Clip #385 幸せな働き方って? 後編

2019年9月27日公開分のアップルクリップの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

今週も、ジャーナリスト、中小企業診断士(コンサルタント)、講演講師、そして経済産業省「おもてなし経営企業選」選考委員などを歴任されている企業や働き方のスペシャリスト瀬戸川礼子(せとがわれいこ)さんをお迎えし、【幸せな働き方って?】と題してお話を伺ってまいります。

1週目は、瀬戸川さんが2,600社以上もの取材先で見てきたことや感じたこと、そして仕事の中で人はどのようなことを幸せに思うのか、どのような姿勢でいれば幸せになれるのかなどのポイントについてお話しいただきました。

2週目の冒頭では、幸せを感じるには「今日は本当に自分を生きたか」と自問することが大事だと言う瀬戸川さん。これはまるで、スティーブ・ジョブズ氏がスタンフォード大学のスピーチで語った「他人の人生を生きることで時間を無駄にするな」ということや、毎晩寝る前に「もし今日が人生最後の日だったら、今日やることは本当にしたいことなのか?」と自問して「NOの答えが続くなら、何かを変えなければならない」と結んだ名言に通じるものがあり、素晴らしいなと思いました。

そして、瀬戸川さんがよい会社と感じるのは「どん底で最悪の状況を迎えたことがある会社がほとんど」で、その「厳しい状況から何を選んで立ち上がったのか」が重要なのだそうです。

Google マップなどを制作し、ポケモンGOを生み出したナイアンティック・ラボも、Googleに買い取ってもらう前は従業員に給料を払えなくなるところまで追い込まれました。またスティーブ・ジョブズ氏が率いていたNeXTもハードウェア部門を処分して後数カ月も持たないところまで業績が落ち込みましたが、奇跡的にNeXTのOSごとAppleに買収され、彼自身がCEOとなりNeXTの人材によって新たなAppleとして再生できたわけです。
そんな苦労の末に、立ち上がった企業の強さに真価があるのでしょう。

ちなみに、弓月さんが言っていた「エズ・ディー・ジーズ(SDGs)」とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、持続可能な開発のための17のグローバル目標と169の達成基準からなる、2030年に向けた国連の具体的行動指針です。

地球温暖化やAIの出現に対してどう判断し活動するかが、国や企業や私たち一人一人の未来を左右するのでしょう。

番組内でご紹介した講演のお知らせです。
日本電鍍工業株式会社 代表取締役 伊藤麻美さんをゲストに迎えたトークショーとなっています。
次回は2019年11月29日(金)に開催予定ですので、こちらのサイトで告知される予定です。

また、ご著書の『「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと』にもそんな働き方の秘密も書かれているそうです。

  • *収録を終えて SatoRichman

ご相談はこちら

大塚商会では、新製品情報や新製品の導入や新しい技術に関するご相談なども、分かりやすくお答えします。

お気軽にご相談ください。

番組視聴はこちらから

次回予告

Clip #386 セーラー服とリボン

公開予定日:2019年10月 4日

GUEST PROFILE

瀬戸川 礼子(せとがわ れいこ)

ジャーナリスト、中小企業診断士(コンサルタント)、講演講師

『週刊ホテルレストラン』副編集長を務めた後にジャーナリストとして独立。全国47都道府県に出向き、さまざまな業種業態の会社2,600社以上を取材。
法政大学専門職大学院卒経営学修士号(MBA)や、中小企業診断士を取得。経済産業省「おもてなし経営企業選」選考委員や中小企業庁「がんばる中小企業選」選考委員、中小企業庁 政策審議臨時委員、ホワイト企業大賞委員などを歴任している。
著書に『「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと』などがある。

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
AppleCLIP バックナンバー

ナビゲーションメニュー