ここから本文です。

建築装飾金物の3次元モデルを有効活用。空気の流れや風切音の解析を実現し、リードタイムやコストを大幅に削減

株式会社新高製作所 導入事例

2012年12月取材

株式会社新高製作所は、建築装飾金物全般を設計・製作している老舗企業だ。『Autodesk Inventor』のモデリングデータをベースにした音響解析システムや強度解析システムを構築し、設計から納品に至るリードタイムやコストの大幅な削減に成功した。

業種 製造業 従業員数 1~100名
キーワード [3DCAD] [構造解析] [音響解析] [モバイルアクセス] [建築金物]

導入前の課題

  • 設計品質の向上による他社との差別化

解決策

○ 3次元CAD『Autodesk Inventor』を利用した各種解析システムの構築

システム導入:

導入による効果

  • 3次元モデルによるプレゼンテーションで営業力を強化
  • 空気の流れや風切音、強度の解析を実現
  • 試作品製作のコストと時間を大幅に削減

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

株式会社新高製作所 導入事例(PDF) [1,717KB]

株式会社新高製作所
株式会社新高製作所 概要
業種
建築装飾金物製造
事業内容
ステンレス、アルミ、ブロンズ、スチール、鋳造品などを使ったサッシ、スクリーン、内装パネル、庇、手摺、レリーフなど高級建築装飾金物全般の設計・製造・販売
従業員数
60名(正社員、2012年12月現在)
ホームページ
http://www.niitaka-ss.jp/

建築装飾金物の設計から製作、施工までオーダーメイドに対応。老舗企業ながら、挑戦する姿勢を持ち続けている

導入事例 ダイジェスト (詳細はPDFをご覧ください)

背景
建築装飾金物をオーダーメイドで設計・制作。近年は免震対応製品に注力

株式会社新高製作所は、1931年の創業以来、建築装飾金物の設計から製作・施工まで一貫して対応している老舗企業だ。多種多様な形状・素材に対応でき、高層マンションなどの大型建築物に使用される建築装飾金物全般をオーダーメイドで設計・製作。各建物に最適化された一品ものを中心に手がけている。近年は事業エリアを全国に広げ、着実に業績を伸ばしている。現在、同社が特に注力しているのは、「ルーバー」と「免震エキスパンションジョイント」。免震対応製品はニーズが広がっているため、さらなる伸長が期待される。

経緯
25年前からCADを利用する、業界の先駆者。3次元設計も活用

同社は、25年前に『AutoCAD』を大塚商会から導入し、国内企業の中でいち早くCADを使った2次元設計に移行。7年ほど前からは3次元設計も一部行うようになった。3次元設計で主に利用しているのは『Autodesk Inventor』。複雑な形状の製品を3次元モデルで表現することで、分かりやすいプレゼンテーションを展開している。

ポイント
ローコストで風切り音の解析システムを構築。毎回かかる試験の負担を軽減

同社では消音設計のルーバーをオーダーメイドで開発するため、風切音の試験を毎回行わなければならなかった。そのコストと工数が大きな負担になっていたため、大塚商会に相談。複数のソフトを組み合わせ、『Autodesk Inventor』で設計した3次元モデル上で風切音の解析が行える仕組みをローコストで構築した。大手の建材メーカーにも先んじたこのシステムは応用範囲も広く、風圧の解析なども可能だ。
さらに、免震エキスパンションジョイントの製作過程では、『Autodesk Inventor』で作成した3次元モデルで強度解析なども行っている。

形状が複雑なルーバーも、3次元モデルで見せることで、一目で分かるようになる

導入効果と今後の展開
さらなる利便性の向上を目指すと共に、今後はBIM対応も積極的に推進

3次元モデルを利用した各種解析が行えるようになり、試作品製作にかける時間とコストを大幅に短縮できた。
同社では、さらなる運用の利便性向上も推進。大塚商会の遠隔地リモートアクセスサービスを利用し、外出先でもiPadから社内のサーバにアクセスできるようにしている。さらに、3Dプリンタを用いた試作品作りの検討も始めているほか、BIM(Building Information Modeling)への対応も視野に入れているという。BIMの活用においても、業界の先駆者として市場をリードしていく考えだ。

音響解析システムを構築し、試作品を使ってテストするコストや工数を大幅に軽減した

お客様の声をご紹介

代表取締役 社長 吉谷 忠久氏

「当社の強みは、建物に合った建築装飾金物をオーダーメイドで設計・製作できる技術力があること。試作品を作らずに構造解析などが行えるようになり、納期やコストを大幅に圧縮できたことは大きな成果です」

設計部 部長 松岡 利次氏

「ネット社会ではIT機器が相互に連動しているので、大塚商会さんには、CAD以外にも通信インフラや複合機など総合的にサポートしてもらっています。今後も当社の業務改善に役立つ最先端の情報をいち早く提供していただきたいですね」

大塚商会担当者からのコメント

「その進化をサポートしていきます!」

株式会社新高製作所様は、MS-DOSの時代からCADを利用し、3次元CADにも早くから対応した、まさに業界での先駆者です。とどまることのない進化をサポートできるよう、有効な提案を行っていきます。

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

印刷して、上司への説明に。 印刷して、稟議書に添付して。 印刷して会議資料に。

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

株式会社新高製作所 導入事例(PDF) [1,717KB]

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ


この導入事例で使われた製品・システム

2012年12月取材

(注)本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

この事例を見た方が、見ている事例

オフィスをITで強くするヒントを紹介「いまどきのIT活用」

ここまで本文です。

ページID:00013085