議事録らくらく

2021年4月9日公開分のiPhone Business Networkの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

iBNでも何度かお話をしていますが、大塚商会ではAIやチャットボットを実際の業務の中で使っているんです。

大塚商会では、お客様にお勧めするものは自ら使ってみて、その経験を踏まえて販売を判断したり、皆さんにそれらのメリットやデメリットを具体的にご案内するようにしているんです。

また、業務の自動化(RPA)などのソリューションもあって、これまで社員がExcelの集計でコピー&ペーストなどでデータをまとめていた作業は、簡単に自動化できるので積極的にRPAを活用しています。

そんな新しいサービスの中でも特に進化を感じるのが、音声のテキスト化。
例えば、お客様からの電話でのお問い合わせをテキストに変換し、その質問に対しての解答をAIで見つけてご対応させていただくことも行っています。

また、会議の音声を自動的に議事録にしてくれるサービス「AI GIJIROKU(エーアイ・ギジロク)」がまた秀逸なんですよ。

このサービスのすごいところは、話している人の声紋をAIが判断して、発言した人の名前もちゃんと記載される点。しかも、この精度の高さたるや驚異的なんですよ。AIだから、自動学習を繰り返してどんどん精度が高まっているんですよね。

この「AI GIJIROKU」は、AI音声認識技術を活用して、簡単にミーティングの文字起こしができるほか、35カ国に対応して外国語の発話のテキスト化や同時翻訳も可能なソフトウェアです。リアルタイム翻訳を搭載していますので、外国人メンバーとの会話も格段にスムーズになります。もちろん、オンラインミーティングでも利用できるんです。

つまり「議事録の自動化」なんですが、皆さんとても注目されているようなんですよね。

今は、ボイスレコーダーで会議の録音を残してそれを書き起こしているわけですから、その必要がなくて、しかもすぐに議事録を共有できるというのは便利ですよね。こうして、ルーティンワークをAIが助けてくれるおかげで人がもっとクリエイティブな仕事に専念できるというわけですね。

しかもこの料金が10クライアントで月額2万円なのだとか。
激安ですよね。十人で使えば、一人2千円なんですよね。

先日このサービスを取材に来られたテレビ局のクルーも、取材が終わって見積りが欲しいというのです。取材から帰ってからの文字起こし作業が大変なのでそこに使いたいのだとか。

なかなか便利なサービスだと思いますので、ぜひご利用ください。

AI GIJIROKU(AI議事録)(大塚商会)

このほかにもテキストを入力するだけで自然なナレーション制作を作成してくれる「ボイスソムリエ ネオ」などのサービスもあります。
気になった方は「iBNで聞いたよ」と、お気軽にお問い合わせくださいね。

音声サンプル「ボイスソムリエ ネオ」製品紹介動画(大塚商会)

大塚商会では、iPhoneやiPadをはじめとするApple製品の選び方や価格、活用のご相談なども分かりやすくお答えします。お気軽にご連絡いただければ幸いです。
Apple製品お問い合わせ窓口
03-3514-7870(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせは、以下のリンク先ページのお問い合わせよりご相談ください。

番組視聴はこちらから

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
iPhone Business Network バックナンバー

ナビゲーションメニュー