ロボット掃除機ってかわいい!

2018年8月31日公開分のiPhone Business Networkの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

ゆづちゃんがNeato Robotics(ネイトロボティクス)というアメリカで人気のロボット掃除機を買ったそうです。
そしてこのロボット掃除機に、映画『ミッション:インポッシブル』の主人公の名前と同じ「イーサン・ハント」と名付けたというんですから、しゃれていますよね。

Neato Roboticsは、「たのめーる」からでも買えます!

勇気と卓越した身体能力で闇の敵を倒すために孤軍奮闘するのがイーサン・ハントですが、ゆづちゃんのイーサン・ハントもお部屋のお掃除というミッションを外出中にも遂行するらしいんですよ。でも、タオルなどに乗り上げて「助けてください」とゆづちゃんのiPhoneアプリにメッセージを送ってくるというんですから、かわいいものですね。

ところで、ロボット掃除機って便利そうなので気になっていたんですけど、調べてみたらロボット掃除機と一口に言っても結構たくさんあるんですね。

このロボット掃除機の中でよく耳にするのが、iRobot社のルンバ。iRobot社は、ロボット掃除機を初めて実用化したロボット掃除機のパイオニアなんですよね。
もちろん、たのめーるではルンバも買えます。
ロボット掃除機って、スタッフが帰った後の広いオフィスを掃除してくれるので、便利なんだとか!

ルンバを使っている人によると、すごくパワフルで驚くほどゴミを集めるんだけど、時にはケーブルを巻き込んで救助を求めてくることもあるんだそうです。でも、「ルンバ980」や「ルンバ690」はiPhoneで操作もできて、1回の充電で112畳もの広さの床を掃除してくれるし、カメラを本体に搭載すると家具の配置や部屋の形を把握して、自分でどこがまだ掃除をしていないかを判断しながら動いてくれるという優れものらしいので、気にはなりますよね。

ダイソンのロボット掃除機もお高いけれどすごくかっこいいし、日本製のロボット掃除機も家電各社から発売されているようだし、どれを買えばいいのか悩ましいですよね(笑)

ちなみに、フローリングだけなら床拭きロボット ブラーバ(Braava)がおすすめだとか。これも、iRobot社のプロダクトらしいのですが、ネットには「これまでのロボット掃除機って何だったの!」なんて声が上がっているほどだそうです。

ちなみに、僕は家のお掃除係なので、ロボット掃除機は要検討課題なんです。我が家には段差があって、普通のロボット掃除機だと数回に分けてお掃除をしなければならないので、どうしようかなと思っているんです。段差を乗り越えられるロボット掃除機ってありませんかね?

大塚商会では、iPhoneやiPadをはじめとするApple製品の選び方や価格、活用のご相談なども分かりやすくお答えします。お気軽にご連絡いただければ幸いです。
Apple製品お問い合わせ窓口
03-3514-7870(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせは、下記リンク先ページのお問い合わせよりご相談ください。

番組視聴はこちらから

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
iPhone Business Network バックナンバー

ナビゲーションメニュー