まさかの丸さんカメコデビュー

2017年5月12日公開分のiPhone Business Networkの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

僕は最近、iPhone 7 Plusのポートレートモードで、食事の写真やお花の写真などを撮影して自信を付けてるんですよ。

ゆづちゃんは、自撮り動画を美肌にしてくれる「セルフィーアートモード」も付いている、カシオ EXILIM ZR4000の白いのを使っているんだけど、これだと顔のしわも見えなくなるし、すごいですよね。しかも超広角なので集合写真を自撮りで撮影したりもできて、よく考えられてるなぁと。

どれだけきれいに写るかは、作品のリンクを掲載しておきますので、ご参考に。
試用レポート: カシオ デジタルカメラ EXILIM 「ZR4000」(Joshin web インターネットショッピング 家電・PC・ホビーの大型専門店)

先日とあるイベントで、レイヤーさん(コスプレイヤーの略称)の写真を撮影する機会があって、撮影させていただいたんだけど、僕以外の皆さんは、すごくでかいレンズを付けたデジイチ(デジタル一眼カメラ)やコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)を使って撮影しているんですよ。…僕はiPhoneなのに。

で、やはり大きなカメラが欲しくなって、カメラにめっちゃ詳しい後輩たちに打診しているところなんです。
そしたら、ゆづちゃんに「レンズ沼にはまる丸さんが見える」なんて言われちゃうし。

ということで、後日Sony α7 IIをお得なセールで入手したんですが、このカメラのISOの高さはたまりません。なんと手持ちで星が写るんですから。フィルム時代のカメラでは考えられない性能ですよね。iPhoneの影響も大きいとは思いますが、デジカメも進化したものです。

もちろん、iPhoneのカメラ機能は素晴らしいです。いつでもすぐに取り出して撮影できるし、SNSにも簡単にアップできるし、写真の整理もほぼ不要だし。そんなわけでほとんどのシーンはiPhoneの撮影で十分なんだけど、適材適所というのかな。例えばレイヤーさんの撮影とか、最近で言えばオーロラより珍しいと言われる夜光虫で海全体が光るような写真とか、星座の撮影とかにもなると、それぞれのシーンに合うカメラやレンズが欲しくなるし、専門性の高い機材は、やはりそれなりの存在価値はあるんだなと思うんですよね。

当然、仕事となると専門性は不可欠なものだから、それなりの機材やソリューションが必要な場合が多いですよね。
大塚商会では、例えばオリンピックに向けた強化チームや病院、鉄道会社や流通管理会社など、さまざまな各種専門分野の方々と長い間お仕事をさせていただいていますので、驚くほど特殊な機器やソリューションを取り扱っていますし、ご提案もできるんです。

そんなわけで、専門的なことでも構いませんので、何かお困りのことがあれば、ぜひぜひ大塚商会にご相談いただければと思うのです。

大塚商会では、iPhoneやiPadをはじめとするApple製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。
Apple製品お問い合わせ窓口
03-3514-7870(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせは、下記リンク先ページのお問い合わせよりご相談ください。
Apple製品(大塚商会)

お客様マイページ(各種お問い合わせなど)

番組視聴はこちらから

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
iPhone Business Network バックナンバー