オフィスのIT全般の導入について、分かりやすくお答えします。

情報セキュリティ企業がカラーPOD機を活用。低コスト・ハイスピード・高品質で、多様な販促物の内製化を実現

クオリティソフト株式会社 導入事例

2017年12月取材

製造業101~1,000名複合機・コピー機活用営業・業務プロセス効率化コスト削減・売り上げ向上

IT資産管理とエンドポイントのセキュリティ対策を提供するクオリティソフト株式会社は、製品カタログやチラシなどを印刷会社に外注していた。このほど、そのコストを圧縮するべく、商業印刷にも対応するハイスペックなPOD機を導入。高品質な印刷物を自社内で作成できる体制を整えた結果、外注コストを削減できただけではなく、印刷会社とのスケジュール調整や、ある程度の部数の印刷物をストックしておく必要もなくなり、業務負担を大幅に軽減することに成功した。

クオリティソフト株式会社

導入先の概要

業種
情報・通信
事業内容
パッケージソフトウェアとクラウドサービスおよびアプライアンス製品の開発および販売業務
従業員数
170名(2017年12月現在)
ホームページ
http://www.qualitysoft.com/

お客様の声をご紹介

マーケティング本部 商品企画部 部長 小笠原 正吾氏

「高性能なPOD機の導入により、社内でハイクオリティなオンデマンド印刷ができるようになりました。必要なときに必要な部数を直ちに刷れる環境が整い、印刷会社への外注費もカットできたことに満足しています。引き続き万全の保守サービスをよろしくお願いします」

人事総務部 人事・広報・秘書グループ 太田 由香氏

「少ロット多品種の印刷物を必要とする当社にとって、オンデマンド印刷が内製できるようになったことのメリットは図り知れません。印刷物をストックする必要がなくなり、その管理業務から解放されたのも大きな収穫の一つです」

大塚商会担当者からのコメント

「あらゆる業務のIT化を全力でサポートいたします」

当社のご提案したPOD機が、クオリティソフト株式会社様の課題解決に貢献したことをうれしく思います。印刷業務に限らず、あらゆる業務改善に役立つIT化の推進に役立てるよう、引き続き営業・SE一丸となって取り組んでまいります。

この事例を印刷、保存しますか?(無料)*内容は同じです

整形ずみPDFを入手

クオリティソフト株式会社 導入事例(PDF:1,214KB)

導入事例詳細

情報セキュリティサービスを中核に幅広いIT関連事業を推進

和歌山県に本社機能を置き、情報セキュリティサービスからドローン関連事業まで多様な事業を展開

クオリティソフト株式会社は、企業が使うさまざまなIT端末を一元管理するためのソフトウェアや、生体認証、情報漏えい対策、BCP/BCM対策などのITセキュリティ製品・サービスを開発・販売する企業だ。
社内のIT資産を一元管理しながらサイバー攻撃や情報漏えいなどを防ぐ「ISM」シリーズが代表的な製品で、国内外の多数の企業が利用。大塚商会もビジネスパートナーとして販売を行っている。
創業は1984年。UNIXシステムの翻訳支援、システム開発、ソフト販売事業で出発し、1998年にはIT資産管理ソフト「QND Plus」の発売を開始。同シリーズで一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会から違法コピー対策として推奨を受けるなどして知名度を高めた同社は、ITアセットマネジメントをメイン事業とするようになった。アプライアンス型のIT資産を効率的に運用管理するソリューションとして定評のある「ISM BoxOne」を、クラウド向けの「ISM CloudOne」に刷新してリリースしたのは2010年。

和歌山の広大な敷地にネイチャーノマドオフィスを開設し、異業種の起業家たちの交流の場としても開放している

「社内サーバーに替わってクラウドサーバーの利用が主流になったのに対応し、当社もクラウド型エンドポイントセキュリティサービスに注力するようになりました。現在はタブレットPCやスマートフォンも含めた一括のセキュリティ対策をご提供しています。2017年にはワーム型ランサムウェアが世界各国に甚大な被害を与えましたが、当社製品はそうした攻撃も効果的に防御することができました」と語るのは、マーケティング本部 商品企画部 部長 小笠原 正吾氏。
2016年には本社機能を東京から和歌山県西牟婁郡に移し、南紀白浜の自然と呼応するネイチャーノマドオフィスを開設。2017年度の日経ニューオフィス賞「近畿ニューオフィス奨励賞」を受賞した同オフィスは社会改革を志す起業家のための異業種交流の場としても開放されている。
同社は「IoTソリューション部」も擁し、ドローン活用による防犯・防災、測量、空撮、災害調査、太陽光パネル点検、インフラ点検なども実施している。ドローンビジネスカレッジも開校し、JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)認定ドローンスクールとして無人航空機のパイロットを養成。ドローン事業を通じた地方創生も推進。情報セキュリティサービスを主軸としながら、幅広いIT関連事業を手がけている。

