ここから本文です。

水産物の仲卸店が基幹業務システムを強化。煩雑な受注・販売業務を合理化し、業界の縮小という苦境に立ち向かう

株式会社マル仲水産 導入事例

2013年8月取材

栃木県の株式会社マル仲水産は、宇都宮市中央卸売市場にある水産物の仲卸店。同社は受注や売り上げなどを管理するシステムを最新のシリーズにバージョンアップし、業務をさらに合理化。新たな販売戦略の立案に役立て、苦境の打破を目指している。

業種 卸売・小売業、飲食店 従業員数 1~100名
キーワード [仲卸][EDI][ロットトレース][データ分析]

導入前の課題

  • 受注・販売業務の効率化
  • 原価管理の徹底

解決策

○ 食品卸業に特化した販売管理システムとEDI業務支援システムの導入

システム導入:

導入による効果

  • 受注・販売に関する基幹業務の合理化・省力化
  • 細かな原価設定による正確な粗利の把握
  • 売上データの集計・分析機能が大幅に向上

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

株式会社マル仲水産 導入事例(PDF) [1,711KB]

株式会社マル仲水産
株式会社マル仲水産 概要
業種
卸売・小売業
事業内容
水産物の仲卸し、水産加工品の販売
従業員数
20名(2013年8月現在)
ホームページ
http://www.marunakasuisan.com/

新鮮な鮮魚と水産加工品を栃木県の広域に供給。自社配送便や加工の子会社を持っているため、細やかな対応が可能だ

導入事例 ダイジェスト (詳細はPDFをご覧ください)

背景
困難な経営環境下で売り上げの維持・拡大を模索

宇都宮市中央卸売市場内に事務所を構える株式会社マル仲水産は、鮮魚や冷凍物などの仲卸しを行っている。自社便での配送が可能なほか、他店との共同便も運行し、広範囲にわたる販売網を構築。多様な得意先と取引を行っている。
近年は、水産物全体の売り上げの伸び悩みや流通形態の変化、東日本大震災の影響により、経営環境は決して楽ではないのが現状だ。売り上げの絶対量を拡大することが容易でないこの状況下において、同社では基幹業務システムの最適化で業務効率の向上を図っている。

経緯
業務効率のさらなる見直しを図るべくシステムをリプレース

同社は8年前から、大塚商会を通して『SMILE』シリーズを利用している。2013年の年頭に、業務効率のさらなる見直しを図るべく、旧来のEDI業務支援システムと食品卸業向け販売管理システムを新バージョンにリプレースし、あわせてPCも最新機種に入れ替えた。ハードウェアとソフトウェアが同時に刷新されたが、基本的な操作性は従前の『SMILE』シリーズと変わらず、スムーズに移行できたという。

『SMILE BS FOODMASTER』にバージョンアップしたことでデータの集計・分析がしやすくなった

ポイント
商品・得意先別の売上データの集計・分析機能が大幅に向上

今のところ『Multi EDI Adapter(MEDIA)』は、加工品のみに活用しているが、注文を受けてから翌朝の仕入れに向けて迅速に処理をする必要があるため、伝票に入力し直す手間が省略されたことは大きな意味があった。
また、『SMILE BS FOODMASTER』にリプレースしたことにより、得意先の店舗別、商品別の売上実績などの多様なデータの即時閲覧が可能になり、売上データの細かな集計・分析作業が格段にスムーズに行えるようになった。
さらに、得意先や商品群を独自の視点でより細かな集計・分析を加えるために、帳票のデータをエクスポートしてExcelで加工するなど、細かな工夫・対応を行っているという。

RICOH製複合機も大塚商会から導入。一つの窓口で各種ITサポートが受けられるメリットは大きい

導入効果と今後の展開
現状に満足することなくさらなる効率化を進めたい

今後は、鮮魚の受注業務の効率化を目指している。また、売り上げの拡大を目指して始めた水産物のネット通販をさらに伸長させることも課題の一つだ。お歳暮などでの引き合いも多く、さらなる成長が期待される。

お客様の声をご紹介

代表取締役 小保方 芳久氏

「基幹業務システムのほか、電話や複合機なども導入している大塚商会さんには、全幅の信頼を寄せています。経営を取り巻く環境が厳しいだけに、我々としては少しでも業務を効率化させたいのです。そのためにこれからも、個々のユーザへの的確なサポートを期待しています」

企画管理部 主任 荒川 薫氏

「システムのサーバがダウンしたときには、スピーディーに復旧をしてもらい、事なきを得ました。EDIがストップすると基幹業務が停止してしまうので、万全のサポート体制が敷かれていることを心強く感じます」

大塚商会担当者からのコメント

「困難な状況の打破に協力していきます」

『SMILE BS FOODMASTER』は、食品卸業に特化した販売管理システムです。困難な状況に真摯に立ち向かっている株式会社マル仲水産様の売り上げの向上や業務効率化に必ず役立つことと思います。今後も的確な支援を行い、苦境の打破に協力していきます。

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

印刷して、上司への説明に。 印刷して、稟議書に添付して。 印刷して会議資料に。

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

株式会社マル仲水産 導入事例(PDF) [1,711KB]

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ


この導入事例で使われた製品・システム

2013年8月取材

(注)本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

関連記事

この事例を見た方が、見ている事例

オフィスをITで強くするヒントを紹介「いまどきのIT活用」

ここまで本文です。

ページID:00023151