オフィスのIT全般の導入について、分かりやすくお答えします。

物流ソリューション企業が販売・会計システム連携で業務を省力化。オリジナル帳票の活用で営業分析を強化

福見産業株式会社 導入事例

2017年11月取材

卸売・小売業、飲食店1~100名ERP・基幹業務・業務管理セキュリティサーバー活用営業・業務プロセス効率化業務データの活用機密漏えい・外部侵入対策

包装資材・物流機器の販売ならびに保守・レンタルを行う福見産業株式会社は、出版流通分野の中軸として、主に梱包という側面から物流を支えてきたソリューション企業だ。物流ラインの提案から設置、メンテナンス、梱包資材の納品までワンストップで対応する同社は、営業担当のデスクワークや受注業務の効率化が大きな課題になっていた。データベースに蓄積された情報を自由に集計できる『SMILE BS2』の自由帳票作成機能や販売・会計連携機能は業務の省力化に大きく貢献している。

福見産業株式会社

導入先の概要

業種
包装用品卸
事業内容
物流包装機器、システムの企画、開発、販売
従業員数
50名(2017年11月現在)
ホームページ
http://www.fukumi.com/

お客様の声をご紹介

常務取締役 営業技術部部長 久保 正治氏

「大塚商会さんとの取引はPC黎明期のワープロソフトまでさかのぼりますが、今日ではソフトだけでなくハードやネットワーク環境までワンストップで対応してもらえるためとても助かっています」

営業開発部 部長 池田 雅之氏

「当社の東京・八重洲ショールームは、物流を変える可能性を秘めるRFID製品に触れることができる世界初のショールームです。お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りいただきたいと思います」

大塚商会担当者からのコメント

「オフィスの効率化をしっかりと支援します」

福見産業株式会社様は、長年にわたり大塚商会をご利用いただき、基幹システムやセキュリティなどさまざまなIT管理ソリューションをご活用いただいています。今後もオフィスの効率化をしっかりと支援します。

この事例を印刷、保存しますか?(無料)*内容は同じです

整形ずみPDFを入手

福見産業株式会社 導入事例(PDF:1,178KB)

導入事例詳細

出版流通の進化と共に最適な物流システムで業容を拡大

包装ソリューション事業を通し、顧客が抱える課題を共に解決する顧客第一主義を掲げる

福見産業株式会社(以下、福見産業)は、梱包という観点から物流に貢献するソリューション企業だ。創業は1948年で、縄・筵(むしろ)・叺(かます)など当時一般的だった梱包資材を、出版取り次ぎ各社に納入したことから始まり、一貫して「包む」を中軸として事業を展開してきた。現在も、出版社と全国の書店を結ぶ出版取次会社は同社の主要な顧客になっている。
同社の特長は、包装機、梱包機の販売や、機械のメンテナンスを請け負うだけでなく、梱包、結束、重量検品に関する装置やその前後のベルトコンベアを含む、一連の仕組みをコーディネーションし、提案する点にある。1990年代には、出版取り次ぎ大手と協力してMALS(雑誌自動整品ラインシステム)を開発。書店やコンビニエンスストアからの注文データに基づき、雑誌を自動的に梱包する同システムは、雑誌流通の効率化に大きな役割を果たしている。そのほか、各雑誌の重量をあらかじめ登録しておき、梱包後の箱の重量を計測することで各誌が注文書通りに梱包されていることを確認する重量検品システムなどを含む物流ラインを出版取り次ぎ各社に提案し、その納品、メンテナンスまでを手がけることが同社の主要業務になっている。
同社の梱包技術は新聞の物流でも生かされている。新聞は印刷工場から出荷した時点ではむき出しのまま結束されている。だが、この状態では、雨の日には新聞がぬれてしまう。そのため、雨の日の印刷工場から販売店への輸送時には同社の梱包装置を使った包装が行われている。
同社の梱包ノウハウは通販市場の世界でも生かされている。1、2冊の書籍を注文したときに使われる、クラフト紙と緩衝材を組み合わせたクラフトエアキャップ包装はその一例だ。冊数が多くなるとダンボール箱が利用されるが、フィルムで物品を覆うシュリンクパックを行ったうえで接着剤を使ってダンボール箱に固定する技術が同社のソリューションだ。また通販の場合、最終的に宅配便会社のフォーマットに基づく宛先印字が必要になるが、梱包後は中身が確認できないため、誤配送の可能性が生じる。この課題に対応するため、梱包を終えた時点で発行した仮ラベルをダンボール箱に貼り、その仮ラベルと照合して送品ラベルを張るという仕組みが普及している。こうしたソリューションを大手通販サイトなどに、宛先印字まで含めた梱包ラインを提案し、提供しているという。

