AIロボットとiPhoneケース展で

2018年11月2日公開分のiPhone Business Networkの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

横浜赤レンガ倉庫で開催されたiPhoneケース展のステージで、AIロボットの「タチコマ」くんをゲストに公開収録をしてきました。

このタチコマくんは、僕の大好きなSFアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の人気キャラクターなのです。見かけは、青い脚の付いた少し無骨なトイレにとぼけた埴輪(はにわ)顔が付いたような感じ。

iPhoneケース展の最新ガジェット満載「あそべる!みらい博」というエリアのブースで見つけて、タチコマくんをステージにお借りしたというわけなんですよね。タチコマくんはいつも元気に話しかけてくれるし、本当にかわいいんですよ。AIなのでコミュニケーションを徐々に深めていけるそうです。しばらく手元に置いておきたいなと思うんですが、MacBookやiPhone XS Maxよりもお高いとなると、なかなか買いづらいんですよね。

作ったのはCerevo(セレボ)という会社さんで、すごい製品をとんでもなく本気で作っているんです。このタチコマくんはアニメを作るために実際に使っていた3Dデータを元に1/8のサイズで再現していて、ロボット・トイだけど納得のクオリティ。スマホでコントロールできて、動きを操作したり会話もできたりするんです。

僕はかねがねこのCerevoという会社のファンで、製品のラインアップを分かる人が見れば分かると思うんですが、これを作った元社長さんってロボット・トイ業界のスティーブ・ジョブズなんじゃないかと思うほどなんです。iPhoneと連動した製品がほとんどで、iPhoneでコントロールする目覚まし時計などの、生活をエンジョイできるような製品も多いのでぜひ皆さんも応援してあげてほしいなと思うくらいなんですよ。ほかにもプロジェクター搭載可変型ホームロボット「Tipron」や目もくらむ閃光(せんこう)を放つBluetooth搭載スマート・ヨーヨー「7-Magic」、電源・回線・現金不要。誰でも無人販売ができる超小型自動販売機「Qvie」など、商品名や簡単な説明だけでは意味が分からない製品もたくさんあって、ガジェット好きにはめちゃくちゃ興味を引かれるんじゃないかと思いますよ。

製品は海外でも売れているらしく、これからが期待できるオリジナリティーの高いジャパンクオリティの企業としてどんどん活躍してもらいたいなと願っています。

ところで、収録で少しお話ししましたが、iPhoneケース展でタチコマくんのファンナイトをやってみたいですよね。タチコマくんをみんなで育てたいという方もいらっしゃいましたら、ぜひぜひお問い合わせフォームやAppleCLIPのFacebookページにコメントをお願いします。

大塚商会では、iPhoneやiPadをはじめとするApple製品の選び方や価格、活用のご相談なども分かりやすくお答えします。お気軽にご連絡いただければ幸いです。
Apple製品お問い合わせ窓口
03-3514-7870(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせは、以下のリンク先ページのお問い合わせよりご相談ください。

番組視聴はこちらから

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
iPhone Business Network バックナンバー

ナビゲーションメニュー