ポケベル時代に3470

2019年10月11日公開分のiPhone Business Networkの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

何と何と、秋葉原でポケットベル(以下、ポケベル)のお葬式「みんなのポケベル葬」があったんだとか。

お葬式を開いたのは、葬儀社紹介サイト「みんなのお葬式」と東京都葬祭業協同組合。葬儀社の社員はどこにいても常に連絡がつく状態でなければならず、当時ポケベルには大変お世話になったのだとか。それはそうでしょうね。
もちろん、今はスマホであらゆる連絡がつくので、ポケベルの必要性もなくなってしまったんですね。

総務省によると、ポケベルは1980年代に外回りの営業マンなどを中心に利用者が拡大し、1990年代には学生にも普及したそうです。友達や恋人同士の連絡用などに使ったリスナーさんも多いかもしれませんね。1995年度末には加入契約者が1,061万人にも達したらしく、本当に多くの人たちがお世話になっていたわけですね。

1968年に登場して以来、長く愛されたポケベルのサービスでしたが、2019年9月をもって廃止となりました。なおポケベルの電波は、今後は防災情報をラジオで伝える「280MHzデジタル同報無線システム」で利用されるということです。

ポケベルは、今のように携帯電話やスマホが一般的ではなく、あちこちに公衆電話があった時代に出先で会社から呼び出されるときなどに使っていました。会社からのポケベルがビービーと鳴ると、公衆電話を探して会社に折り返し電話をするわけですね。ですから喫茶店などでは会社に電話をする営業マンをよく見かけたものです。それに、モニターに表示される数字4桁で必要事項を伝えることができたので、重宝したものです。後に桁数が増えたり、カタカナでメッセージを表示できるようになったりと進化したものの、僕は4桁時代が懐かしい。

僕が一番使ったのは「0906」。これは遅れるという意味です。中には「8181」なんてガールフレンドからポケベルが届いて、涙した人もいたのでは。「8181」は、バイバイという意味。「3470」はさよならでした。

大塚商会では、iPhoneやiPadをはじめとするApple製品の選び方や価格、活用のご相談なども分かりやすくお答えします。お気軽にご連絡いただければ幸いです。
Apple製品お問い合わせ窓口
03-3514-7870(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせは、以下のリンク先ページのお問い合わせよりご相談ください。

番組視聴はこちらから

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
iPhone Business Network バックナンバー

ナビゲーションメニュー