアを35%から65%へ上げよ」というものだったとか。その当時、iPodの日本市場での売れ行きは芳しいものではなかったそうです。この本は、そんな逆境の中での活動や日本アイ・ビー・エム、日本オラクルでの実際の経験を基に書かれたそうです。

しかし意外なことにこの本は、ハードなビジネスの戦場を生き抜くガチガチのテクニック書ではなく、バーのマスターと常連たちの会話で構成された17の読みやすいショートストーリーでできています。大変気軽に読めて、仕事に対する心構えにも通じるライフハックが得られるという優れものなのです。

バーのカウンターで少し酔ってくると、マスターに打ち明け話や愚痴をこぼす人って多いですよね。そこに「喝」を入れるのではなく、一緒に悩んだり考えたりしてくれるマスターって大人ですよね。ここでは、坂本さんがそんな大人なマスターとなって、仕事や社内の人間関係や、昇進のノウハウまでひもといてくれるんです。しかも、頑張らなくてもほんの少しの変化で成果が出せるのなら、ますます読みたくなりませんか? 逆に、本当の仕事って頑張れば成果が出せるというものではないのかな、とも思い知らされました。

ちなみに裏話なんですが、坂本さんは私の飲み仲間でして、実に多くのバーをご存じなんですがお酒はほとんど飲めません。それなのにどうしてバーに行くのかというと、バーの雰囲気が好きだからなのだそうです。だからこの本の舞台もバーにしたのだとか。そしてマスターの名前も坂本さんのニックネームなのだとか。

Amazonなどでも購入できますので、読んだ方はぜひレビューを書いてくださいね。
まとめてお買い求めの際は、ストラコム株式会社に直接お問い合わせください。

詳しくは番組をお聴きください。

  • *収録を終えて SatoRichman

ご相談はこちら

大塚商会では、新製品情報や新製品の導入や新しい技術に関するご相談なども、分かりやすくお答えします。

お気軽にご相談ください。

番組視聴はこちらから

次回予告

Clip #324 ECの今を知る 前編

公開予定日:2018年3月16日

GUEST PROFILE

坂本 憲志(さかもと けんじ)

新しいスタイルのコンサルティング会社、ストラコム株式会社代表取締役

日本アイ・ビー・エム、日本オラクル、アップルコンピュータ株式会社(現Apple Japan合同会社)で成し遂げてきた業績を基に営業、マーケティングの実践や理論、経営戦略、企業経営の手法、そして大学の講師の経歴から、独自のメソッドである「顧客志向対応法」を開発。
クライアント企業によって培われた文化を最大限に活用しながら、変革のサポートを行う新しいスタイルのコンサルティング会社を設立。現在はストラコム株式会社代表取締役として営業戦略、経営戦略立案支援、営業コンサルティングサービス、営業教育支援サービスを中心に業種業界を問わず活躍中。

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
AppleCLIP バックナンバー