「手作業を前提としたラインは、必ずなんらかの間違いが生じます。オートメーション化のメリットは、こうした間違いを減らすことが可能になる点にあります。当社としては今後も、物流業務の効率化に積極的に取り組んでいきたいと考えています」と営業開発部 部長の池田 雅之氏は語る。
梱包ラインの提案、設置、メンテナンスに加え、同社は梱包機器のレンタル事業も手がけている。同事業は大手百貨店が主要な顧客で、中元・歳暮時期に数百台規模の梱包機器を貸し出しているという。

長年のSMILEユーザーが業務の省力化に向けて刷新

福見産業は、過去10年以上にわたり基幹業務システムとしてSMILEシリーズを運用してきた。大塚商会との取引はそれ以前のワープロソフトの導入など、PC黎明期から続いている。
基幹業務システムを長年使い続ける中で、同社には大きく二つの課題が生じていた。一つは、福見産業とグループ会社それぞれが異なる会計システムで運用していたことによる業務効率の低下。もう一つは、販売管理システムに蓄積されたデータの分析や営業活動などへの活用の実現である。これらの課題を解決するため、同社は信頼を置く大塚商会に相談。入念な検討を経て、2013年8月に『SMILE BS2 販売』『SMILE BS2 会計』へのリプレースを行っている。なおそれと同時に、販売管理でオリジナル帳票出力を可能にする「自由帳票オプション」、販売管理システムと会計システムのシームレスな連携を実現する「販売連携オプション」も導入している。この時期にリプレースを行った背景には、当時クライアントOSとして使用していたWindows XPのサポート終了が半年ほど後に迫っていたという事情もあった。

リアルタイムなデータ分析による営業活動への迅速なフィードバックを実現

『SMILE BS2 販売』の自由帳票機能を活用することで、データベースに日々蓄積されるデータを自由に組み合わせて、さまざまな帳票として出力することが可能になった

リプレースの第一の効果は、『SMILE BS2 販売』の自由帳票機能を活用することで、データベースに日々蓄積されるデータを自由に組み合わせて、その時点でのニーズに合わせた帳票として出力することが可能になった点にある。責任者としてリプレースを先導した常務取締役 営業技術部部長の久保 正治氏はその効果をこう説明する。
「経営分析の重要な要素である営業実績の分析ツールとしての活用が進んでいます。当社の営業担当は、さまざまな営業提案に加え、既存ラインの保守サービスへの対応も行っており、内勤に割ける時間はどうしても限られてしまいます。これまでも営業実績の分析を通し、より効果的な営業戦略を立案する取り組みを進めてきましたが、従来はデータを手作業で拾い出すほかなく、分析は半期や四半期に一度程度に限られてしまうのが実情でした。しかし『SMILE BS2 販売』への移行後は、項目を指定するだけで簡単に集計が行えるため、必要な時に営業担当が求める分析が即座に行えるようになっています。省力化に加え、それによる営業活動の効率化という観点でも効果は大きいと感じています」
そのほか、営業担当が社外から基幹業務システムにモバイル機器でアクセスできるようになったことも効果の一つと久保氏は語る。

さらに『SMILE BS2 販売』と『SMILE BS2 会計』のシームレスな連携も注目すべきポイントだ。
「当社の受注ルートは電話、FAX、インターネットなど多岐にわたります。これまではその会計処理は販売管理システムから出力した注文書に基づいて手入力していたため、販売と会計の連携効果はかなり大きいですね」と久保氏はうなずく。
同社の取り扱いは、包装機器やベルトコンベアからPPバンドをはじめとする梱包・包装用資材まで多岐に及ぶ。梱包・包装用資材は、1日100件以上の注文があることも珍しくないため、入力ミスの削減という観点からも販売管理・会計のシステム連携のメリットは計り知れない。
今後の課題として久保氏が挙げるのが、『SMILE BS2 販売』による包装関連機器・資材と保守サービスに関する売上管理の一元化だ。
「当社の保守サービスには年間契約からスポット契約までさまざまな形態があり、支払いサイトも毎月や年2回など顧客側の事情に応じて多岐にわたります。こうした取引の管理をどのようにシステム化すべきか、大塚商会さんとも相談しながら検討していきたいと考えています」

