キーボード付きタブレットみたいなPCどうよ?

2017年12月1日公開分のiPhone Business Networkの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

オフィスの机ではキーボードの付いたノートパソコン、外ではモニター部分だけを持ち出して、タブレットみたいな使い方ができるパソコン。ずっと「これってどうなるの?」って思っていたんだけど、結局はiPadに入れ替わるようにどんどん淘汰(とうた)されているんですよね。

長年の操作でパソコンに慣れた僕の場合は、iPadやApple Pencilでの入力も便利だとは思うんだけど、どう考えてもキーボードを使う方が効率的だし、仕事柄エクセルが動かないと困ります。なので、できれば薄型のノートパソコンでSIMが付いていて開くとサクッとインターネット端末として使える、というのがいいんじゃないかなと。

またSIMが付くという点では、ちょっと違うんだけど、Macユーザーの皆さんが最近MacBookを高く評価しているのを見るにつけ、やはりそこには大きいニーズがあるんじゃないかなと思うんですよ。

しかし、ゆづちゃんはAdobe CCなどを使う場合以外、ほとんどMacを開かなくなったそうです。
僕の仕事の周りでも、クラウド型アプリケーションを使うことがとても増えているので、Microsoft Officeを純正で使わなければならないという作業がなければ、iPadで全て仕事が済んじゃうんですけどね。

ただ、長年パソコンを使っていると、カチャカチャキーボードを打つ方が早いんですよね。それにマウスの作業も速い。だから、連打しやすいキーボードが付いたノートパソコンが欲しいんですよ。もちろん、MacでもWindowsでも僕は構わないんだけど。それから、たくさんのデバイスを持たなければならない時代だから、あまり高くない方がありがたいかなと。

リスナーの皆さんは、どう思っているんでしょうか。
本音を言うと、ノート型の方が効率やノリが良いんじゃないですかね? だからこそ、MacBookが人気なんだろうなと、容易に想像はつきますよね。

リッチマンは、SIMが付いたMacBook Proが出てほしいそうだけど、僕もSIM付きMacBookなら欲しいかも。

LTEの次の規格になると転送量も膨大になるらしいので、本当にSIM付きMacBookの時代が来るんじゃないかと思うんですが、どうでしょうね。

ちなみに、LTEの次の規格5Gは、第5世代の移動通信システムです。5GはLTEの100倍以上も通信速度が速くなるそうです。
東京オリンピックが開催される2020年ごろの商用化に向けて開発中ということです。

大塚商会では、iPhoneやiPadをはじめとするApple製品の選び方や価格、活用のご相談なども分かりやすくお答えします。気軽にご連絡をいただければ幸いです。
Apple製品お問い合わせ窓口
03-3514-7870(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせは、下記リンク先ページのお問い合わせよりご相談ください。
Apple製品(大塚商会)

お客様マイページ(各種お問い合わせなど)

番組視聴はこちらから

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
iPhone Business Network バックナンバー