3Dカメラでサクッと計測

2018年3月2日公開分のiPhone Business Networkの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

大塚商会のイベント「実践ソリューションフェア2018」の東京会場で、Theta(シータ)みたいな3Dカメラを使って3Dデータを計測している当社の社員がいたんですよ。
話を聞いてみると、ビデオを使って会場のサイズが測れるんだとか。

いやはや便利な時代になったものですね!
調べてみると、ThetaやiPhoneでも部屋の見取り図を自動的に作ってくれたり、高さや幅、距離、面積なども測定してくれたりするアプリがあり、驚きました。

幾つかのアプリは使い方が少し難しそうでしたが、メジャーで部屋や空間を測る大変さに比べれば、一つくらいは身に付けておくと便利なのではないかと思いました。特に僕のようにイベントに関わっていると、あらかじめ会場の広さを知っていることでブースの数や人の動線計画なども立てやすいですし。

ExcelやWordしかないような昔に比べると、今は本当にアプリケーションの数も増えましたね。まだまだ知らないアプリが多いので、進んで情報収集をしておかないとなあと思っています。

Thetaで計測ができる、3Dパノラマ画像計測システム PanoMeasure2。

iOSでビデオ測定ができるテープメジャー。

写真を撮るだけでプロの間取り図を作るアプリ。

大塚商会では、iPhoneやiPadをはじめとするApple製品の選び方や価格、活用のご相談なども分かりやすくお答えします。お気軽にご連絡いただければ幸いです。
Apple製品お問い合わせ窓口
03-3514-7870(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせは、下記リンク先ページのお問い合わせよりご相談ください。

番組視聴はこちらから

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
iPhone Business Network バックナンバー