茨城県立竜ヶ崎第二高等学校 髙山 雅子

2017年8月18日公開分のTeacher's CLIPの番組サマリーをお届けします。

番組サマリー

地域とのつながりに力を入れる竜ヶ崎第二高等学校

竜ヶ崎第二高等学校は、もともとは女子高だった学校で、茨城県龍ケ崎市にある創立100周年を超える伝統校です。普通科、商業科、家庭科を専門とする人間文化科の三つの科からなり、地域とのつながりを大切にした取り組みに力を入れています。

ICT環境としては、40台のPCが常設されたパソコン教室が3部屋、各ホームルーム教室にもノートパソコンが1台ずつあります。それらは全て有線LANでつながれていて、県の教育用ネットワークに接続することができます。また2017年9月からは、新たに無線LANと40台の授業用タブレット端末が配備される予定です。

ICTを活用した新しいスタイルの学びに取り組みはじめたきっかけ

教員を続けてくる中で、「このままでいいのか」と立ち止まり自問自答した時期がありました。大学生のときに言われた「情報といえばお前だと頼られる人間になれ」というゼミの教授の言葉を思い出し、そうなれていない自分に気づいたのです。そして心底変わりたいと思ったのが新たな取り組みを始めたきっかけでした。

その当時、廃棄前のパソコンが学校に山ほどあって、学校内の情報もバラバラでどこに何があるのか分からない状況でした。そうした中、学校のホームページに使っていた「NetCommons」を通じてオープンソースの世界を知ったのです。「これでいける」と頭の中で全てがつながるような感覚を得たことを覚えています。

そして本当に必要だと思ったことに取り組んでいきました。一歩ずつ前に進んでいくと、そこには必ずといっていいほどの出会いがあったのです。いってみれば運命の出会いですね。気がつけばたくさんの手が差し伸べられ、どんどんとつながりが広がっていきました。

ICTを活用することで生まれる「学校」という枠を超えた学び

いま一番力を入れているのは、生徒の主体的な学びにつながる取り組みです。地域とつながる場づくりを目標にしたフューチャーセンター、Minecraftを使ったまちづくりを題材にした共同学習、ピッケの絵本、ビスケットやスクラッチ、Monacaなど、多種多様なソフトを使って活動することによって、生徒たちの主体的な学びにつながっています。

小中学生を対象としたプログラミング体験会の様子

いばらきコンテンツコレクション展示ブースでのMinecraft体験展示

また、ICTを利用して情報を発信し、それが社会から認められることによって、生徒たちの自信にもつながります。フューチャーセンターの件で生徒たちが新聞社からの取材を受けたとき、「私はこれまで自分の意見を言う機会もなかったし、言っても誰も聞いてくれないと思っていました。アイデアを聞いてもらえることが、こんなにもうれしいことなのだと知ることができました。これからもっともっとこの活動を進めていきたいです」とある生徒が語ってくれました。

自分から情報を発信することで社会から認められ、必要とされていることを実感できる学び。それこそが学校という枠を超えて得られる学びだと思います。ICTという道具を使うことによって、生徒の明日の自信につなげることが、より多様な方法で実現できるのではないでしょうか。

ICT活用の輪を広げていくうえで大切なこと

まずはごく身近なところ、例えば職員室でさりげなく“デモって”みることをおすすめします。すると少し興味のある先生たちが「どれどれ」と寄ってきてくれます。それができたら、プログラミング教室を学校で開くなどして、今度は職員だけでなく保護者と子供たちにデモ、続いては小学校に行ってデモ、というようにだんだんと範囲を広げていきます。“デモる”ことで、周囲にICT活用が広がっていくはずです。

また、ノックできる扉はたたいてみることが大切です。興味の湧く場所にどんどん足を運んで人とつながると、世界が広がり思いがけない協力の手がすっと伸びてきます。たとえ人と違うと否定されてもくじけないことも大事です。自分のありたい未来を思い描いて、その未来が実現されると信じ抜き進み続けること。生徒たちや同じ思いを共感してくれる仲間と一緒なら、たとえ目の前にない道でも作っていけると思います。

番組視聴はこちらから

GUEST PROFILE

髙山 雅子(たかやま まさこ)

茨城県立竜ヶ崎第二高等学校

2014年、茨城県教育研修センター長期研修に参加し、「NetCommons」を活用したグループウェアでの教職員間における情報共有を研究。生徒主体のプログラミング教室活動、地域活性化のためのアプリ開発、Minecraftによるまちづくりプロジェクト、高校生フューチャーセンターの開設など、ICTを活用した新しいスタイルの学びの実現に取り組む。2016年度マイクロソフト認定教育イノベーター。

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

バックナンバー

過去のバックナンバー一覧
Teacher's CLIP バックナンバー