Clip #363 あまのがわで監督と

2019年3月8日公開分のアップルクリップの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

今週は、全国で公開されている映画『あまのがわ』で話題の映画監督 古新舜(こにいしゅん)さんをお迎えし、【あまのがわで監督と】と題してお話を伺ってまいります。

古新舜監督の作品には、いわゆる社会的弱者と呼ばれる人々に向けられた愛があふれています。初の長編映画『ノー・ヴォイス』は犬猫の殺処分をテーマに描かれていて、劇場公開から4年がたつ現在でも各地で上映会が行われています。そして、長編映画2作目となる『あまのがわ』は、人工知能の研究者である母親との確執で心を閉ざしてしまった女子高生が、旅先で偶然出会ったロボット“OriHime”をきっかけに再び心を開き、大人へと成長していく物語です。

今回は、古新舜監督が何年もの時間と手間をかけて育て上げたこの映画『あまのがわ』についてお話を伺いました。

映画『あまのがわ』は、2018年に開催された第31回東京国際映画祭の特別招待作品です。ハリウッド映画のようなダイナミックさはありませんが、日本映画らしい情緒や少女の日常、繊細な心の動き、美しい自然との触れ合いが描かれています。見た人の心に残る『あまのがわ』は、切ないけれど温かい気持ちに浸れる素晴らしい映画です。ぜひ映画館で見ていただければと思います。

映画「あまのがわ」で重要な役割を果たすロボット“OriHime”は、実在するコミュニケーションロボットです。

今週もAppleCLIPをお楽しみいただければ幸いです。

さて、日本では大塚商会最大のイベント「実践ソリューションフェア2019」がスタートしています。

既に東京、大阪、名古屋の3会場での開催が終了したところですが、今後も各地で開催されるこの実践ソリューションフェア2019では、市場の最新動向や具体的なノウハウをご紹介する多彩なセミナーや、デモや事例の紹介を通して最新のIT製品やソリューションを分かりやすくご説明するステージ、そして多くの優秀なパートナー企業によるビジネスにすぐに役立つ製品やソリューションを多数展示しています。

会場へは事前にお申し込みいただかなくても、名刺を2枚ご用意いただければご入場いただけます。ただし、セミナーは人気が高くすぐに満席になりますので、お早めにお申し込みいただければと思います。

4月以降も札幌、仙台、京都、神戸、広島、福岡などで順次開催されます。ぜひお立ち寄りください。

  • *収録を終えて SatoRichman

ご相談はこちら

大塚商会では、新製品情報や新製品の導入や新しい技術に関するご相談なども、分かりやすくお答えします。

お気軽にご相談ください。

番組視聴はこちらから

次回予告

Clip #364 AppleとART 前編

公開予定日:2019年 3月15日

GUEST PROFILE

古新 舜(こにい しゅん)

コスモボックス株式会社 代表取締役/映画監督・ストーリーコミュニケーター

学生時代にいじめや引きこもりを経験。大手予備校で物理科講師を10年務めた後、映画監督となる。「映画と教育との融合」をテーマに、ストーリーコミュニケーターとして、物語を通じて自己肯定感を広げる活動をしている。初の長編映画『ノー・ヴォイス』では、「捨てられる命ゼロを目指して」をテーマに、日本の殺処分問題の現状と犬猫の命の大切さを描き、劇場公開から4年がたつ現在でも、各地で上映会が行われている。長編映画2作目『あまのがわ』では、不登校の女子高生が分身ロボット“OriHime”と共に、屋久島・種子島を旅するという物語。主演の福地桃子は本作が映画初出演&初主演となる。

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
AppleCLIP バックナンバー