老朽化した会計、販売管理システムを『SMILE』シリーズに入れ替えて業務効率アップ。『SMILE V ApaRevo』への刷新でさらなる改善へ

「アパレル用販売管理システムへの刷新で業務効率が格段にアップ。実績もリアルタイムで確認でき、迅速な経営判断も下せるようになりました」

ハンティング ワールド ジャパン株式会社 導入事例

卸売・小売業、飲食店1~100名ERP・基幹業務・業務管理情報共有・会議システム営業・業務プロセス効率化業務データの活用経営基盤強化・リスク対策

高級アウトドアバッグのブランドとして知られる「ハンティング・ワールド」。日本における直営店の運営や、オンラインショップによる販売事業を展開するのがハンティング ワールド ジャパン株式会社だ。従来の会計システム、販売管理システムの使いにくさに不満を感じていた同社は、大塚商会を通じて2012年に『SMILE』を導入。会計処理の高速化や、発注から出荷までの自動処理といった、さまざまな効果が表れた。現在は販売管理システムを『SMILE V ApaRevo』に刷新する準備を進めており、さらなる業務改善効果に期待を寄せている。

2019年11月取材

ハンティング ワールド ジャパン株式会社

導入先の概要

業種
小売専門店
事業内容
バッグ、アパレル、小物、雑貨の販売
従業員数
100名(2019年11月現在)
ホームページ
https://huntingworld.com/jp/

導入の狙い

  • 老朽化した会計、販売管理システムを刷新したい
  • 発注から出荷まで一気通貫の仕組みを作りたい
  • 会計処理を高速化したい
  • 二重入力など、業務上の無駄を解消したい

解決策

会計および販売管理システムを『SMILE』にリプレース

導入したメリット

  • 会計処理の高速化で、決算が約2営業日短縮
  • 店舗から直接倉庫へ出荷依頼をかけられるようになった
  • 取締役 経営管理部 部長 沼田 久司氏

    「『SMILEie』によって、決算の締めが以前の会計システムに比べて2営業日ほど早くなりました。リアルタイムな実績に基づいてスピーディーな経営判断が下せるようになったのは、非常に大きな効果です」

  • 経営管理部 和久 明代氏

    「販売管理システムが『SMILE』シリーズになってからは、各店舗が発注指示を出せば、その情報がダイレクトに倉庫業者に届くようになりました。出荷が滞ることがなくなったのは大きな成果ですね」

  • 経営管理部 河原 真理氏

    「『SMILE V ApaRevo』は売上データと在庫データが連携できるということなので、二つのデータを組み合わせた資料作りがラクになりそうです」

  • 経営管理部 和田 亜希恵氏

    「以前の会計システムでは、売り上げなどの集計結果をいったん出力してから、決算用などに再度入力しなければならないという二度手間があったのですが、現在は全て画面上で処理できるようになりました」

導入製品情報

製品カテゴリー製品名・型番お問い合わせ
アパレル・ファッション業
販売管理システム
SMILE V ApaRevo(導入予定)お問い合わせ
高機能モバイル
POSシステム
スマレジお問い合わせ
会計システムSMILE V 会計(導入予定)お問い合わせ
VPNどこでもコネクトラインお問い合わせ

この事例を印刷、保存しますか?(無料)*内容は同じです

整形ずみPDFを入手

ハンティング ワールド ジャパン株式会社 導入事例(PDF:2,744KB)

導入事例詳細

米国発の高級アウトドアバッグブランド

ハンティング ワールド ジャパン株式会社(以下、ハンティング ワールド ジャパン)は伊藤忠商事が全額出資する、米国の高級アウトドアバッグブランド「ハンティング・ワールド」の商品を国内販売する小売専門店として1994年12月に設立された。

「ハンティング・ワールド」は、アフリカ17カ国を長期冒険旅行したロバート・M・リー(通称ボブ・リー)氏が1965年に創設。ポリウレタンコーティングを施したナイロンオックスフォード地にウレタンフォームを張り合わせ、ナイロンジャージーを裏張りした3層構造のオリジナル素材「バチュー・クロス」を使った製品は、軽さとはっ水性、防じん性を兼ね備え、独特の色合いや肌触りがあることなどから、世界中のファンに愛されている。1980年代のアウトドアブーム、アメリカンカジュアルブームと共に日本でも人気が広がり一世を風靡(ふうび)した。