印刷物の内製に向けカラーPOD機を導入

多角的な事業展開をし、多数の製品をリリースする同社は、会社案内や製品カタログ、販促用チラシなど多種の印刷物を営業ツールとして活用している。その印刷物はこれまで外注してきたが、コスト低減と印刷のスピードアップを図ることが以前から大きな課題となっていた。
「当社の印刷物は新たな事業展開や製品のバージョンアップに応じて記載される内容が随時更新されるため、できるだけストックを抱えたくありません。そこで印刷会社に少ロット多品種の印刷を依頼していましたが、一気に大量の部数を刷るオフセット印刷と比べ印刷単価が高いのが悩みでした。POD機の導入を以前から検討していましたが、当社は印刷物のクオリティにこだわりを持っています。内製化によるコスト低減と引き換えに印刷物の質が低下したのでは意味がないので、導入を見送ってきました」(小笠原氏)
そんな同社に、複合機の利用を通じて長年取引している大塚商会から紹介されたのが、商業レベルの高品質な印刷を可能にするカラーPOD機『RICOH Pro C5210S』だった。
「リコーのショールームを訪ねて実機によるデモを見たところ、外注するのと同等以上の印刷品質に目をみはらされました。一般的にレーザープリンターはインクジェットプリンターと比べて色の再現性が劣るものですが、『RICOH Pro C5210S』は写真の色も十分に再現されていたのです」
そう語る小笠原氏は、かつて精密機器メーカーでプリンターの開発に携わった経歴を持つ。『RICOH Pro C5210S』は、その小笠原氏をうならせるほど高精彩で、「これを導入すれば高品質な印刷物を内製できるようになる」と確信したという。
「大塚商会の営業担当者や技術スタッフの方は、日ごろから定期的に弊社を訪れて丁寧な保守点検をしてくれていました。そのおかげで複合機が大きなトラブルを起こしたことがなかった点も、大塚商会さんからPOD機を導入する決め手となりました」と話すのは、同社の印刷物の制作を管理する経営管理部 人事総務グループ 兼 社長室の太田 由香氏。
印刷物のデザインについては社内で作成する場合と外注する場合があるが、小笠原氏は内製するデザインの色調整や面付け・製本などの編集、印刷ジョブ管理などを行うためのプリントサーバー『Fieryコントローラーサーバー』を活用することも要望。通常はDTP(Desk Top Publishing)を専門的に行う会社で利用されるものだが、デザイン品質を重視する同社はこれも併せて導入することを決めた。

印刷コストを削減し、業務効率も大幅に向上

会社案内や製品カタログなどの印刷・製本を全て内製。バージョンアップに伴い頻繁に内容が更新される製品カタログは、必要なときに必要な部数を出力できるオンデマンド印刷が適している

こうして同社が採用した『RICOH Pro C5210S』はハイクオリティな印刷ができるだけではなく、最大1260mmの長尺紙や凹凸紙など多様な紙種に対応。表現力豊かな印刷物の作成を実現するとともに、コピー、スキャナー、FAXなど複合機としての機能も備えている。
「POD機の導入によって印刷外注費が削減されただけではなく、印刷スケジュールを管理する負担も大きく軽減しました。印刷会社に発注する場合は、デザインデータの入稿や納品などの日程を管理するのが大変でしたが、自社内での印刷ならその調整が容易です。必要に応じ必要なだけの部数をタイムリーにプリントできるので、以前のようにある程度の部数の印刷物をストックしておく必要もなくなりました」(小笠原氏)
効果的な販促物を作成するため多様な紙種を使う同社にとって特に使い勝手が良いのが、「用紙銘柄識別リーダー」を搭載した「統合用紙設定システム」だ。同システムにはリコーが検証した紙種ごとの最適な出力条件があらかじめ入力されており、紙をセットするだけでPOD機が自動的に紙種を認識してくれる。
「より適した色調整を当社で独自に行うこともありますが、そのデータも一度登録すれば、以後はパネル操作で紙種を指定するだけで安定した品質の出力ができるようになります。使用する用紙を大塚商会さんの『マテリアルカタログ』から随時調達できるのも非常に便利で、このサービスは自社内オンデマンド印刷を行うために不可欠な要素だと思います」(小笠原氏)

