ここから本文です。

iPadを有効利用し、プレゼンテーション効果を大幅に向上。施工現場とのリアルタイムな情報共有も実現

株式会社三洋工業東北システム 導入事例

2012年8月取材

スポーツフロアの施工に関する高度なノウハウを擁し、東北地方の体育館の8割のシェアを持つ株式会社三洋工業東北システム。新技術を効果的に説明するツールとしてiPadを導入。プレゼンテーション効果の向上に加え、迅速な顧客対応にも大きな手応えを感じている。

業種 建設業 従業員数 1~100名
キーワード [プレゼンテーション] [現場処理] [クラウド] [情報共有] [オンラインストレージ]

導入前の課題

  • 先進技術に似合わない紙ベースのプレゼンテーション資料
  • 若手社員の顧客対応力向上

導入による効果

  • スマートなプレゼンテーションで、顧客の関心・理解の向上
  • 仕様変更や再見積りへの対応スピード向上
  • カメラ機能の活用で的確なクレーム対応・トラブル処理が可能に

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

株式会社三洋工業東北システム 導入事例(PDF) [1,726KB]

株式会社三洋工業東北システム
株式会社三洋工業東北システム 概要
業種
建設業
事業内容
建築資材・機器の販売、内装仕上工事請負
従業員数
33名(2012年3月現在)
ホームページ
http://www.sanyo-industries.co.jp/tohoku-sys/

体育館の床施工などにおいて多くの実績を持つ一方で、床下空調をはじめとする新技術導入にも積極的に取り組む

導入事例 ダイジェスト (詳細はPDFをご覧ください)

背景
体育館床に強みを持つほか、事業拡大を図り積極的に新技術を導入

株式会社三洋工業東北システムは、東証一部上場の総合建設資材メーカーである三洋工業株式会社の関連会社として1983年に設立された。親会社が手掛ける建設資材の販売にとどまらず、床や壁、天井などの責任施工まで請け負うのが同社の特長だ。強みを持つスポーツフロアシステムの責任施工では、東北地方の体育館床工事の8割という圧倒的シェアを誇る。公共工事投資が減少する中、事業拡大を図るべく同社は「床下空調システム」という新技術を導入。だが空調工事はこれまで全く実績がない分野。新分野への進出に向け、より効果的なプレゼンテーション方法の確立が求められていた。

経緯
先進技術の紹介にふさわしいツールとしてiPadを導入

床下空調システムとは、床下スペースを活用して、輻射熱によって建物全体を冷やしたり暖めたりする、新空調技術。もともと紙に印刷した資料を使ってプレゼンテーションを行っていたが、感覚的に分かりにくい床下空調の魅力を伝えるのは難しかった。同社は、CADの導入などを通して取引があった大塚商会に相談。提案されたのがiPadを中核にしたソリューションだった。低コストという魅力もあり、同社はその提案を即座に採用した。

ポイント
顧客の関心を引き、分かりやすい表現で効果的なプレゼンテーションを実現

iPadを使うことで、顧客にスマートなイメージを与えると共に、興味を喚起。アニメーションで技術の紹介を行うことで、室温変化を感覚的に伝えることができるようになり、プレゼンテーション効果が大幅に向上した。現在は、本店・各営業所に計5台のiPadを配付。『たよれーる デバイスマネジメントサービス』と『たよれーる どこでもキャビネット』を組み合わせて活用している。

30年の歴史の中で大きな信頼を得てきた同社。東日本大震災からの復興に向けて多くの依頼が舞い込む

導入効果と今後の展開
顧客対応力の向上やトラブルの迅速かつ的確な処理にも活用

iPadを中核としたソリューションが実現したのは、プレゼンテーション効果向上だけではなかった。その一例が、現場における顧客対応力の向上だ。仕様変更が求められた際には、必要な図面や資料を提示しながら確認することで、相手の意図がより把握しやすくなった。現場を写真に撮り、それを『たよれーる どこでもキャビネット』に登録することで、社内のベテラン社員のアドバイスが受けられるため、より的確な対応が可能に。さらにトラブル対応においても情報共有化により、迅速かつ的確な対応を実現した。
同社は今後、iPadをはじめとしたモバイルデバイスのさらなる活用の可能性を探っていく考えだ。

『どこでもキャビネット』の画面。各種データの説得力が増したという

お客様の声をご紹介

取締役社長 小竹 勇氏

「当社は取扱商品が多く、総合的なインデックスガイドのほかに、個別カタログが何冊もあります。ゆくゆくはそれらを電子化し、iPadによるプレゼンテーションに活用していきたいですね」

取締役 営業開発促進部長 中村 文明氏

「入社間もない社員でも、iPadで写真を撮り、『どこでもキャビネット』に登録すれば、ベテラン社員の判断を即座に得ることができます。iPadを活用したソリューションは、そういう面でも大きな可能性を秘めています」

大塚商会担当者からのコメント

「どんな案件でも私に声をかけていただければ迅速に対応します」

窓口を一本化しているので、どんな案件でも私に声をかけていただければ迅速に対応します。こうした“オールフロント体制”をご評価いただき、嬉しく思います。スマートデバイスの活用範囲をますます広げていただけるよう、今後も有効なご提案をしていきます。

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

印刷して、上司への説明に。 印刷して、稟議書に添付して。 印刷して会議資料に。

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

株式会社三洋工業東北システム 導入事例(PDF) [1,726KB]

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ


この導入事例で使われた製品・システム

2012年8月取材

(注)本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

この事例を見た方が、見ている事例

オフィスをITで強くするヒントを紹介「いまどきのIT活用」

ここまで本文です。

ページID:00087901