ここから本文です。

クラウドで変化に即応するシステムへ。ネット接続と基幹系端末を集約し業務の大幅な効率化を実現

株式会社千代田セレモニー セレス高田馬場 導入事例

2014年2月取材

都市化、核家族化、晩婚化、少子高齢化などは、冠婚葬祭のあり方にも大きな影響を与えている。これら時代の変遷に対応し、顧客から選ばれ続けてきたのが株式会社千代田セレモニー セレス高田馬場だ。同社ではネット接続と基幹系端末を集約し、大幅な業務の効率化を実現した。

業種 サービス業 従業員数 101~1,000名
キーワード [クラウド][クローズド網][リモートバックアップ][ハウジング][VMware]

導入前の課題

  • サーバーサポート切れへの対応
  • 環境の変化に強いシステムの実現
  • 高度なセキュリティの確保

導入による効果

  • ネット接続端末と基幹系端末の集約による業務の効率化
  • 冗長化構成によるシステム可用性の確保
  • 運用管理からの開放と本業への注力

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

株式会社千代田セレモニー セレス高田馬場 導入事例(PDF) [2,272KB]

株式会社千代田セレモニー セレス高田馬場
株式会社千代田セレモニー セレス高田馬場 概要
業種
ブライダル事業
事業内容
ウエディング会場の経営・運営、挙式、ブライダルコンサルティング、パーティ-、プロポーズプランなど
従業員数
1,000名(グループ全体 2013年12月現在)
ホームページ
http://www.celes-takadanobaba.com/

ヨーロピアンテイストを基調とし、プラネタリウムによる挙式演出など、同業他社との差別化に成功しているセレス高田馬場

導入事例 ダイジェスト (詳細はPDFをご覧ください)

背景
「満足を超えた感動」時代のニーズに応え事業を拡大

株式会社千代田セレモニーは、首都圏を中心に事業展開し冠婚葬祭事業を拡大。ブライダル事業は高田馬場から始まり、相模原、甲府へと展開している。同社では、満足は当たり前として「満足を超えた感動」をグループ全体のコンセプトに事業を継続している。
セレス高田馬場の壮麗な聖堂で執り行われる「ルネッサンスウエディング」は、中世の教会をそのまま再現したヨーロピアンテイストで、ブラウンの壁面を背景にしたプラネタリウムの演出や、チャペルと披露宴会場が同じ建物内にあり、天候の悪い日でもスムーズに移動できることなどが、お客様に支持されている理由だ。

経緯
基幹システムのインフラをクラウドに移行。信頼性を重視して大塚商会を採用

セレス高田馬場では2012年9月、見積りや精算、顧客管理など複数の業務システムのサーバーを、大塚商会の提供する『たよれーる マネージドネットワークサービス 2UハウジングVMwareゲストOSレンタル』へ移行した。初期投資を最小限に抑えながら、冗長化構成により可用性を確保できるのが特徴だ。また、サーバーリモートバックアップオプションを利用し、遠隔地のデータセンターへバックアップすることで、万一のトラブルや災害の対策をとっている。外部のデータセンターに顧客データを保管するのは正直不安があったが、厳重なセキュリティの確保などの信頼性を重視した結果、大塚商会であれば問題ないと判断した。

ポイント
ネット接続と基幹系端末を集約し、業務を大幅に効率化

今回、クラウド上のサーバーへのアクセス回線として『たよれーる どこでもコネクトライン:クローズド網タイプ』も採用した。物理的な閉域網を介してデータセンターにアクセスできるため、高いセキュリティレベルを確保でき、データセンターのゲートウェイを介してインターネットにもアクセスが可能。社内にインターネット接続のためのファイアウォールなどの設備も、運用管理の手間も不要になった。
クラウド上にある業務システムの顧客情報と、インターネットから探し出した情報を組み合わせて打ち合わせ資料を作成したり、業務システム上の見積書を確認しながら顧客にメールを送信したりできるようになった。

導入効果と今後の展開
システム刷新の次のステップへ。顧客分析で集客力を拡大

次のシステム刷新で最も重視しているのが顧客分析だ。現在の顧客データの分析作業はExcelで行っているが、今後は自在にシステムからダウンロードできるようにしていく。
また、問い合わせは、かつては電話が中心であったが、現在では8割近くがホームページ経由で、ブライダル部門だけに限らず、同じ傾向が葬儀部門でも発生しているという。こうした需要が今後さらに増加していくと予想されるため、ホームページの充実は欠かせない状況だ。グループコンセプトである「満足を超えた感動」を提供するためにも、顧客分析による集客力強化など、企業の生き残りを賭けた戦略に大塚商会のクラウドサービスが期待されている。

お客様の声をご紹介

株式会社千代田セレモニー 常務取締役 市川 光弘氏

「結婚式の数も規模も縮小傾向にあります。葬儀もひっそりとしたものを希望するお客様が増えました。このような時代にどのように対応していくか、皆で事例を研究し、知恵を出し合っています。事例や顧客データの分析に新システムを活用していきたいです」

セレス高田馬場 法人営業 主任 佐々木 徹氏

「冗長化構成のサーバー、自動バックアップオプションにより、信頼性の高いシステムインフラを構築できました。クラウドですから規模の増減も必要に応じてタイムリーに調整でき、今後の当社のビジネス展開に柔軟に対応できると思います」

大塚商会担当者からのコメント

「システムやネットワークの問題解決を全面的にお手伝いします」

セレス高田馬場様は、今回のクラウド型サーバーとクローズド網の導入により、インフラが整い業務の効率化を獲得されました。これからも、あらゆるビジネスソリューションを提案できる総合ベンダーとして、全面的に支援していきます。

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

印刷して、上司への説明に。 印刷して、稟議書に添付して。 印刷して会議資料に。

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

株式会社千代田セレモニー セレス高田馬場 導入事例(PDF) [2,272KB]

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

(注)本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

関連記事

この事例を見た方が、見ている事例

オフィスをITで強くするヒントを紹介「いまどきのIT活用」

ここまで本文です。

ページID:00117605