Clip #361 CESレポート 次のトレンドは?

2019年2月15日公開分のアップルクリップの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

今週は、毎年CES(シイエス)を取材されているAppleCLIP常連ゲスト野々下優子(ののしたゆうこ)さんをメッセンジャーによって赤坂のスタジオにお迎えし、【CESレポート 次のトレンドは?】と題してお話を伺ってまいります。

CESとは、全米民生技術協会(CTA)が主催して、アメリカのネバダ州ラスベガスで業界向けに開催される電子機器の見本市「International Consumer Electronics Show(世界家電ショー)」の略。一般への公開はされていませんが、1月に開催されることやその規模の大きさ、最先端技術が集まることから、家電メーカーやメディア以外にも投資家や金融業界などからも注目され、最近は国策的にCESのブースをまとめ買いして、各国のスタートアップ企業の見本市として展示ブースエリアを展開する国も多々あるほどです。

展示会には数多くの新製品が出品され、プロトタイプもたくさん見ることができます。

1967年6月にニューヨークで開催された第1回開催当初から、名称はConsumer Electronics Showでしたが、現在CESではConsumer Electronics Showとして紹介しないようにと、公式に通達をしているということです。
つまりCESは家電にとどまらず、医療や車、インフラ、社会全体に影響のある製品・技術の見本市へと進化しているわけなのです。
そんなCESを毎年取材し続けている野々下優子さんと野々下さんと同行してIoTデバイスなどを取材している弓月さんに、今年のCESの傾向やトピックなどをお話しいただきました。

今週もAppleCLIPをお楽しみいただければ幸いです。

さて、日本では大塚商会最大のイベント「実践ソリューションフェア2019」がスタートしています。

実践ソリューションフェア2019では、市場の最新動向や具体的なノウハウをご紹介する多彩なセミナーや、デモや事例の紹介を通して最新のIT製品やソリューションを分かりやすくご説明するステージ、そして多くの優秀なパートナー企業によるビジネスにすぐに役立つ製品やソリューションを多数展示しています。

実践ソリューションフェアでは、課題解決や新しいビジネスのヒントを見つけることができると思います。
東京会場は終了しましたが、大阪会場はスタートしたばかりです。お申し込みをしていなくても、名刺を2枚ご用意いただければ入場することができます。ただし、セミナーは人気が高くすぐに満席になりますので、お早めにお申し込みいただければと思います。

大阪会場(開催中)
2019年2月14日(木)~15日(金)
グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場)

名古屋会場(受付中)
2019年2月20日(水)~21日(木)
ヒルトン名古屋

4月以降も札幌、仙台、京都、神戸、広島、福岡などで順次開催されますので、ぜひお立ち寄りください。

  • *収録を終えて SatoRichman

ご相談はこちら

大塚商会では、新製品情報や新製品の導入や新しい技術に関するご相談なども、分かりやすくお答えします。

お気軽にご相談ください。

番組視聴はこちらから

次回予告

Clip #362 松村太郎 Appleを読む 前編

公開予定日:2019年 2月22日

GUEST PROFILE

野々下 裕子(ののした ゆうこ)

フリーランスライター

大阪のマーケティング会社勤務を経て独立。主にデジタル業界を中心に国内外へのイベント取材やインタビュー記事の執筆を行うほか、本の企画編集や執筆、マーケティング業務なども手掛ける。掲載媒体には『月刊Journalism』『DIME』「CNET Japan」「WIRED JAPAN」ほか。著書に『ロンドン五輪でソーシャルメディアはどう使われたのか データで読むソーシャリンピック元年』などがある。

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
AppleCLIP バックナンバー