Clip #386 セーラー服とリボン

2019年10月4日公開分のアップルクリップの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

今週は、セーラー服のビジョナリーとして世界的に有名なエンジニア小林秀章(こばやしひであき)さんをお迎えし、【セーラー服とリボン】と題してお話を伺ってまいります。

小林さんにはA面とB面があるそうで、A面では長い白ひげを三編みにしてセーラー服を着ていらっしゃいます。今回の収録でも、赤坂のスタジオにセーラー服姿でお越しいただきました。

小林さんは、東京の女子高校生の間では「セーラー服おじさん」と呼ばれていて、とても有名。「セーラー服おじさんに出会えると幸せになれる」という都市伝説もあるほどです。またオタク文化の体現者として、世界中のイベントでも大人気。多くの海外イベントから招待を受けています。

また、小林さんは「行列のできる法律相談所(日本テレビ)」など多くのテレビ番組にご出演されています。早稲田塾のテレビCMにも登場し、公開授業も行ったのだとか。映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』の宣伝にも起用されるなど大活躍なので、地方でも「セーラー服おじさん」をご存じの方も少なくないのかもしれません。

一見、変わった人に見えてしまう「セーラー服おじさん」ですが、B面では世界的な印刷会社で高度なシステムエンジニアや研究者をされています。最近では進化したAIが人知を超える技術的特異点(=シンギュラリティ)の研究にも余念がありません。

「日本はリーマン・ショックからあらゆる面で停滞していて、技術力も中国や韓国から追い越されています。一部の評論家は『日本は技術力で負けるはずがない』と声高に叫ぶが、それは根本から間違っている。技術力、教育、学力などあらゆる面で完全に負けている」とおっしゃる小林さん。日本文化の特徴や日本の技術力をどのようにして伸ばしていけばよいのか、「セーラー服おじさん」の独特な視点でアドバイスを頂きました。
皆さんにも、ふに落ちるところがあるのではないかなと思います。

今週もお楽しみください。

  • *収録を終えて SatoRichman

ご相談はこちら

大塚商会では、新製品情報や新製品の導入や新しい技術に関するご相談なども、分かりやすくお答えします。

お気軽にご相談ください。

番組視聴はこちらから

次回予告

Clip #387 Appleの秋冬を深読む 前編

公開予定日:2019年10月11日

GUEST PROFILE

小林 秀章(こばやし ひであき)

早稲田大理工学部数学科卒業後、同大学院を修了。世界的な印刷会社でエンジニアや研究者として活躍。数多くの特許も所有する。とあるキャンペーンをきっかけに毎週末セーラー服を着用するようになる。気さくでユニークなキャラクターも相まってSNSを中心に話題となり、ちまたでは「セーラー服おじさん」と呼ばれ、「セーラー服おじさんに出会えると幸せになれる」という都市伝説もあるほど。現在では世界中のオタク系イベントなどからゲスト出演のオファーが絶えない。

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
AppleCLIP バックナンバー

ナビゲーションメニュー