近年ではウィメンズモデルも充実し女性からの人気も高く、伝統にとらわれず常に時代の先端を行く感覚は、現在でも幅広い世代から支持を得ている。現在は、百貨店のインショップなど、全国で27の直営店を展開(2020年2月時点)し、オンラインショップも運営している。

アウトドアバッグ不朽の名作、『バチューサーパス』シリーズ

提案力の高さと、サポート体制の頼もしさを評価

ハンティング ワールド ジャパンは2012年、大塚商会を通じて会計システム、販売管理システムを『SMILEie』に入れ替えた。

「以前は、オフコン上で動く会計システムと、販売管理システムを連携させて使用していました。しかし時代遅れのオフコンは、はるか昔に保守サポート期限が終了しており、いつ動かなくなってもおかしくない状況でした。また、その会計システムはバッチ処理を要するので、会計データの集計に数日かかることも不満でした」と語るのは、取締役 経営管理部 部長の沼田 久司氏である。

本部の販売管理システムは各店舗のパソコンとつながっていたが、オフコン上で動く会計システムは店舗とつながっておらず、毎日店舗から上がってくる売上データを手入力し直さなければならないといった手間があることにも不満に感じていた。

そこで同社は、パソコンで使用できる会計システムに入れ替えると同時に、販売管理システムについても刷新することにした。複数のベンダーに照会した後、最終的に大塚商会の提案を採用した。その理由について、沼田氏は「『SMILEie』の優れた機能はもちろんのこと、大塚商会さんの提案力の高さや、サポートへの信頼感が群を抜いていたからです」と語る。

「引き出しの多さ」がベンダー選定の決め手に

Windows7のサポート終了前に『SMILE V ApaRevo』の導入準備を進めている

ハンティング ワールド ジャパンには専任のIT担当者がいない。そうした状況下で、最新の会計・販売管理システムを運用していくためには、ベンダーによるしっかりとしたサポートが不可欠だと考えた。

「ベンダー各社がプレゼンテーションを行った際、ほかの会社からは、こちらの質問や要望に対して、あまり回答を頂けなかったのですが、大塚商会さんだけは二つも三つも、答えや提案が返ってきました。引き出しの多さに驚いて、この会社なら任せても安心だと思ったのです」と沼田氏は振り返る。

その後、ハンティング ワールド ジャパンは、システムのみならず、各店舗に設置するパソコン、店舗と本部をつなぐVPN回線など、ITインフラの大部分を大塚商会から調達している。ITに関連するあらゆる要望や課題解決に、ワンストップで対応する大塚商会のサポート力に全幅の信頼を寄せているという。

決算の締めが約2営業日も短縮

ハンティング ワールド ジャパンが『SMILE』を選んだのは、柔軟にカスタマイズができることも大きな理由であった。「現場作業を混乱させないように、以前のシステムで使用していた帳票は、なるべくそのままのフォーマットで使いたいと思いました。大塚商会さんにお願いして、以前のものとほとんど変わらない帳票を作り込んでもらいました」と沼田氏は語る。

『SMILE』への入れ替えによって、同社の会計・販売管理の現場には、さまざまな業務改善効果がもたらされたという。「以前の会計システムでは、売り上げなどの集計結果をいったん出力してから、決算用などに再度入力しなければならないという二度手間があったのですが、全て画面上で処理できるようになりました」と語るのは、経理を担当する経営管理部の和田 亜希恵氏である。その結果、「決算の締めが以前の会計システムに比べて2営業日ほど早くなりました。リアルタイムな実績に基づいてスピーディーな経営判断が下せるようになったのは、非常に大きな効果です」と沼田氏は評価する。

