あえて古いMac miniを購入!

2018年11月23日公開分のiPhone Business Networkの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

ご報告となりますが、先日Mac mini 2014年モデルを買いました。
秋のApple Special Event 2018で新しいMac miniが発表されたばかりなので、「どうして旧型?」と笑われそうなのは分かっているんですけどね。

実は以前にお話ししましたが、新しいOSをインストールしたらMacBook Proがまともに動かなくなったのです。写真のフォルダー構造も崩れてしまったようで、iPhoneと同期できなくなり、それもまたどうしたものかとずっと悩んでいました。AppleのGenius(ジーニアス=専門スタッフ)などいろいろな人と相談をした解決方法がMac mini 2014の購入だったわけなんですね。そしてそのデータを全てMac mini 2014に移してもらったんですよ。

やはり、Mac miniの2014年モデルはお安いです。そして1TBにハードディスクを増強しても大した金額じゃない。これがSSDだったらかなりなお値段になるでしょう。確かにSSDは速いんでしょうけど。

僕はこのハードディスクを使って、写真やビデオ、音楽関連のバックアップに使うつもりです。
そんなことを言っていたら、またゆづちゃんから「え~、iCloudでいいんじゃないですか?」って言われたんだけど、それでもハードディスクでいいんですよ。

ここには家庭の事情がありましてね。家の遅い通信インフラではなるべくクラウドを使いたくないんです。
Google DriveやiCloudなどを2TBくらいで契約してる、なんてすごい人もたくさんいると思いますが、我が家の事情に共感してくれる人もたくさんいると思うんですよね。

そんな皆さんと語り合いたいです。何でも新しければいいというものじゃないし、何でもお金をかければいいというものでもないんじゃないかと。

大塚商会でもさまざまなソリューションをご提案していますが、投資対効果をすごく考えているんです。なるべく導入コストや初期投資が少なく、効果は高い方がいいじゃないですか。

「実践ソリューションフェア2019」ですが、お申し込み受付がスタートしています。
実践ソリューションフェア2019では、僕もあちこちに出掛けて、いろいろなソリューションをご紹介する舞台の演出などを手掛けます。市場の最新動向や具体的なノウハウをご紹介する多彩なセミナーや、デモや事例の紹介を通して、最新のIT製品やソリューションを分かりやすくご説明するステージ、大塚商会をはじめとする多くの優秀なパートナー企業によるビジネスにすぐに役立つ製品やソリューションを、多数展示する各種さまざまな展示も見応え十分です。

実践ソリューションフェアでは、課題解決や新しいビジネスのヒントを見つけることができると思います。
特にセミナーは人気が高くすぐに満席になりますので、お早めにお申し込みいただければと思います。
メインステージは丸山の担当ですので、iBNを聴いていると気軽に声をかけていただければ幸いです。

大塚商会では、iPhoneやiPadをはじめとするApple製品の選び方や価格、活用のご相談なども分かりやすくお答えします。お気軽にご連絡いただければ幸いです。
Apple製品お問い合わせ窓口
03-3514-7870(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせは、以下のリンク先ページのお問い合わせよりご相談ください。

番組視聴はこちらから

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
iPhone Business Network バックナンバー

ナビゲーションメニュー