ここから本文です。

日本を代表するインテリア設計事務所がハイエンド3次元CGソフトを導入し、プレゼンテーション力の大幅向上を実現

株式会社メック・デザイン・インターナショナル 導入事例

2012年12月取材

株式会社メック・デザイン・インターナショナルは、インテリアデザインを専門とする設計事務所だ。ハイエンド3次元CGソフトの導入によって、同社はレンダリング処理時間の大幅短縮と、デザイナーの狙いを反映した高品質なCG制作を実現した。

業種 サービス業 従業員数 1~100名
キーワード [レンダラー] [レンダリングエンジン] [3次元グラフィックス] [コンピュータグラフィックス]

導入前の課題

  • 3次元CGのクオリティを向上したい
  • レンダリング処理時間を短縮化したい

解決策

○ ハイエンド3次元CGソフトを導入し、分散処理可能なレンダリングソフトを活用

システム導入:

導入による効果

  • 3次元CGの品質向上
  • レンダリング処理時間を大幅短縮

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

株式会社メック・デザイン・インターナショナル 導入事例(PDF) [1,656KB]

株式会社メック・デザイン・インターナショナル
株式会社メック・デザイン・インターナショナル 概要
業種
設計、監理・施工業
事業内容
インテリアの設計、監理・施工、設備の設計、監理、FF&E(家具、敷物、室内調度品)の設計・製作・販売ほか
従業員数
90名(2013年1月現在)
ホームページ
http://www.mecdesign.co.jp/

自社オフィスが2010年日経オフィス賞を受賞するなど、主にオフィスのインテリアデザインにおいて多くの実績を持つ

導入事例 ダイジェスト (詳細はPDFをご覧ください)

背景
三菱地所グループの一員として日本のオフィスデザインを牽引

株式会社メック・デザイン・インターナショナルは、インテリアデザインに特化した設計、監理・施工会社だ。三菱地所グループの一員として1972年に設立されて以来、業界のパイオニアとして国内トップクラスの実績を上げている。顧客は、三菱地所グループ企業とそのテナントが7、8割を占めるが、近年はコンペ参加による案件の受注も増えつつある。そうした中、大きな課題として浮かび上がったのがプレゼンテーション力の強化だった。

経緯
見積額の妥当性と担当者の知識を決め手に大塚商会をベンダーに選定

プレゼンテーションにおいて大きな意味を持つのがパースだ。同社はその品質向上のため、ハイエンド3次元CGソフト『Autodesk 3ds Max Design』の採用を決定。ハリウッド映画にも使われる高度な表現力と、複数PCを使った分散処理によるレンダリング処理の高速化が評価のポイントだった。導入はデザインや出版といった分野で実績を持つベンダーを通して行う計画だったが、見積りのハード価格が予想以上に高額だったため、以前から取引があった大塚商会に相見積りを依頼。その結果、見積額の妥当性と担当者の専門知識の深さを決め手に、大塚商会をベンダーに選定した。

「『3ds Max』が備える高度な表現力は、どこまで追求してもその果てが見えない」と藤井氏は語る

ポイント
プラグインソフトによってレンダリング処理を大幅に高速化

『Autodesk 3ds Max Design』は入門書も数多く発行されているが、それだけではハイレベルなプロの仕事への活用は難しかった。操作法を学ぶうえで大いに役立ったのは『たよれーる テクニカルサポート』による電話やメールでの丁寧な支援だった。
また、導入から1年ほどが過ぎた段階で、プラグインすることで10台、20台のPCによる分散処理が可能になるレンダリングソフト『V-Ray』を導入。以前は一晩かけて行っていたレンダリング処理がわずか1時間程度で済むようになった。

導入効果と今後の展開
待ち時間短縮化が、デザイナーの意図が反映されたパースにつながる

レンダリング処理時間の短縮化によって、デザイナーとのやり取りに今まで以上に時間がかけられるようになった。待ち時間によるストレスが軽減され、より高品質な制作が可能になったというわけだ。
『Autodesk 3ds Max Design』導入の大きな手応えを感じている同社。今後は、作品のデータベース化と、あらかじめ設定した視点を中心に360度視界を動かすことができるパノラマ書き出し機能の活用を目指している。

『3ds Max』で作成された3次元CGは質感までもリアルに表現されており、写真だと錯覚してしまうほど

お客様の声をご紹介

環境デザイン部 ユニットリーダー 昆 徹氏

「大塚商会の担当者は、本当に遊びに来るような感覚でちょくちょく顔を出してくれるんですよ。メーカーであれば、こうした対応は考えにくいですよね。こうした顔が見えるサポートには、本当に助かっています」

環境デザイン部 CGデザイナー 藤井 伸茂氏

「CG業界は横のつながりが薄い業界です。それだけに情報交換できる場が欲しいと常々感じています。大塚商会さんが中心となって、コミュニケーションの場を設定してくれると嬉しいですね」

大塚商会担当者からのコメント

「恐縮ですが、楽しみながら対応させていただいています」

3次元CGのさらなる活用を目指す株式会社メック・デザイン・インターナショナル様は、私にとっても貴重な学びの場なので、毎回ワクワクしながらオフィスを訪ねています。今後も、有益な情報をお届けできるように努力していきます。

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

印刷して、上司への説明に。 印刷して、稟議書に添付して。 印刷して会議資料に。

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

株式会社メック・デザイン・インターナショナル 導入事例(PDF) [1,656KB]

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ


この導入事例で使われた製品・システム

2012年12月取材

(注)本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

この事例を見た方が、見ている事例

オフィスをITで強くするヒントを紹介「いまどきのIT活用」

ここまで本文です。

ページID:00013088