Clip #378 経営学もデザイン思考 前編

2019年7月19日公開分のアップルクリップの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

今週のAppleCLIPは、玉川大学の小酒井正和(こざかいまさかず)教授をお迎えし【経営学もデザイン思考】と題してお話を伺ってまいります。

小酒井正和さんは、工学部マネジメントサイエンス学科の教授であると同時に、AIBot研究センターでロボット関連の研究などにも参画されているそうです。
基本的には経営工学の教授をされているのですが、ユニークな小酒井正和研の別室工房「コザカイ組」を持たれており、工房にはスマホでコントロールできる照明や各種センサー、ドローンなどのIoTガジェットが整然と並んでいます。このコザカイ組には研究室の枠を超えて、ゲーム実況系YouTuberやVTuberなど、クリエイティブ系の生徒が集まってはいろいろな作業をして、社会に巣立っていっているそうです。

そんなユニークな活動や「コザカイ組」について、そしてiPhoneの成功に触発されて有名になった「デザイン経営」や「デザイン思考」などについてを2週にわたってお聞きしました。
ITが進化したこれからの時代に必要になる「デザイン思考」という考え方について、皆様のご参考になれば幸いです。

  • *収録を終えて SatoRichman

ご相談はこちら

大塚商会では、新製品情報や新製品の導入や新しい技術に関するご相談なども、分かりやすくお答えします。

お気軽にご相談ください。

番組視聴はこちらから

次回予告

Clip #378 経営学もデザイン思考 後編

公開予定日:2019年 7月26日

GUEST PROFILE

小酒井 正和(こざかい まさかず)

玉川大学工学部 マネジメントサイエンス学科 教授

専門はマネジメントデザイン、IT経営マネジメント。大学院生時代より、情報システム開発、eラーニング授業開発プロジェクトに従事したのち、大学教員となる。現在は、IT経営革新について研究する一方、産業界でのドローン活用やAIBot研究センターでロボット関連の研究も進めている。また、社会活動としてiTeachers(http://www.iteachers.jp/)のメンバーとして、教育現場でのIT活用の支援活動を行っている。

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
AppleCLIP バックナンバー