ここから本文です。

ニーズにきめ細かく応える物流企業がIT点呼システムを導入。ドライバー管理の工数削減を目指す

株式会社エムティエス 導入事例

2012年11月取材

運送から保管、流通加工、発送代行に至る物流業務を総合的に手がける株式会社エムティエス。ドライバー管理業務の効率化を目指し、同社は呼気アルコール測定・IT点呼システムを導入。IT点呼移行に向けた取り組みを進めている。

業種 運輸・通信業 従業員数 1~100名
キーワード [IT点呼] [アルコール検知器]

導入前の課題

  • 法令遵守の徹底化による安全確保
  • 将来的なドライバー管理の負荷軽減

導入による効果

  • 呼気アルコール測定の徹底による安全確保
  • ドライバー勤怠管理の効率化

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

株式会社エムティエス 導入事例(PDF) [1,810KB]

株式会社エムティエス
株式会社エムティエス 概要
業種
倉庫・運送業
事業内容
一般貨物運送業、貨物運送取扱事業、倉庫保管事業、梱包発送・包装事業、POP加工・組立、各種セット梱包
従業員数
41名(2012年11月現在)
ホームページ
http://ms-ts.co.jp/

2012年、埼玉県三芳町にプログレス事業所を開設。250坪のクリーンルームは関東有数の規模を誇る

導入事例 ダイジェスト (詳細はPDFをご覧ください)

背景
荷主ニーズに対応した事業多角化で業容を拡大

埼玉県朝霞市に本社を構える株式会社エムティエスの歴史は、代表取締役 社長の望月 大正氏が1台のトラックを製本会社に持ち込み、運送業務を始めたことに始まる。1997年の法人化後、荷主のニーズにきめ細かく応えるべく積極的な設備投資を推進。今日では20台のトラック、1,000坪の倉庫、250坪という関東有数の規模のクリーンルームを擁するまでに業容を拡大した。現在、運送部門の売り上げは会社全体の約3割。シュリンク包装機や書籍カバーなどの処理を行うトライオート、製本用丁合機やクリーンルームを活用した流通加工部門が大きく伸長している。

経緯
アルコール検知器の使用義務化に備え拡張性が高いシステムを導入

顧客ニーズにきめ細かく対応するスポット運送に特化している点が、同社の運送業務の特色だ。しかし、スポット運送は出庫・帰庫時間が不規則になりやすく、本社から車で10分ほどの場所にある車庫で行う対面点呼は、運行管理者にとって大きな負担となっていた。その改善を図るため、2011年のアルコール検知器の使用義務化に伴い、遠隔拠点間でIT点呼が可能な拡張性の高いシステムの導入を決断。ベンダー4社による相見積りを経て、価格を含めて最も納得できる提案を行った大塚商会を選定した。

顧客の要望によって造られた金庫室。監視カメラと共に万全のセキュリティを確保した

ポイント
将来的なIT点呼への移行でドライバー管理負荷を軽減

アルコール検知器とWebカメラの連携による遠隔点呼が可能になる点が呼気アルコール測定・IT点呼システム『ALCGuardian』を導入したポイントとなった。同システムは画面を通し、ドライバーの顔色や表情を確認しながらリアルタイムに会話を交わせるため、対面点呼と変わらない点呼業務を実現する。また、複数拠点をネットワーク化できるため、拠点数の拡大などの変化にも柔軟に対応できるという拡張性の高さも魅力的だったという。同社は、2013年中にGマーク申請を行い、IT点呼へと移行する予定だ。

アルコール検知器とWebカメラの連携もスムーズに行うことが可能に。Gマーク認定取得が待たれる

導入効果と今後の展開
ネットワーク対応システムで社内の情報共有を促進

さらに同社では、倉庫の入退室管理と勤怠管理を一元的に行うICカード社員証や、販売管理システムや人事給与システムなども大塚商会から導入。ネットワークに対応したシステムによって社内の情報共有は大きく進んだ。加えて、大塚商会のきめ細やかなサポートに対しての信頼も厚く、今後は大塚商会が提供するテクニカルサポートなどを積極的に活用しながら、全社的に従業員のさらなるITリテラシー向上を図っていく考えだ。

ドライバー勤怠情報の一元管理を実現

お客様の声をご紹介

代表取締役 社長 望月 大正氏

「お客様が新しいお客様を紹介してくださることで、ここまで来ました。それは営業担当者の努力があればこそと考えています」

プロダクトマネージャー 小林 浩幸氏

「システム操作で不明な点は、大塚商会さんのサポートを積極的に活用しながら学んでいきたいですね」

大塚商会担当者からのコメント

「その信頼は大きな誇りです」

株式会社エムティエス様には、システムだけでなく当社のサポート体制についても高く評価いただいています。その期待を裏切ることがないよう、今後もいっそう努力を続けます。

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

印刷して、上司への説明に。 印刷して、稟議書に添付して。 印刷して会議資料に。

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

株式会社エムティエス 導入事例(PDF) [1,810KB]

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ


この導入事例で使われた製品・システム

2012年11月取材

(注)本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

この事例を見た方が、見ている事例

オフィスをITで強くするヒントを紹介「いまどきのIT活用」

ここまで本文です。

ページID:00015105