金閣寺ならぬ「勤革時」が便利

2018年5月11日公開分のiPhone Business Networkの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

クラウド型の勤怠管理システム「勤革時(きんかくじ)」というかわいい名前の製品があるんですが、これがすごい人気を呼んでいるんです。

昔は「勤怠管理」というと、タイムカードを使うのが一般的だったと思うんですが、アルバイトさんや仲の良い社員さん同士でこっそりタイムカードを押し合って遅刻をごまかしてしまったり、営業の方が出先からタイムカードを押すためだけに帰社したりと、管理が難しく、また不便なことも多かったわけですよ。こんなふうに働き方がタイムカードで拘束されてしまっていると、これからますます必要とされている働き方改革なんてできませんよね。

勤革時のすごい点は、初期費用0円、一人当たり月額300円でPCとスマートフォンとインターネットさえあれば利用可能という超お手軽なところ。それに顔認識システムとも連動できるので、誰かが代わって打刻しようにもできません。さらにクラウドだから、いつでもどこからでも最新の勤怠状況をリアルタイムに確認・集計できるし、GPS機能もあるので直行直帰の従業員さんの勤怠も位置情報で管理ができるんですよね。

また、残業時間や遅刻回数の制限を事前に設定しておいて、その設定値に近づくとアラートで通知できる機能なども搭載されていて、社内でどの部署に負荷がかかっているのか、誰にストレスがたまっているのかなども把握できたり、遅刻が多い社員さんに注意を促したりもできるわけです。

しかも、勤革時という名前だけでなく、操作画面やアイコンもまるっぽくてかわいい。毎日使うものだから、インターフェイスも仕事を楽しく感じられるデザインなんです。小さなことだけど、こんな気遣いも大事ですよね。経理や総務の人がExcelを使って複雑な集計をしていたり、それで険しい顔つきだったりするだけでも会社の空気が重たくなるし、出社が楽しくなくなりますよね。そんなストレスになる仕事はできるところからどんどんITやAI、IoTにお願いして、楽しく仕事をしたいものですよね。

この勤革時は、9,000社570,000人以上のご利用実績があるそうで、大塚商会でも力を入れて販売しています。分からないことがありましたらどんどん気軽にお問い合わせください。

勤革時の使い方を簡単な映像で見ることができます。

大塚商会では、iPhoneやiPadをはじめとするApple製品の選び方や価格、活用のご相談なども分かりやすくお答えします。お気軽にご連絡いただければ幸いです。
Apple製品お問い合わせ窓口
03-3514-7870(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせは、下記リンク先ページのお問い合わせよりご相談ください。

番組視聴はこちらから

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
iPhone Business Network バックナンバー