ここから本文です。

個別指導で3次元CADのオペレーションを修得。製造現場と顧客への正確な設計情報伝達で生産性とCSが向上、継続的な受注につなげる

有限会社アイエス産業 導入事例

2012年10月取材

独創的な舞台装置や体験学習設備を設計・製作する有限会社アイエス産業。大塚商会の個別指導を活用し、3次元CADのフレーム設計機能「フレームジェネレータ」の操作を修得。生産性や顧客満足度の向上に大きな成果を上げている。

業種 製造業 従業員数 1~100名
キーワード [3次元CAD] [フレーム設計] [CAD教育]

導入前の課題

  • フレーム設計に最適な3次元CADの活用

解決策

○ 3次元CADのフレーム設計機能と個別指導サービスの有効活用

システム導入:

導入による効果

  • 製造部門や取引先とのコミュニケーションが円滑化
  • 生産性が2倍にアップ
  • 顧客満足度の向上で継続的な受注に結びつく
  • CAD/CAM連携で製造工程の作業効率がアップ

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

有限会社アイエス産業 導入事例(PDF) [1,880KB]

有限会社アイエス産業
有限会社アイエス産業 概要
業種
舞台装置製作業
事業内容
コンサート・イベント装置の設計・製作、各種文化施設の体験学習設備の製作、スクリューコンベアの製造・販売、工場などの省力機械の設計・製作・板金・製缶
従業員数
13名
ホームページ
http://www.aiesu.jp/

華やかなコンサートやイベントを、舞台裏で支えている

導入事例 ダイジェスト (詳細はPDFをご覧ください)

背景
独創的な舞台装置などを数多く手がけるものづくりのプロ

大阪市に本社を構える有限会社アイエス産業は、著名なアーティストのコンサートツアーに欠かせない、舞台装置を長年設計・製作してきたユニークなものづくり企業だ。舞台下から人が勢いよく飛び出す「ポップアップリフト」など日本で初めて実用化したものも数多い。その卓越した技術力と発想力を活かし、子供たちが遊びながら科学の知識が得られる体験学習設備や、架台や角パイプ階段などの工場設備の設計・製作も手がけている。

経緯
フレームジェネレータで3次元設計にあらためてチャンレジ

同社は、MS-DOSの時代から2次元CADを利用している、CAD導入に積極的なユーザである。3次元CAD/CAMについても17年ほど前に導入した。しかし操作方法が非常に複雑で、さらに有効な学習機会も得られなかったため、ほとんど使えない状態が続いていた。その後、複合機などの購入で取引のあった大塚商会から、3次元CAD『Autodesk Inventor』と板金用に特化した3次元CAD/CAM『MetaCAM』を導入。さらに2010年、同社のものづくりに適したフレーム設計機能「フレームジェネレータ」を備える『Autodesk Inventor 2010』に移行し、3次元設計にあらためてチャレンジする。

フレームジェネレータで、顧客にも製造現場にも伝わりやすい図面を作成している

ポイント
マンツーマンの指導でフレーム設計の実践方法を修得

3次元設計に本格的に取り組むにあたり、複数のCADスクールを受講したが、どこも判を押したように同じ公式認定マニュアルをベースにした研修内容だった。そのため同社が主に行うフレーム設計に適用できず、実案件で設計するまでにはいたらなかった。どうにもならない状態だったが、大塚商会に相談し、『Autodesk Inventor』に精通したエンジニアの個別指導を受けることで状況が一変する。約1年間にわたり、実務に即した指導を受けた結果、「フレームジェネレータ」を自在に使いこなすようになった。

導入効果と今後の展開
設計意図を正確に伝えるアイソメ図によって生産性が2倍にアップ

『Autodesk Inventor』を使い、3次元の形状を把握するためのイラスト図(アイソメ図)を容易に作成できるようになった。すると製造部門のスタッフに完成イメージが正確に伝わるようになり、製造ミスや手戻りが大幅に減少。納期も短縮できるようになり、生産性は以前よりも2倍もアップした。また誰が見ても一目で形状が把握できるアイソメ図により、取引先との意思疎通も円滑になり、継続的な受注に結びついている。今後は、全社員が『Autodesk Inventor』を活用できるよう作成したオリジナルのマニュアルを利用し、3次元CADのさらなる活用に取り組んでいく。

公開されているオリジナルのマニュアル。徹底して初心者の目線で書かれており、分かりやすい

お客様の声をご紹介

代表取締役 生山 陽一氏

「業界内で3次元CADを活用しているところはほとんどないので、他社よりも5年くらい先を進んでいるとよく言われます。当社だけではなく、仕事を発注してくださるお客様も3次元設計を行うようになれば、仕事がさらにやりやすくなるでしょうね」

CAD担当 生山 明子氏

「大塚商会さんの個別指導とリモートサポートのおかげで、『Autodesk Inventor』のフレームジェネレータを使いこなせるようになったのです。オリジナルのマニュアルには、そのノウハウがびっしり詰まっています」

大塚商会担当者からのコメント

「フレームジェネレータを有効活用されている国内屈指の好事例です」

3次元のフレーム設計を容易に実現する『Autodesk Inventor』の「フレームジェネレータ」を日本で1、2を争うくらい上手に活用されている好事例です。今回、3次元CADの個別指導やリモートサポートなどを通じて、そのお手伝いができたことは大きな喜びです。

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

印刷して、上司への説明に。 印刷して、稟議書に添付して。 印刷して会議資料に。

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

有限会社アイエス産業 導入事例(PDF) [1,880KB]

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ


この導入事例で使われた製品・システム

2012年10月取材

(注)本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

この事例を見た方が、見ている事例

オフィスをITで強くするヒントを紹介「いまどきのIT活用」

ここまで本文です。

ページID:00003519