iPhoneデビュー10周年だって!

2017年3月3日公開分のiPhone Business Networkの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

2017年はiPhoneデビュー10周年ということです。

Macworld 2007(2007年1月9日に米サンフランシスコで開催)で、「本日、アップルは電話を再発明する」と、スティーブ・ジョブズがiPhoneを発表してから10年がたちます。

この初代iPhoneは、2007年6月29日にアメリカ合衆国で発売となり、続いて同年11月にイギリス、フランス、ドイツで販売を開始。2008年春にはアイルランド共和国、オーストリアでも発売されました。

日本を含むそのほかの地域などでは発売されず、後継機種のiPhone 3Gがようやく日本で発売されたのは、2008年7月11日でした。

そして、iPhoneは毎年進化を遂げ続けることになります。

2007年
初代 iPhone
2008年
iPhone 3G
2009年
iPhone 3GS
2010年
iPhone 4
2011年
iPhone 4 ホワイトモデル、iPhone 4S
2012年
iPhone 5
2013年
iPhone 5s、iPhone 5c
2014年
iPhone 6、iPhone 6 Plus
2015年
iPhone 6s、iPhone 6s Plus

2016年はiPhone SEと、数カ月遅れてiPhone 7、iPhone 7 Plusが発表され、2017年にはいよいよ10周年を記念した画期的なiPhone 8が発表されると噂されています。

その間、2016年7月27日には、「世界で累計10億台を突破した」とティム・クックCEOが本社の全社ミーティングで発表しています。
10億台突破までに10年かからなかったわけです。

フィリップ・シラー上級副社長は、10億台突破を記念して、次のように言っています。
「私たちはiPhoneで電話やFaceTimeを利用して、撮影したLive Photosや4Kビデオを共有して、ゲームをして、道順を知って、新しい場所を見つけて、支払いをして、Webを閲覧して、メールを送って、連絡先やスケジュールを管理して、ポッドキャストを聴いて、テレビや映画、スポーツを観て、フィットネスや体調を管理しています。iPhoneはこれら以上のことができる存在となっていますが、私はまだ、これらのことが始まったばかりだと信じています」
まさにそのとおりですね。

スティーブ・ジョブズがキーボードやマウスを用いず、マルチタッチパネルを用いるディスプレイへの直接入力を電話に応用することを着想し、数年をかけて開発されました。iPhoneは「タッチ操作のできるワイドスクリーンのiPod」「革命的な携帯電話」「インターネットコミュニケーター」の三つを統合したデバイスだとスティーブ・ジョブズによって発表され、iPhoneがスマートフォンの世界を切り開き、世界中の人々の生活を大いに助ける存在になっているのは確かな事実です。

本当に素晴らしいことですね。

さて、これからのiPhoneがどんなものになるのか、CNET Japanの記事が参考になりそうですのでよろしければ。

10周年を迎えた「iPhone」、今後10年でどこへ行く?(CNET Japan)

大塚商会では、iPhoneやiPadをはじめとするApple製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。
Apple製品お問い合わせ窓口
03-3514-7870(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせは、下記リンク先ページのお問い合わせよりご相談ください。
Apple製品(大塚商会)

お客様マイページ(各種お問い合わせなど)

番組視聴はこちらから

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
iPhone Business Network バックナンバー