ここから本文です。

基幹システムからLED照明まで、オフィス機器のベンダーを一本化しコスト削減。最新鋭のBEMS導入で節電にも成功

朝田金属工業株式会社 導入事例

2014年5月取材

朝田金属工業株式会社は、深絞りプレス加工を手がける金属プレス加工会社。1928年の創業以来、培われてきたその技術力は、業界内でも高く評価されている。同社はコスト削減の一環としてBEMSを導入。デマンド値と使用電力の双方を特別な手間なく確実に抑制することに成功した。

業種 製造業 従業員数 1~100名
キーワード [BEMS][テレビ会議][デマンド][プレス加工][LED]

導入前の課題

  • 電気料金値上げへの対応
  • 出張コストの抑制

解決策

○自動制御のエネルギー管理システムと、テレビ会議システムの導入

システム導入:

導入による効果

  • 基本料金を左右するデマンド値の確実な抑制
  • 無理のない使用電力量の削減
  • 拠点間のコミュニケーション促進

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

朝田金属工業株式会社 導入事例(PDF) [1,648KB]

朝田金属工業株式会社
朝田金属工業株式会社 概要
業種
製造業
事業内容
プレス加工による金属製品の製造、加工および販売
従業員数
60名(2014年5月現在)
ホームページ
http://www.asada-kinzoku.com/

極めて高度な技術を必要とする深絞りプレス加工の技術を持つ同社は、金属プレス加工技能士の資格検定審査員を輩出している

導入事例 ダイジェスト (詳細はPDFをご覧ください)

背景
“深絞り”でものづくりを支えるプレス加工の老舗企業

朝田金属工業株式会社は、1928年に大阪で創業した老舗の金属プレス企業だ。創業以来、深絞りプレス加工を手がけてきた同社の技術力に対する評価は、業界内でも極めて高い。現在、現場作業者は全員が金属プレス加工技能士の資格を持っており、その半数が1級を取得している。また、プレス加工を支える金型技術として、1級金型製作技能士と金型設計士も在籍している。主要な取引先は、家電メーカーおよび自動車部品メーカー。
深絞りプレス加工によって日本のものづくりを支えてきた同社は、その技術にさらに磨きをかけることで未来を切り開いていく考えだ。

『Energy Eyes』は高圧電源装置に設置され、使用電力の監視および自動制御を行っている

経緯
評価したのは提案力とワンストップの対応力だった

同社が大塚商会との取引を開始したのは今から30年ほど前にさかのぼる。コピー機から始まった取引は、ビジネスフォンの導入、生産管理システム、基幹業務システム構築、テレビ会議システム導入など、年々拡大を続けている。
その理由は、ワンストップの対応力と“提案力”の高さだ。同社は2013年6月、BEMSを導入することで、電気料金を引き下げることに成功しているが、それも大塚商会の提案から始まったという。

ポイント
空調機器の自動制御によって手間なく確実な節電を実現

節電ソリューションに関する大塚商会からの提案は、東日本大震災後の電気料金値上げと共に始まった。同社工場では、作業者に対しダクトによるスポット的に冷風を送ることで、ある程度効率的な冷房を実現している。それでも夏場のデマンドは一気に高まるのが現実だった。こうした中、新たに提案を受けたのは、あらかじめ設定したデマンドに近づくと空調機器を自動制御する機能を備えるエネルギー管理システム『Energy Eyes』だった。この最新鋭のシステムは、エアコン室外機を間欠運転させる機能もあり、電力量料金も引き下げることが可能だ。もっとも高く評価したのは、現場スタッフの手間を増やすことなく、電気料金が抑制できるというメリットだった。

テレビ会議システムは常時接続され、呼びかければいつでも各拠点とコミュニケーションが図れる

導入効果と今後の展開
テレビ会議システムによって拠点間コミュニケーションを深化

同社では『Energy Eyes』に先行して、工場照明のLED化も実施している。また、テレビ会議システム『Polycom』を拠点間コミュニケーションにフル活用する点も同社の特長の一つだ。9年ほど前、テレビ会議システムを導入した際、その第一の目的は出張コストの削減だった。その後、本社・安来工場間の行き違いが課題となった際、その解決のために同社が選んだのはテレビ会議システムのさらなる活用だった。同社は大塚商会に依頼し、常時接続されている状態にシステムを再設定。現在、テレビ会議システムは本社、安来工場および中国提携工場を結び、大きな成果をあげている。ものづくりの復権に向け、大塚商会への同社の期待はさらに高まりつつある。

わずか2、3年で移行コストを回収できることを知り、水銀灯をLEDに交換した工場内の様子

お客様の声をご紹介

代表取締役社長 朝田 武志氏

「節電のために空調の設定温度を上げたり、現場スタッフの負担を増やしたりするようなことは避けたいと考えていました。現在のシステムは全く意識することなく、確実に成果があげられるので助かっています」

大塚商会担当者からのコメント

「必要に応じた、無理のないご提案を心がけています」

30年という長いお付き合いのなか、いつも社長様からご相談いただくと、必要に応じた無理のないご提案をするように心がけています。今後もITを通じてサポートしていきます。

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

印刷して、上司への説明に。 印刷して、稟議書に添付して。 印刷して会議資料に。

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

朝田金属工業株式会社 導入事例(PDF) [1,648KB]

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ


この導入事例で使われた製品・システム

2014年5月取材

(注)本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

関連記事

この事例を見た方が、見ている事例

オフィスをITで強くするヒントを紹介「いまどきのIT活用」

ここまで本文です。

ページID:00061064