Clip #353 アスキー遠藤諭が読み解く未来への扉

2018年12月7日公開分のアップルクリップの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

今週のAppleCLIPでは、『月刊アスキー』の伝説の編集長 遠藤諭(えんどうさとし)さんをお迎えし、【アスキー遠藤諭が読み解く未来への扉】と題してお話を伺ってまいります。

IT時代をけん引した企業、アスキー(ASCII)が設立されたのが1977年。同年に『月刊アスキー』も創刊し、その巻頭言に「ホビーとの訣別」とうたっていたそうです。
創刊の8年後にアスキーに入社し、後に同誌の編集長を務めたのが遠藤諭さんです。その遠藤諭さんの話によると、1970年代から1980年代前半までの間に、デジタルに関するさまざまな議論や研究がなされていたそうです。そして、今あるほとんどのITサービスなどはその当時に想像できていたと言います。ですから、アスキーには「マイコン(マイクロコンピューター)」といわれゲームなどに使われていた非力なコンピューターの未来が、あらかた予測できていたのかもしれません。

AppleCLIPでは、そんなIT時代の黎明(れいめい)期を駆け抜けてこられた遠藤諭さんに、コンピューターの誕生やその進化と未来についてお話しいただきました。

遠藤諭さんのお話は、まるで料理中のカレーライスのようにいろいろなスパイスや素材が化学反応を起こし、次々にいろいろな情報がひらめくカオス状態でした。また、その知識や経験の深さは底知れず、番組を何度も聴き返してようやく理解できることもあるかもしれませんが、メッセージは非常に機知に富んでいます。
ちなみに遠藤諭さんは耳栓のコレクターとしても有名で、マツコ・デラックスさんの番組にもご出演されていたり、カレーの研究や料理などにも才能を発揮されています。

以下、遠藤諭さんがピックアップしてくださったデジタル革命五つのマイルストーンです。

●がマイルストーン、◯はオルタナティブ、■は番組内でも出てくる歴史的トピックや発明です。

デジタル前史から現代

項目記号説明
ジャカード織機(1801)ジョゼフ・マリー・ジャカール(Joseph Marie Jacquard 1752年7月7日~1834年8月7日)は、フランスの発明家。
ジャカード織機というプログラム可能な初期の織機の開発をした。
解析機関(1837~1871)イギリス人数学者チャールズ・バベッジが設計した、蒸気機関で動くはずだった機械式汎用(はんよう)コンピューターであり、コンピューターの歴史上、重要なステップ。
エル・アヘドレシスタ
(1912/レオナルド・トーレス・ケベード)
エル・アヘドレシスタ(スペイン語:El Ajedrecista「チェス・プレイヤー」の意)とは、レオナルド・トーレス・ケベードが1912年に発明したチェスのオートマタ。
チューリングマシン(1936)-
Plan Calculus(1942~1945)
/プログラミング言語
プランカルキュール
VisiCalc(1979)ソフト(表計算)
Lotus 1-2-3(1983)--
Excel(1985・1987)--
ファミリーコンピュータ(1983)-
ゲーム機 Atari 2600(1977)--
ゲームボーイ(1989)--
GNU(1983)オープンソース GNU(グヌー)とはオペレーティングシステムで、完全にフリーソフトウェアから構成されている。
The Internet(1990ごろ)1989年にパソコン通信と接続
1992年に商用サービス
iPhone(2007)-
  • * ●がマイルストーン、◯はオルタナティブ、■は番組内でも出てくる歴史的トピックや発明です。

未来への扉

項目記号説明
メーカーズムーブメント(2010)デジタルファイルやCADや3Dプリンターなどを使うデジタル製造の潮流を指すトレンドで、「第三の産業革命」ともいわれる。『MAKERS 21世紀の産業革命が始まる』の著者クリス・アンダーソンにより定義された。
ブロックチェーン(2009)ブロックチェーン(英語:Blockchain)とは、分散型台帳技術、または分散型ネットワークである。ビットコインの中核技術(サトシ・ナカモトが開発)を原型とするデータベース。
D-Wave(2009)量子コンピューター
Deep Learning(2012)-
Raspberry PI(2012)IoT
Oculus Rift(2016)-
PDP-1(1960)--
IBM System/360(1964)--
UNIX(1971)--
4004(1972)--
Pong(1972)--
Alto(1973)--
  • * ■は番組内でも出てくる歴史的トピックや発明です。

デジタル革命

項目記号説明
『月刊アスキー』(1977)『ASCII』(アスキー)は、かつてアスキーが1977年より発行していた月次刊行のパソコン雑誌。2008年に『ビジネスアスキー』へリニューアルし、2010年に休刊した。
IBM PC(1981)パーソナルコンピューター
Altair 8800(1974)--
Apple II(1977)--
Macintosh(1983)--
VisiCalc(1979)-
  • * ●がマイルストーン、◯はオルタナティブです。

実践ソリューションフェア2019

「実践ソリューションフェア2019」ですが、お申し込み受付がスタートしています。

実践ソリューションフェア2019では、市場の最新動向や具体的なノウハウをご紹介する多彩なセミナーや、デモや事例の紹介を通して、最新のIT製品やソリューションを分かりやすくご説明するステージ、そして多くの優秀なパートナー企業によるビジネスにすぐに役立つ製品やソリューションを多数展示しています。

実践ソリューションフェアでは、課題解決や新しいビジネスのヒントを見つけることができると思います。
特にセミナーは人気が高くすぐに満席になりますので、お早めにお申し込みいただければと思います。

  • *収録を終えて SatoRichman

ご相談はこちら

大塚商会では、新製品情報や新製品の導入や新しい技術に関するご相談なども、分かりやすくお答えします。

お気軽にご相談ください。

番組視聴はこちらから

次回予告

Clip #354 知的生活の設計って?

公開予定日:2018年12月14日

GUEST PROFILE

遠藤 諭(えんどう さとし)

角川アスキー総合研究所 取締役主席研究員

1985年アスキーに入社。1991年~2002年『月刊アスキー』編集長。現在在籍する角川アスキー総合研究所では、2010年より実施している1万人調査をはじめ、ネット時代のライフスタイルを分析・コンサルティングしている。各種関連イベントでの委員・審査員などを務めるほか、『週刊アスキー』での巻末連載などの発信を行っている。

著書に、日本の黎明期のコンピューターのパイオニアを取材した『計算機屋かく戦えり』、朝日新聞に連載した『遠藤諭の電脳術』、ITが経済に与える影響について述べた『ジェネラルパーパス・テクノロジー 日本の停滞を打破する究極手段』(共著)、『ソーシャルネイティブの時代 ネットが生み出した新しい日本人』などがある。

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
AppleCLIP バックナンバー