多様な紙種への高品質な印刷を実現する『RICOH Pro C5210S』

印刷業務を省力化するため、太田氏は製品カタログなどの印刷データをプリントサーバーに保存するという工夫を施した。その結果、POD機のタッチパネルで目的の印刷物の部数を指定するだけで、PCで出力操作をするよりもスムーズに印刷できるようになったという。
「『Illustrator』で作成した大きな印刷データをPCからPOD機に送るにはかなりの時間がかかりますが、この方法なら印刷作業をPOD機だけで完結させることができます」(太田氏)
こうした活用法に加え、『RICOH Pro C5210S』が紙詰まりを起こしにくい点も、同社の印刷業務の効率化に貢献していると小笠原氏は指摘する。
「自社内オンデマンドプリントによって印刷物の在庫を持たなくなった当社にとって、紙詰まりによる印刷の停止は絶対に避けたいところです。営業担当者が得意先に提示する販促資料を印刷できないことは営業機会の損失に直結しますが、『RICOH Pro C5210S』のペーパーハンドリングは抜群で、その心配は全くありません」(小笠原氏)
このように両氏は、同社の販促活動を支える基盤として、『RICOH Pro C5210S』の性能に絶大な信頼を寄せている。

周辺機器も充実させ、より高品質な印刷を追求

電動裁断機『CE-4315 A3判』も備え、本格的な印刷物を作成する環境が整えられた

印刷物の本格的な制作には、プリントした用紙周縁部の余白を切り落とす「断ち落とし」作業が必要だ。そのための裁断機を持たない同社は、用紙の縁に余白のある状態でカタログなどの制作をしていたが、しばらくして国内の裁断機大手メーカー製の電動裁断機の導入に踏み切った。
「印刷会社が備えている裁断機は大型で高価なため、さすがに当社が使用するのは無理だろうと断念していたのですが、大塚商会さんの提案で、コンパクトかつ比較的安価な電動裁断機の存在を教えていただきました。それを受けて導入した電動裁断機『CE-4315 A3判』はカットラインがLEDで表示され、面倒な紙押さえも機械的に行われるので、自社内で正確な断ち落としができるようになりました。小型の裁断機とはいえ、通常は印刷会社や製本会社でしか利用されないマシンです。しかし、『ハイクオリティなオンデマンド印刷の内製を実現する』という目標を完遂するために妥協をしたくなかったので、活用することを決めました」(小笠原氏)
同社はほかに、印刷された図案をスキャンして任意の部分をカットできるカッティングマシン『ScanNCut CM650W』も導入。情報セキュリティ製品をイベントや展示会に出展する機会が多いことから、その販促物やオリジナルのノベルティグッズをアレンジするのに活用しているという。現在は、来場者にノベルティグッズを美しくパッケージして手渡すため、『マテリアルカタログ』にラインアップされている『手提げ紙袋キット』の利用も検討しているところだ。

「私たちのニーズを的確に察知し、当社の業務内容にマッチする製品を紹介してくださる大塚商会さんの提案力によって、効率的なオンデマンド印刷ができるようになりました。引き続きPOD機を支障なく利用できるよう万全の保守をお願いすると共に、さまざまな業務効率のアップに役立つ製品・サービスに関する情報提供をしていただくことに期待しています」
そう語る小笠原氏と太田氏は、大塚商会を同社にとって欠くことのできないビジネスパートナーと位置付けており、今後も積極的なIT活用によって内製する印刷物のクオリティをさらに向上させていく構えだ。

今回導入した製品・サービス・ソリューション

  • カラーPOD機『RICOH Pro C5210S』

    高度なプロダクションニーズを満たす色再現性や凹凸紙への対応など、絶え間ない革新を進めながら、企業内業務に必要なオフィス機能もご用意しています。

その他の導入システム

  • プリントサーバー『Fieryコントローラーサーバー』
  • 電動裁断機『CE-4315 A3判』
  • カッティングマシン『ScanNCut CM650W』

この事例を印刷、保存しますか?(無料)*内容は同じです

  • 印刷して、上司への説明に。
  • 印刷して、稟議書に添付して。
  • 印刷して会議資料に。

整形ずみPDFを入手

クオリティソフト株式会社 導入事例(PDF:1,214KB)

  • * 本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

関連する導入事例を見る

大塚商会は、オフィスIT全般について、幅広く対応します

大塚商会は、お客様のビジネスチャンスの獲得やコスト削減・生産性向上・競争力強化といった課題や要望に対するソリューションをワンストップでご提供しています。
また、販売したコンピューター・サーバー・通信機器・複合機などのあらゆるオフィス機器、ネットワーク設備、ソフトウェアの保守サービスを、当社が行う「自営保守」の原則があります。そして、多くのスタッフや専用回線を持つたよれーるコンタクトセンター、全国に展開するサポート拠点、社内に数多く在籍する公的資格・メーカー認定資格者が、お客様を強力にサポートしています。

大塚商会の企業情報

大塚商会のサポートは、さまざまなメーカー・機器にも対応!

お客様のお手間を取らせず、一つの窓口でいつでも対応します。

導入後も支持される安心のアフターフォローとは?