ここから本文です。

大塚商会とのコラボレーションで理想的な旅行業基幹システムを立ち上げ、新規にWeb旅行予約サービスにも着手

サンデン旅行株式会社 導入事例

2013年12月取材

山口県を代表する旅行会社として知られるサンデン旅行株式会社は、旅行業総合支援システムと会計/人事給与システムの連携によって、事務効率の向上と経営の可視化を実現。Web旅行予約サービスも立ち上げ、飛躍を遂げようとしている。

業種 運輸・通信業 従業員数 1~100名
キーワード [GDS][オンライン旅行会社][システム間連携][見える化]

導入前の課題

  • 旅行業基幹システムの刷新と事務処理業務の環境整備
  • Web旅行予約サイトの開設による販路の拡大

解決策

○ 拡張性の高い旅行業総合支援システムを導入し、会計/人事給与システムと連携

システム導入:

導入による効果

  • 旅行業務の事務効率が格段にアップ
  • 経営情報の一元管理と可視化を実現
  • Web旅行予約サービスによる収益力の向上

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

サンデン旅行株式会社 導入事例(PDF) [1,861KB]

サンデン旅行株式会社
サンデン旅行株式会社 概要
業種
総合旅行業
事業内容
国内・海外旅行ツアーの企画・販売、Web旅行予約サイトの運営など旅行業務全般。山口県下関市のサンデン交通グループに属し、山口県内外で店舗展開
従業員数
60名(2013年12月現在)
ホームページ
http://www.sandenryoko.co.jp/

地元住民の利便性を考慮した旅行プランを提供し、地域に根差した人気と信頼を誇る

導入事例 ダイジェスト (詳細はPDFをご覧ください)

背景
地域密着型の旅行ビジネスで地元住民や企業の信頼を獲得

バス会社を運営するサンデン旅行グループに属し、山口県を中心にネットワークを展開するサンデン旅行株式会社。その最大の強みは、地域に根差したサービスを提供している点にある。例えば、大手旅行会社のツアーでは福岡空港を利用することが多いが、同社は山口県内の空港を利用した独自の旅行商品を多数企画。福岡空港を利用する場合は、集合・解散場所と送迎バスでつなぐサービスを提供することで、強固な事業基盤の構築に成功している。また同社が企画・販売する、下関港と釜山港、青島港を往復するフェリーを利用した格安の海外旅行プランは、多くの旅好きから支持を受ける人気商品だ。

経緯
旅行業総合支援システムの開発に全面協力。理想のシステムを実現

同社は早くからオフコンベースの旅行業精算システムをオーダーメイドで構築し、利用してきた。陳腐化したシステムの刷新にあたり、同社が選んだのは大塚商会が当時開発中だった旅行業総合支援システム『Dream Journey』を共に作り上げていくという選択だった。理想のシステムに向けて同社は、自社のノウハウに基づいた700項目にも及ぶ改善項目を提示。それらの要望のほぼすべてに大塚商会のSEが対応したことで、旅行業務に対応した使いやすいシステムの構築に成功した。

自社の経験による約700項目の要望事項が反映された『Dream Journey』で業務は効率的に進む

ポイント
『SMILE』シリーズとのデータ連携で、旅行業の事務効率が格段に向上

『Dream Journey』への移行に合わせ、データ連携が容易に行える『SMILE』シリーズの財務管理システムと『人事管理/給与管理』をあわせて導入。これにより一連の旅行業務がスムーズに連携するIT基盤が整い、事務効率が大幅にアップした。また、すべての拠点のPCをネットワークで結び、本社側でデータを一元的に管理できるようにしたことで、毎月の締め日後の集計作業がスムーズに行えるようになった点も大きな成果の一つだ。

『Dream Journey』を運用するサーバは意外なほどコンパクトだ

導入効果と今後の展開
Web旅行予約サービスを始動。独自商品で全国の潜在顧客の発掘を図る

2014年には、『Dream Journey』をベースにした自社Webサイト上での旅行予約サービスを本格的に始動させる。まずはフェリーを使った韓国ツアーなど顧客ニーズが高い商品から取り扱いを開始し、最終的にはほぼすべての旅行商品をアップロードしていく予定だ。同社は、自社の旅行商品を全国の潜在顧客に効率的にアピールする媒体としてWebサイトに大きな期待を寄せている。さらに営業担当者にモバイル端末を配付し、顧客先などで『Dream Journey』のデータや宿泊先、観光地などの情報を参照できる環境の整備も検討している。まずは試験的に導入し、その効果を検証していく考えだ。

営業担当者が添乗員も兼ねているため、事務所に全員がそろうことは少ない

お客様の声をご紹介

代表取締役社長 竹重 秀敏氏

「Web旅行予約サービスを始めるからには、投資分を回収するうえでも本気でやらなければなりません。大塚商会さんには、それが軌道に乗るための情報提供に期待しています。Web販売で成功した事例があれば、ぜひ教えていただきたいです」

取締役 総務部長 中尾 克巳氏

「当社は、地元の企業と長くお付き合いさせていただいており、強固な信頼関係を築いていることが大きな強みです。これからも、その強みを継続して活かせるような旅行業向けのソリューションを提案していただけるとありがたいですね」

総務部 経理課 係長 上野 義文氏

「今後、お客様がネットで飛行機や宿泊施設の手配を直接行う傾向が強まることが予想されます。大塚商会さんと協業して使いやすい出張用システムを提供できれば、新たなビジネスが確立できるのではないかと期待しています」

総務部 総務課 主任 大津 真由美氏

「Web旅行予約サービスは緒に就いたばかりで、現在、マスタの整備を進めている最中です。これからシステムを運用していくうえで分からないことも出てくると思います。そのときに、いろいろ相談に乗っていただけると助かります」

大塚商会担当者からのコメント

「要望に一つ一つ対応することで、完成度が高いシステムが実現しました」

旅行業総合支援システム『Dream Journey』は、サンデン旅行株式会社様と大塚商会が共に育て上げたシステムといっても過言ではありません。旅行業務の実情に裏付けられた多くの要望は、システムの完成度を高めるうえで不可欠なものでした。

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

印刷して、上司への説明に。 印刷して、稟議書に添付して。 印刷して会議資料に。

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

サンデン旅行株式会社 導入事例(PDF) [1,861KB]

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ


この導入事例で使われた製品・システム

2013年12月取材

(注)本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

関連記事

この事例を見た方が、見ている事例

オフィスをITで強くするヒントを紹介「いまどきのIT活用」

ここまで本文です。

ページID:00029805