セキュリティ強化と共にWeb販売チャネル化に取り組む

近年、企業の内部データへ不正な手段でアクセスして勝手に暗号化し、復号のための身代金を要求するランサムウェアが取り沙汰されるようになった。こうした、営利を目的としたマルウェア被害は、日本国内でも拡大しているようだ。こうした中、福見産業はサイバー攻撃の高度化・複雑化に対応したセキュリティ対策にも力を入れ、2016年6月には、複数のセキュリティ機能を一つのハードウェアに統合したUTM(統合脅威管理:Unified Threat Management)である『Cloud Edge』を大塚商会から導入している。他製品やクラウドと連携することで、標的型メール対策、不審なWebサイトアクセスのブロック、攻撃者側サーバーとの通信ブロックといった多様な入口・出口対策が行えることが『Cloud Edge』の特長だ。
「業務に不要なWebサイトへのアクセスや、不審なメール添付ファイルの開封を禁止しても、現実的にはなかなか徹底できるものではありません。ランサムウェアによる被害が同業他社でも報告される中、こうしたリスクをシステム側が強制的にブロックする環境が実現できたことは大きな意味を持つと考えています」と久保氏は語る。

サーバーをはじめ、高度化・複雑化に対応したセキュリティ対策にも力を入れた

UTM(統合脅威管理:Unified Threat Management)である『Cloud Edge』も導入

法人市場でもネット通販の普及が進む中、ネット通販への対応を含めたウェブサイトの見直しにも重きを置きたいと久保氏は考えている。その新たな取り組みは、大塚商会をパートナーとして既にスタートしているという。
「特に梱包機器のレンタル事業は、中元・歳暮や新入学の時期に当社ウェブサイトにお問い合わせが数多く寄せられています。新たな販売チャネルの一つとして、自社サイトの役割を見直したいと考えています。当社にはプログラマーも在籍しているため、大塚商会さんには、決済の仕組みも含め、その基本的なフォーマットづくりという部分でのお知恵の提供を期待しています」
福見産業はこれからも「包む」に軸足を置き、新しい物流のあり方を追求していく考えだ。その一例が近年注目されるRFIDへの取り組みだ。グループ会社がRFIDパスポートの採用で大きなアドバンテージを持つ海外メーカーの代理店を務めると共に、東京・八重洲の旧本社をRFID製品のショールームとして活用するなど、その普及に積極的に取り組んでいる。その狙いを池田氏はこう説明する。
「物流を巡る課題の一つに、梱包した後の箱の中身は確認できない点があります。しかしRFIDを利用すれば、箱の中身は随時確認が可能です。こうした部分でRFIDは物流の姿を大きく変える可能性があると考えています」
RFIDを基軸とした物流プロセス全体の改革まで見据える同社は、オフィスの業務効率化に関する大塚商会のサポートに今後も大きな期待を寄せている。

今回導入した製品・サービス・ソリューション

その他の導入システム

  • ファイルサーバー『iStorage』
  • 自社ウェブサイト作成

この事例を印刷、保存しますか?(無料)*内容は同じです

  • 印刷して、上司への説明に。
  • 印刷して、稟議書に添付して。
  • 印刷して会議資料に。

整形ずみPDFを入手

福見産業株式会社 導入事例(PDF:1,178KB)

  • * 本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

関連する導入事例を見る

大塚商会は、オフィスIT全般について、幅広く対応します

大塚商会は、お客様のビジネスチャンスの獲得やコスト削減・生産性向上・競争力強化といった課題や要望に対するソリューションをワンストップでご提供しています。
また、販売したコンピューター・サーバー・通信機器・複合機などのあらゆるオフィス機器、ネットワーク設備、ソフトウェアの保守サービスを、当社が行う「自営保守」の原則があります。そして、多くのスタッフや専用回線を持つたよれーるコンタクトセンター、全国に展開するサポート拠点、社内に数多く在籍する公的資格・メーカー認定資格者が、お客様を強力にサポートしています。

大塚商会の企業情報

大塚商会のサポートは、さまざまなメーカー・機器にも対応!

お客様のお手間を取らせず、一つの窓口でいつでも対応します。