ここから本文です。

BIMを活用して自社の支店を最先端のエコオフィスに建て替え。建材メーカーとの連携が成功の要

大和ハウス工業株式会社 導入事例

2013年6月取材

大和ハウス工業株式会社は、BIMの実践的な活用に向けた取り組みの一環として、岐阜支店の建て替えにおいてBIMモデルの一貫的な活用を行った。建材メーカーとBIMを連携させることでより完成度の高いBIMモデル作りが可能になるなど、大きな成果を得た。

業種 建設業 従業員数 1,001名~
キーワード [BIM連携][3次元CAD][干渉チェック][エコオフィス]

導入前の課題

  • 設計から施工、メンテナンスまで、建物のライフサイクルを見据えたBIM活用

解決策

○ メーカーとBIMを連携させ、より完成度の高いBIMモデルを構築

システム導入:

導入による効果

  • 着工前の打ち合わせで、干渉チェックによる納まりの問題点を見える化
  • モデル上で事前に通気や採光などの解析を実施
  • 建物の仕上がりイメージを顧客と共有
  • 建材メーカーとの連携で、施工モデルの精度が格段に向上

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

大和ハウス工業株式会社 導入事例(PDF) [1,875KB]

大和ハウス工業株式会社
大和ハウス工業株式会社 概要
業種
住宅メーカー
事業内容
戸建住宅・分譲マンション・賃貸住宅等の企画・設計・施工・販売、商業施設・物流施設・医療介護施設・法人施設の企画・設計・施工・リフォームなど
従業員数
1万3,623名(2013年4月現在)
ホームページ
http://www.daiwahouse.co.jp/

環境配慮型オフィスのモデルでもある岐阜支店の新オフィスは、“環境負荷ゼロ”を目指したさまざまな工夫が施されている

導入事例 ダイジェスト (詳細はPDFをご覧ください)

背景
国内トップの住宅メーカーの支店ビルを、最先端のエコオフィスに建て替え

売上高で国内トップを独走する住宅メーカー、大和ハウス工業株式会社。同社は1955年に「建築の工業化」を企業理念に創業して以来、半世紀以上にわたって住宅・分譲マンション・賃貸住宅・商業施設・一般建築物などの企画・設計・施工・販売に取り組んできた。環境にやさしいスマートハウスやスマートタウンの分野でも、大和ハウス工業は業界を大きくリードしている。
その優れたコンセプトや卓越した技術を示すモデルとして、同社は2012年秋、岐阜支店の建物を環境配慮型オフィス「D’s SMART OFFICE」に建て替えた。

3次元モデルをもとにした換気解析

経緯
企画設計から施工まですべての段階でBIMモデルの活用を検証

建築設計の3次元化やBIMの先進的な活用にも積極的に取り組んできた大和ハウス工業株式会社は、大塚商会を通じて、最新鋭のBIM用建築設計ソフト『Autodesk Building Design Suite』を導入。BIMの活用を進めるプロジェクトを推進している。今回の岐阜支店の建て替えもその一つで、プロジェクトを通してBIMモデルの活用が企画~実施~施工においてどのような可能性を持つのか検証を行った。
各段階でBIMを活用し、さまざまな知見を得た。特に、今回大きなポイントとなったのは、建材メーカーとBIM連携を行ったことだった。

自然光と外気を採り入れる吹き抜け。三協立山とのBIM連携で、より正確なモデルの作成が可能になった

ポイント
メーカーからのデータ提供でモデルの精度がアップ

同社は、かねてからBIMに取り組んできた大手建材メーカー三協立山株式会社と連携。アルミサッシやカーテンウォールなどのファミリ(部品)のBIMモデルについて提供を受けた。これらはサッシ性能などの属性情報も入力されており、さまざまな情報を得ることができる。これにより、大和ハウス工業の設計者は、より完成度の高いBIMモデルを構築することが可能となった。
一方の三協立山株式会社にとっても、実施モデル作りに携わり、大和ハウス工業の設計者たちと意見を交わした経験は、大きな収穫となった。

3次元モデルでは、什器を置いた場合のシミュレーションや、壁・床を透過させた表現も自在

導入効果と今後の展開
メーカーとのBIM連携で確かな成果。施工段階でのさらなる活用を目指す

今回のプロジェクトを通して、大和ハウス工業株式会社は、建材メーカーとのBIM連携が必要であることを再認識した。今後もBIMの可能性を徹底的に追求していく方針で、続くBIMプロジェクトを計画している。

太陽追尾型採光装置により、自然光を最大限に採り入れることができる

お客様の声をご紹介

技術本部 企画開発部 企画デザイングループ 担当次長 伊藤 久晴氏

「BIMのメリットは、建築物を構成する複雑な部材や建材をモデリングによって一つ一つ丹念に検討できること。その意味では、三協立山様のようなメーカー側とBIMの連携を行うことは不可欠だと言えます」

岐阜支店 建築設計課 課長 折戸 秀憲氏

「設計の段階で、施工を見据えながらプラン作りやモデル作りができるのがBIMの大きなメリットだと思います。設計の品質を高めるためにも、もっと活用していきたいですね」

岐阜支店 建築設計課 主任 長谷川 文彦氏

「風の流れや日照についても3次元モデルをもとに解析をしました。BIMの活用によって、今後、気流の環境解析などの環境負荷低減策を打ち出せる可能性が高まるのではないでしょうか」

三協立山株式会社 三協アルミ社 事業統括部 統括部長付 金瀬 栄義氏

「今回のプロジェクトのように、私たちメーカーも設計から施工まで一気通貫で関与することで、BIMとしてのあるべき姿に近づけるのではないでしょうか」

大塚商会担当者からのコメント

「より使いやすいシステムへの改良に向けて努力します」

大和ハウス工業株式会社様からは、作業負荷がもっと軽減されるようにシステムの改良を図ってほしいというご要望を頂いています。メーカーとも密接に連携しながら、ご期待に添えるように努力します。

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

印刷して、上司への説明に。 印刷して、稟議書に添付して。 印刷して会議資料に。

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

大和ハウス工業株式会社 導入事例(PDF) [1,875KB]

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ


この導入事例で使われた製品・システム

2013年6月取材

(注)本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

関連記事

この事例を見た方が、見ている事例

オフィスをITで強くするヒントを紹介「いまどきのIT活用」

ここまで本文です。

ページID:00022484