LINEは一歩先に進化してる?

2016年10月7日公開分のiPhone Business Networkの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

iPhoneケース展の関係者でLINEのメッセージを使っていたんですが、どうもこのLINEが他のSNSに比べて一歩進化してきているように感じるんですよね。

2016年9月29日に、LINE DEVELOPER DAY 2016という、AppleのWWDCのようなイベントが開催されて、いくつかの新機能が発表されました。発表された、LINE Notifyはbot(ボット:ロボットの略称で、人に代わってコンピューターが自動的に実行するプログラムのこと)を使って、例えば天気情報などの外部Webサービスなどの通知をLINEのメッセージで送ってくれるサービス。このサービスと連携しているのは、発表現在では「IFTTT」「GitHub」「Mackerel」の3社。毎朝お天気を教えてくれたり、GmailをLINEに転送してくれたり、気になるユーザーのツイートをLINEに転送してくれたりします。LINE Notifyと連携を行うことで、LINEユーザーが簡単にサービスの通知を受信できるようになるということで、今後はどんどんサービスの種類が増えていくんでしょうね。

LINE、外部との通知連携サービス「LINE Notify」発表 GitHub、IFTTT、Mackerelと連携(ITmedia ニュース)

LINEのbotサービス

Twitterで一般的になった感じのbotですが、LINEにもなかなか優れたbotサービスがありますので少しご紹介しますね。

位置情報を送信することで近くのおすすめのランチを教えてくれるLINE BOT LINE BOT APIで今日のランチを検索する(Qiita)

位置情報でグルメ情報を教えてくれるおばあちゃんLINE BOT Line Bot Api 近くのグルメを教えてくれる婆やを作った(Qiita)

LINE Botまとめ(NAVER まとめ)

LINEの便利なサービス

友だちに追加するとサービスを利用できるというものです。

LINE MUSIC Search
アーティスト名や歌詞から楽曲の検索や再生ができたり、おすすめの楽曲を受け取ったりすることができます。
LINE Notify
GitHubやIFTTTと連携することで、LINEで通知を受け取ることができます。
NAVITIME
いつもの運行情報をワンタップで。「渋谷から新宿まで」で乗換案内。

上記の三つのサービスは、こちらのリンクの後半に掲載された(友だち追加)ボタンから。
友だちにメッセージや質問を投げかける要領でbotからサービスを受けることができます。
Messaging APIのご紹介(LINE Business Center)

このほかに、LINE占い、LINE英語通訳・中国語通訳・韓国語通訳などもあるので、まずは登録してみてはいかがでしょうか?
LINE英語通訳では、すごいスピードで日本語のコメントを英訳してくれたり、逆に英語を日本語に翻訳してくれたりします。
LINE 公式サイト(bot)通訳を使おう(LINE<ライン>の使い方ガイド)

現在、LINE BOT AWARDSが開催されていて、グランプリには賞金は1000万円だとか!
腕に覚えがある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
LINE BOT AWARDS

番組中でLINE Notifyは9月30日に発表されたと言っていますが、9月29日の間違いです。訂正してお詫び申しあげます。

大塚商会は、常にお客様の立場に立ったサービスを展開しています。どんなご質問やご不満ご不便にも誠意を持ってお答えしています。そのご質問などにビジネスのヒントやニーズが隠されていると思うのです。
ですから、どうぞお気軽にお問い合わせくださいね。

お客様マイページ(各種お問い合わせなど)

お電話でのお問い合わせ
Apple製品お問い合わせ窓口
03-3514-7870(平日 9:00~17:30)

番組視聴はこちらから

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
iPhone Business Network バックナンバー