オフィスのIT全般の導入について、分かりやすくお答えします。

発注状況の透明性を確保。クラウドサービスの利用で早期稼働を実現

青山学院大学 導入事例

2015年10月取材

学校101~1,000名クラウド営業・業務プロセス効率化

青山学院大学では、文部科学省による「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」の見直しに対応するため、調達・購買業務支援サービス『たのめーるプラス』を短期間で導入。20万円未満の現場発注が認められる購買に活用することで、発注状況の把握を可能にするほか、支払い漏れなどのトラブルの削減も実現している。

IT商材、ソリューション導入フロー

  1. 導入前の課題

    • 文部科学省が発表した新ガイドラインに対応したい
    • 現場発注状況の把握を実現したい
  2. ご提案内容

    調達・購買業務支援サービス『たのめーるプラス』を20万円未満の現場発注が認められる購買に活用することで発注状況を把握

  3. 導入効果、改善内容

    • 現場発注状況の透明化を促進
    • 支払い漏れなどのトラブルを削減
    • 一部の事務作業を効率化

導入いただいたIT商材、ソリューション

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています。(無料)

この事例の詳しい内容

青山学院大学 導入事例(PDF:873KB)

お客様の声をご紹介

庶務部 施設課 課長 菊地 大介氏

「青山キャンパスではシステムに不慣れなスタッフが多かったのですが、大塚商会さんに丁寧に説明していただけたので、とても助かりました」

相模原事務部 庶務課 施設担当 三條 久美子氏

「大塚商会さんに万全にサポートしていただけたことは本当に素晴らしかったと思います。システム利用拡大に向けてこれからも期待します」

相模原事務部 庶務課 施設担当 宮川 令氏

「非常にタイトなスケジュールだったのですが、大塚商会さんから的確な提案とアドバイスをいただけたので、スムーズに作業を進めることができました」

大塚商会担当者からのコメント

『たのめーるプラス』を短期間で導入

青山学院大学様の多大なご尽力により、調達・購買業務支援サービス『たのめーるプラス』を短期間で導入いただくことができました。今後も万全にサポートしていきたいと思います。

青山学院大学

導入先の概要

業種
教育
事業内容
文学部、教育人間科学部、経済学部、法学部、経営学部、国際政治経済学部、総合文化政策学部、理工学部、社会情報学部、地球社会共生学部、大学院ほか
教職員数
910名(2016年5月1日現在)
ホームページ
http://www.aoyama.ac.jp/

この導入先の少し詳しい説明

クラウドを介して必要な資材・用具をスムーズに発注できる

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています。(無料)

  • 印刷して、上司への説明に。
  • 印刷して、稟議書に添付して。
  • 印刷して会議資料に。

この事例の詳しい内容

青山学院大学 導入事例(PDF:873KB)

  • * 本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

大塚商会は、オフィスIT全般について、幅広く対応します

大塚商会は、お客様のビジネスチャンスの獲得やコスト削減・生産性向上・競争力強化といった課題や要望に対するソリューションをワンストップでご提供しています。
また、販売したコンピューター・サーバー・通信機器・複合機などのあらゆるオフィス機器、ネットワーク設備、ソフトウェアの保守サービスを、当社が行う「自営保守」の原則があります。そして、多くのスタッフや専用回線を持つたよれーるコンタクトセンター、全国に展開するサポート拠点、社内に数多く在籍する公的資格・メーカー認定資格者が、お客様を強力にサポートしています。

大塚商会の企業情報

大塚商会のサポートは、さまざまなメーカー・機器にも対応!

お客様のお手間を取らせず、一つの窓口でいつでも対応します。