ここから本文です。

セキュアなオンラインストレージサービスでタブレットPCにダウンロードできるデータを集中管理。外出先でも快適な利用が可能に

三井住友海上プライマリー生命保険株式会社 導入事例

2013年6月取材

三井住友海上プライマリー生命保険株式会社は、電波状態に左右されるモバイルの弱点を補うために『たよれーるマネージドネットワークサービス(MNS)どこでもキャビネット』を利用開始した。外出先からもダウンロードが可能になり、円滑な営業活動に一役買っている。

業種 金融・保険業 従業員数 101~1,000名
キーワード [オンラインストレージ][情報管理][コンプライアンス][プレゼンテーション資料][モバイル活用]

導入前の課題

  • 管理者が持ち出しを許可した資料のみを端末にダウンロードできる仕組み作り

解決策

○ オンラインストレージサービスを活用し、確実な資料管理を実施

システム導入:

導入による効果

  • データのある場所を意識することなく簡単に資料をダウンロード
  • オフィスに戻らなくても必要な資料が取得可能
  • 他システムよりはるかにローコストで運用

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

三井住友海上プライマリー生命保険株式会社 導入事例(PDF) [1,734KB]

三井住友海上プライマリー生命保険株式会社
三井住友海上プライマリー生命保険株式会社 概要
業種
生命保険業
事業内容
個人年金保険・終身保険の引き受け、資産の運用
職員数
342名(2013年3月末現在)
ホームページ
http://www.ms-primary.com/

お客様の身近なパートナーとなり、一人でも多くの方が豊かで充実したセカンドライフを送ることができる社会の実現を目指す

導入事例 ダイジェスト (詳細はPDFをご覧ください)

背景
「お客さま第一」の姿勢で個人年金保険を提供

三井住友海上プライマリー生命保険株式会社は、世界有数の保険・金融グループであるMS&ADインシュアランス グループの一員として、個人年金保険分野に特化した事業を展開している保険会社だ。同社は、商品を保険加入者に直接販売するのではなく、銀行や証券会社などの金融機関を代理店として販売するビジネスモデルを国内でいち早く取り入れた保険会社としても知られている。全国100社(行)以上の金融機関と代理店契約を結んでおり、地域に密着した形で保険加入者に商品を提案ができるのが同社の大きな強みだ。

経緯
持ち出しデータを厳密に管理するためにオンラインストレージを採用

同社は2013年1月、営業社員全員が持ち歩く端末をWindows 7タブレットPCに変更。セキュリティに配慮し、端末上にデータも残らずデータ漏えいを防げる仮想デスクトップを導入した。しかし、仮想デスクトップは通信状況に左右されるという課題がある。
この課題を解決するために、管理者側が持ち出しを許可したファイルについてのみ自由にダウンロードできる仕組みが必要だった。また、金融商品という性質上、正確な情報が記載された最新の資料を説明に用いなければならないため、資料を確実に管理する仕組みも求められた。さまざまなサービスを検討した結果、同社は『たよれーるマネージドネットワークサービス(MNS)どこでもキャビネット』の導入を決定した。

持ち歩ける半面、紛失リスクがつきまとうタブレットPC。同社では仮想デスクトップと『どこでもキャビネット』の併用でデータを厳密に管理

ポイント
簡単な操作と柔軟性、安全性、コストパフォーマンスが決め手に

同社が『どこでもキャビネット』を選んだポイントの一つは通常のWindowsエクスプローラ上でも利用できる“操作性”。二つ目のポイントは、さまざまな機種に対応できる“柔軟性”。三つ目はアクセスログが残るなど、情報管理の安全性に配慮されている“セキュリティ”。最後に“コスト”で、要件を満たしたサービスの中では導入コストや運用コストが最もリーズナブルだったという。

外出先でも簡単にデータのダウンロードが可能

導入効果と今後の展開
外出先からも簡単に欲しい資料が入手できる

従来は、外出先で欲しい資料を入手するにはそのつど会社に戻るか、メールで送ってもらう必要があったが、『どこでもキャビネット』の導入により、通信環境さえあれば外出先でも自分でダウンロードできるようになった。また、動画などのデータサイズの大きいコンテンツは外付けハードディスクに格納し携行していたが、現在は『どこでもキャビネット』からダウンロードするだけになった。端末にダウンロードして利用できるため、動画再生もスムーズに行えているという。
今後は、『どこでもキャビネット』利用のさらなる浸透を目指すと共に、新たな利用方法も検討していく。

お客様の声をご紹介

IT推進部 課長 増田 元治氏

「『どこでもキャビネット』は、必要なファイルだけを端末にダウンロードできるので、情報漏えいリスクの軽減にも役立つと思います。ログ管理など、機能も豊富なのでさらに活用していきたいですね」

営業本部 営業推進部 課長 齋藤 晃一氏

「通信回線経由で文書を呼び出すのと違い、いったんダウンロードするので、ページをめくるのに時間がかかったり、動かなくなったりする不具合はありません。Windowsエクスプローラ同様に使えるので、操作も簡単です」

大塚商会担当者からのコメント

「今後も喜ばれるサービスを提供します」

三井住友海上プライマリー生命保険株式会社様とはITソリューション関連では初めてのお取引でしたが、サポート対応にもご満足いただいていると聞き、嬉しく思います。今後も喜んでいただけるサービスが提供できるように全力で取り組んでまいります。

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

印刷して、上司への説明に。 印刷して、稟議書に添付して。 印刷して会議資料に。

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

三井住友海上プライマリー生命保険株式会社 導入事例(PDF) [1,734KB]

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ


この導入事例で使われた製品・システム

2013年6月取材

(注)本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

関連記事

この事例を見た方が、見ている事例

オフィスをITで強くするヒントを紹介「いまどきのIT活用」

ここまで本文です。

ページID:00020093