Clip #373 WWDC19を深読む 後編

2019年6月14日公開分のアップルクリップの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

今週も前回に引き続き、日本時間で6月4日に開催されたWWDC19をカリフォルニア州サンノゼで取材中の村上琢太(むらかみたくた)さんにメッセンジャーでご登場いただき、【WWDC19を深読む】と題してお話を伺ってまいります。

今回は待ちに待ったMac Proのお話も深読みます。
Mac Proの価格は、5,999ドル(約65万円)から。それにモニターも購入し、カスタマイズを施すとすぐに200~300万円ほどになってしまうのですが、プロユーザーにとっては待ち望んだ1台なのではないでしょうか。

WWDCは年に一度開催されるエンジニア向けのカンファレンスです。Worldwide Developers Conference(世界開発者会議)というわけですね。
このWWDCの開催中にメディア向けのキーノートが開催され、新しいOSや新製品などが発表されるのです。
会場はAppleの本社にも近いサンノゼのマッケンナリー・コンベンション・センター。スティーブ・ジョブズ・シアターと比べても巨大なステージです。

今回のWWDCでは、スティーヴン・スピルバーグ監督によって制作されたものすごい迫力の映画と共にApple TV 4Kの紹介から、アプリやインターフェイスも豊富になったwatchOS 6、ダークモードが採用され、Mapやセキュリティなども飛躍的に向上したiOS 13などが発表された後、iPadOSや新しいMac Proの発表と、息をつく間もない2時間18分でした。

そんなWWDCについての再確認をしながら、先週に引き続き、今週もぐぐっと深読んでみたいと思います。

ちなみに、ゲストの村上琢太さんがWWDCの記事をどんどんアップしてくれています。
ぜひ『flick!』のWebサイトものぞいてみてください。

  • *収録を終えて SatoRichman

ご相談はこちら

大塚商会では、新製品情報や新製品の導入や新しい技術に関するご相談なども、分かりやすくお答えします。

お気軽にご相談ください。

番組視聴はこちらから

次回予告

Clip #374 写真整理で幸せ呼ぼう!

公開予定日:2019年 6月21日

GUEST PROFILE

村上 琢太(むらかみ たくた)

『flick!』編集長/枻出版社 Webマスター

枻出版社の『RIDERS CLUB』というバイク雑誌の編集者として入社。
以来約20年間、趣味の雑誌の編集に携わり、数誌の編集長を歴任し、現在はiPhone、iPadやApple Watchなどの記事が満載のデジモノ雑誌『flick!』の編集長と枻出版社のWebマスターを兼任。

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
AppleCLIP バックナンバー

ナビゲーションメニュー