発注~出荷の流れがダイレクトに

一方、出荷を担当する経営管理部の和久 明代氏は、販売管理システムの刷新について、「以前は各店舗からの発注を本社のオペレーターが取りまとめ、委託先の倉庫業者に送っていました。『SMILE』に変えてからは、各店舗が発注指示を出せば、その情報がダイレクトに倉庫業者に届きます。よりスピーディーになっただけでなく、オペレーターの処理ミスで出荷が滞ることがなくなったのが大きな成果ですね」と語る。また、「店舗間で商品を移動する際は、店舗から移動伝票をファクスで送ってもらい、本社でデータ変更するという手間もあったのですが、『SMILE』なら、店舗がパソコンで入力すればそのまま反映されるようになり、とても助かっています」とも語る。

『SMILE V ApaRevo』への刷新でさらなる効率アップを

ハンティング ワールド ジャパンは現在、販売会計システムを『SMILEie』から最新鋭の『SMILE V ApaRevo』にリプレースする準備を進めている。『SMILE V ApaRevo』は、アパレル業界やファッション業界特有の業務をトータルにサポートする販売管理システムだ。中でも沼田氏が注目したのは、「上・下代の一元管理による確認のしやすさ」「売掛金の与信管理ができる」「データ入力や修正などの操作ログが管理できる」といった、管理面での確かさである。「経営管理の厳格化は大株主からも要求されており、それにしっかり応えるべく『SMILE V ApaRevo』を選定しました」と沼田氏は語る。

催事の売上データもそのまま取り込める

『SMILE V ApaRevo』に標準搭載のRPA機能による定型業務の自動化や、あいまい検索によるリスト抽出などによって、同社の販売管理はさらに効率が上がりそうだ。店舗業務のフォローや在庫表作成などを担当する経営管理部の河原 真理氏は、「『SMILE V ApaRevo』は、売り上げと在庫を一覧にできる売消帳や、販売動向表等の新規帳票が利用可能になるので、二つのデータを組み合わせた資料作りが簡単になりそうです」と期待を示す。

またこれまで、催事などの売り上げについては店舗とは別に集計し、後からシステムに入力していたが、『SMILE V ApaRevo』ならそうしたデータもそのまま取り込める。そのための端末として、同社は2019年11月に高機能モバイルPOSシステム『スマレジ』を大塚商会から導入した。

沼田氏は、「『SMILE V ApaRevo』へのリプレースを機に、今後はオンラインショップの販売管理も強化していきたいと考えています。大塚商会さんには、そのための提案も期待しています」と語った。

大塚商会担当者からのコメント

「オンライン販売に対応したソリューションもご提案します」

ハンティング ワールド ジャパン株式会社様からは、「今後は店舗だけでなく、オンライン販売についても管理を合理化していきたい」というご要望を頂いています。『SMILE V ApaRevo』を使って、リアル店舗とオンラインショップの販売管理を統合できるソリューションをご提案させていただきたいと考えております。

この事例を印刷、保存しますか?(無料)*内容は同じです

  • 印刷して上司への説明に
  • 印刷して稟議書に添付して
  • 印刷して会議資料に

整形ずみPDFを入手

ハンティング ワールド ジャパン株式会社 導入事例(PDF:2,744KB)

  • * 本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

大塚商会は、オフィスIT全般について、幅広く対応します

大塚商会は、お客様のビジネスチャンスの獲得やコスト削減・生産性向上・競争力強化といった課題や要望に対するソリューションをワンストップでご提供しています。
また、販売したコンピューター・サーバー・通信機器・複合機などのあらゆるオフィス機器、ネットワーク設備、ソフトウェアの保守サービスを、当社が行う「自営保守」の原則があります。そして、多くのスタッフや専用回線を持つたよれーるコンタクトセンター、全国に展開するサポート拠点、社内に数多く在籍する公的資格・メーカー認定資格者が、お客様を強力にサポートしています。

大塚商会の企業情報

大塚商会のサポートは、さまざまなメーカー・機器にも対応!

お客様のお手間を取らせず、一つの窓口でいつでも対応します。

導入後も支持される安心のアフターフォローとは?

オフィスのIT全般の導入について、お気軽にご相談ください。

最適なソフトを教えてほしい」「費用はいくらくらい?」などのご相談も承っておりますので、気になることはお気軽にご相談ください。

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00174986

ナビゲーションメニュー