忘れ物タグの可能性

2017年8月25日公開分のiPhone Business Networkの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

西武鉄道が、忘れ物自動通知サービスを始めています。

これは、ソフトバンクグループのMAMORIOが販売する、落とし物防止タグ「MAMORIO」を持ち物などに取り付けて、「MAMORIOアプリ」をスマホにインストールし、タグを登録しておくことでそのタグがついた落とし物が、専用アンテナを設置している西武線の拾得物センターに届いた際に、自動的にMAMORIOの持ち主に通知するというもの。また、「みんなで探す」機能を使うと、MAMORIOアプリをスマホにインストールしているユーザーが、紛失したMAMORIOと約30m以内ですれ違った際にその場所を知らせる機能もあるのだとか。そのため、ユーザーが増えれば増えるほどその機能の実力も高まるわけですね。

また、MAMORIOがスマホから離れるとプッシュ通知が送られてきて、最後に離れた場所を地図で確認できるなどの基本機能も、うっかり落とし物をしがちな人には魅力的ですよね。

このMAMORIOは、Bluetooth 4.0を用い、内蔵リチウム電池で何と約1年間動作するそうです。

誰かが拾って届けてくれた際に自動通知。
MAMORIO、西武鉄道で忘れ物自動通知サービス実証実験開始(ASCII.jp)

【検証!】世界最小の落とし物追跡タグの実力をみんなで試してみた(TIME&SPACE)

ちなみに、ゆづちゃんは、「TrackR bravo」という忘れ物防止タグを持っていて、そのタグを開発したTrackRのCEOに取材した際に、「このタグがたくさん配布されていれば、災害時などにそのGPS情報で被災者を探すこともできるようになる」とお聞きしたそうです。

TrackR bravoは、このタグ自体がスマホなどから遠ざかると、アラートを鳴らしてくれるほか、紛失した際に、近接するTrackR bravo同士がGPS情報を連携して知らせてくれるというもの。

ロードバイク盗難時にGPS追跡する「TrackR」の実用性は?(ラルプバイク)

近距離無線通信の規格にはさまざまなものがあるのですが、それぞれの電波の強さや、消費電力などの特性を生かしたIoTグッズとして急速に進化や普及が予測されています。

大塚商会でもどんどん勉強して、皆さんの生活や仕事を助ける優秀なツールをお届けできればと思っています。

近距離無線通信の規格まとめ(NAVER まとめ)

大塚商会では、iPhoneやiPadをはじめとするApple製品の選び方や価格、活用のご相談なども分かりやすくお答えします。気軽にご連絡をいただければ幸いです。
Apple製品お問い合わせ窓口
03-3514-7870(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせは、下記リンク先ページのお問い合わせよりご相談ください。
Apple製品(大塚商会)

お客様マイページ(各種お問い合わせなど)

番組視聴はこちらから

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
iPhone Business Network バックナンバー