就活におけるスマートフォン

2017年6月2日公開分のiPhone Business Networkの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

今回は、大学4年生になって就職活動を始めた娘の真未をスタジオに呼んで、就活におけるスマートフォンの使用状況について聞いてみました。

真未は、非力ながら裏方や司会などで弓月さんの下、iPhoneケース展で勉強させていただいているのですが、こうして話を聞いてみると、弓月さんにいろいろと学ばせていただいているなと思うんですよね。

就活でもそれなりにiPhoneや就活アプリを研究して活用しているようだし、漫然と受け身でいるわけではないんだなと、収録を通じて感じた次第です。いつまでも子供だと思っていたらいけませんよね。

しかし、身内の話で恐縮ですが、こうして生の声を聞いてみて時代をつかむって大事なことだと思うんです。iBNでは以前も何度か学生さんに出演していただいていて、PCをほとんど使わない・使いたくない学生さんが増えていたり、その背景にはスマホの台頭があって、学生さんたちがスマホを中心にした生活を過ごしている様子などを知りました。若い世代の生活を知ること、またそんな定点観測を続け、その推移を見つめることが、自分たち大人側の感覚のズレやサビを見つけることにつながるんじゃないかなと思うんです。

もちろん、スマホが身近だからPC離れを促進しているだけではなくて、スマホだからできる緻密なコミュニケーションやSNSとの連携など、少なくとも就活の場においては、その進化や応用の速さには驚かされるんですよね。

大塚商会もですが、そんな学生たちを迎える側の企業も、何が何でもPCを覚えさせるだとか、非効率なアプリを使い続けるだとか、学生にとってはナンセンスなことが普通にまかり通っているのではないかと思うんですよ。いつも適切に判断し続けなければ、企業自体がこの進化の速さについていけなくなるし、うまく乗りこなせば、時代をリードする人材を集めたり育てたりできるし、さらに新入社員を迎えるインフラや体制を改善することで、逆に企業の体質改善や新陳代謝ができるのではないかとも思うんですよ。

実際に、iPhoneやiPadを大規模に導入して、企業に余裕が生まれたり、社員が自由に効率よく働けるようになったり、顧客満足度がとても高くなったという事例はたくさんあるんです。大規模に導入することで、仕事の仕方やあり方などを考え直す機会にもなるというのも大きなプラス要因です。

大塚商会では、iPhoneやiPadをはじめとするApple製品の選び方や価格、活用のご相談なども分かりやすくお答えします。気軽にご連絡をいただければ幸いです。
Apple製品お問い合わせ窓口
03-3514-7870(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせは、下記リンク先ページのお問い合わせよりご相談ください。
Apple製品(大塚商会)

お客様マイページ(各種お問い合わせなど)

番組視聴はこちらから

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
iPhone Business Network バックナンバー