来年はいよいよ出勤不要?

2018年10月26日公開分のiPhone Business Networkの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

孫泰蔵さんが「オフィスはもう要らない」として、数多くのスタートアップ企業を支援してきたコワーキングスペースを先日閉鎖したそうです。

孫泰蔵さんは、東京大学経済学部在学中にYahoo! JAPANの立ち上げに参画し、その後もYahoo! JAPANの運営やスマートフォン・タブレット向けアプリ「パズル&ドラゴンズ」で大成功を収めた後、Mistletoe株式会社で200人もスタッフが出入りする最先端のコワーキングスペースを運営していました。このたびは、そこをいきなり閉鎖したのだとか。

確かに「仕事をする場所」は自宅やカフェでも大丈夫だし、「会議」はオンラインでどこでも可能な時代ですよね。そうなると、体力や時間を無駄にして通勤したり、昼休みで混み合う時間にカロリーの高そうなランチを食べたりしなくても、仕事は効率的に成り立つといった時代に近づいているんですね。
通勤しない人が増えると、通勤電車の本数も減るし混み合わない。車の通勤ラッシュもなくなって、二酸化炭素の排出量もかなり減るでしょうね。

最近、スターバックスが駅から少し離れた住宅地で展開する新たなブランド「Inspired by STARBUCKS」が好評を博しているらしいんですが、その背景にも会社に行かないで仕事をする人たちが首都圏に増え始めているからなのだそうです。Inspired by STARBUCKSの店舗に行ってみると、普通のスターバックスよりお値段は高いのですが、MacBookやiPadで作業をしている人がとても多いんですよ。

弓月さんもイベント会社を経営していてスタッフが何人もいるけれど、オフィスを構えているわけではないし、定例の会議はレストランやスタッフのおうちで食事をしながら行っているようで楽しそう。仕事は自宅か出先のカフェなど。そして一番仕事がはかどるのは、湯船の中だというのだから驚きますよね。

AppleCLIPのパーソナリティー、SatoRichmanさんも社員が大勢いた会社を縮小して、ついには一人であちこち旅をしながら仕事をするというスタイルに移行しているそうです。彼の仕事はブランディングやデザインだから、会社という場所に縛られずいろいろなものを見て情報のストックを増やすことになっていいんでしょうね。

これまであった「会社に行くという常識」ですが、これからも常識として続くものではないはずです。むしろすぐにでも次の時代を先読みして実践し、その経験を仕事や生活に生かす方が、多少の困難はあっても先進的な技術やスタイルを身に付けることができるわけですよね。
一気に「通勤しない」というのは無理でも、働き方改革を促進して仕事の進め方を切り替えた方がむしろブルーオーシャンに近いのかもしれません。先行者利益を生むと考えて、思い切って新たな仕事の仕方を実践する方が、チャンスをつかめるのではないでしょうか。

現実的に考えると、まずはフリーアドレスなどで社内の人的交流を自由化してプロジェクト型のビジネススタイルを社内で一般化することで、会社に行く必要のない仕事環境が作れるんじゃないかなと思います。

大塚商会でもさまざまなことを先進的に取り入れていますが、いよいよ来年あたりからは出勤しなくてもよい時代になるかもしれません。そうなると、僕にとっての課題は家事と仕事の切り分けですかね(笑)

大塚商会でもどんどん働き方改革に取り組んでいます。
新製品情報や新製品の導入、新しい技術に関するご相談なども分かりやすくお答えしますので、どんなことでもお気軽にご質問ください。

大塚商会では、iPhoneやiPadをはじめとするApple製品の選び方や価格、活用のご相談なども分かりやすくお答えします。お気軽にご連絡いただければ幸いです。
Apple製品お問い合わせ窓口
03-3514-7870(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせは、以下のリンク先ページのお問い合わせよりご相談ください。

番組視聴はこちらから

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
iPhone Business Network バックナンバー